PR

NTTファイナンスBizカードを利用する経営者からの評判|特徴・審査基準・デメリットを徹底解説!

法人カード

NTTファイナンスBizカードは、年会費永久無料で還元率が1%の個人事業主・法人向けのカードです。

審査も甘く年会費などのコストがかからないため、費用を抑えたいスタートアップ(創業期)の経営者におすすめ

個人事業主用のNTTファイナンスBizカードに限っては法人カードとして珍しい「分割払い」にも対応しております。

また「サービスが終了した」などの噂もありますが、旧NTTビジネスカードがBizカードへリニューアルしただけなので、問題なく利用可能。

▼NTTファイナンスBizカード(レギュラーカード)の詳細

カード名 NTTファイナンスBizカード
for owners
NTTファイナンスBizカード
デザイン NTTファイナンスBizカード for owners(個人事業主用) NTTファイナンスBizカード(法人用)
対象 ※個人事業主 ※法人
評価 3.0
年会費 無料
ポイント
還元率
1.0%
限度額 40万円~80万円
追加カード 無料
ETCカード
年会費
550円(税込)/1枚
3Dセキュア
支払い方法 1回払い
2回払い
分割3回以上
リボ払い
ボーナス一括払い
1回払い
明細書
発行手数料
110円(税込)/1枚
※Web明細は無料
海外旅行
傷害保険
最高2,000万円
国内旅行
傷害保険
最高2,000万円
※旅行代金を該当カードで支払った場合
空港ラウンジ 利用不可
支払い方法 口座振替
決済口座 本人の個人名義口座
(屋号付き含む)
法人名義口座
支払日 月末締め
翌月25日払い
※金融機関が休日の場合は翌営業日

ゴールドカードとの比較はこちらから。
※満20歳以上の方が対象。法人に限り連帯保証人が必要。

  • 年会費が永久無料
  • 追加カードも年会費無料で使える
  • freeeとの連携で経理管理が楽になる
  • ETCカードの利用1枚につき年会費550円が発生する
  • 法人利用の場合「登記簿謄本」の提出が必要
  • 国際ブランドはVISAのみ

実際に宇NTTファイナンスBizカードを利用する経営者からの評判やカードを利用するデメリットなどについて詳しく解説していきます。

\年会費永久無料!還元率1.0%/
NTTファイナンスBizカード
公式サイトに行く

NTTファイナンスBizカードを利用する経営者からの評判・口コミ

「年会費無料で還元率1%なので個人事業主や自営業におすすめ」

個人事業主や自営業者におすすめの法人カードとの口コミです。

NTTファイナンスBizカードの還元率は1.0%と他の法人カードと比較してもポイント還元率が高いのが特徴。

▼他のおすすめ法人カード(一般)と比較

法人カード 還元率 詳細
JCB CARD Biz 0.5%~3.75% 詳しく見る
マネーフォワードビジネスデビット 1.0%~3.0% 詳しく見る
UPSIDER 1.0%~1.5% 詳しく見る
NTTファイナンスBizカード 1.0%
GMOあおぞらネット銀行
ビジネスデビット
0.5%~1.0% 詳しく見る
ライフカード ビジネスライトプラス 0.5% 詳しく見る
FASIOビジネスカード 0.3% 詳しく見る

NTTファイナンスBizカードも還元率は高いですが、Amazon.com.jpやガソリンスタンドの利用が多い方は「JCB CARD Biz」がおすすめ。

「スタートアップで費用抑えたいならベスト」

NTTファイナンスBizカードの年会費は永久無料です。

  • 個人事業主・法人問わず利用できる点
  • 審査が他の法人カードよりも甘め

などを考慮すると、起業したばかりの経営者におすすめの法人カード。

「最初は良いが規模が大きくなるにつれて使いにくいカード」

還元率の良さなどはありますが、NTTファイナンスBizカードの利用限度額は「最大80万円」です。

毎月の支払いが多い経営者にとっては不向きの法人カード。

限度額を上げるためには40万→60万→80万のように数ヶ月実績をつくって小刻みにしかあげれない為、規模が大きくなるほど使いにくいとも言われています。

とは言え、民泊を法人化した際などには備品購入やBooking. comの手数料支払い等でポイントが貯まるのでおすすめ。

\年会費永久無料!還元率1.0%/
NTTファイナンスBizカード
公式サイトに行く

NTTファイナンスBizカードの特徴

NTTファイナンスBizカードの特徴

NTTファイナンスBizカードは年会費永久無料で作成できる法人カードです。

  • 審査が甘い
  • ポイントサービス
  • 海外、国内旅行傷害保険
  • 独自機能「Web明細編集機能」
  • レギュラーカード(一般)とゴールドとの比較

NTTファイナンスBizカードについてさらに詳しく解説していきます。

審査が甘い

NTTファイナンスBizカードの審査難易度は、他の法人カードと比較して審査が甘い傾向にあります。

というのも、NTTファイナンスBizカードは流通系のクレジットカードに該当します。

▼クレジットカードのジャンル別の審査難易度

カードのジャンル 審査難易度
外資系 厳しい
銀行系 やや厳しい
信販系 甘い
流通系 甘い
消費者金融系 甘い

また「一般カード」、「年会費無料」、「流通系カード」これらの条件が全て該当するので、NTTファイナンスBizカードの審査基準は緩めと考察できます。

ポイントサービス

NTTファイナンスBizカードのポイント制度

NTTファイナンスBizカードの還元率は1.0%です。

法人カードの中でも1.0%という数字は比較的高い還元率を誇ります。

貯めたポイントはキャッシュバックやギフトカードなどと交換することが可能。

▼NTTファイナンスBizカードのポイント詳細

ポイント還元率 1.0%
ショッピング利用 1,000円につき10ポイント
NTT東日本
NTT西日本
NTTドコモ
NTTコミュニケーションズ
NTTファイナンスおまとめ請求
利用額
200円につき2ポイント
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
ポイント加算月 お買い上げの翌月
ポイント・景品交換期間 7月1日~翌年6月30日
(当日消印有効)

ポイントには2年間の有効期限がありますが、還元率は1%なので使えば使うだけ経費削減にも繋がります。

ポイントの主な交換先は

  • キャッシュバック(カード請求金額に充当)
  • VJAギフトカード(1,000円券×10)
  • Amazonギフトカード(5,000円×2)
  • nanacoギフト(5,000円×2)
  • Edyギフト10,000円分

などがあります。

ポイントの交換対象について詳しくはこちらのNTTファイナンスBizカード公式サイトからご確認ください。

海外、国内旅行傷害保険

NTTファイナンスBizカードの「海外旅行傷害保険」、「国内旅行傷害保険」の概要は以下の通りです。

保険の種類 レギュラーカード
(一般)
ゴールドカード
海外旅行傷害保険 傷害による死亡・後遺障害 2,000万円 1億円
傷害治療費用
(一事故限度額)
50万円 300万円
疾病治療費用
(一事故限度額)
50万円 300万円
賠償責任
(一事故限度額)
2,000万円 5,000万円
救援者費用
(年間限度額)
200万円 400万円
携行品の損害
(1事故免責3,000円)
なし 1旅行50万円
(年間100万程度)
国内旅行傷害保険 傷害による死亡・後遺障害 2,000万円 5,000万円
傷害による入院
(日額)
なし 5,000円
傷害による通院
(日額)
なし 2,000円
ショッピング補償 年間限度額 100万円 300万円
自己負担額 1回の事故につき
1万円
1回の事故につき
3,000円
倍増TOWN安心サービス 30万円 50万円
ネット予約キャンセル 5万円
内通院1.5万円(年間)
10万円
内通院3万円(年間)

年会費無料の一般カードであっても、付帯保険が充実しているので安心です。

出張が多い経営者におすすめ!

Web明細編集機能

WEB明細編集サービス

NTTファイナンスBizカードでは独自サービス「Web明細編集機能」が利用できます。

  • 利用内容ごとの明細作成
  • 費用科目の編集&メモ機能
  • 編集後PDFやCSVでダウンロード可

普段の買い物と経費計上する支払いを同じカードで支払う際の管理が楽になります。

クラウド会計ソフトを利用しなくても経理管理の簡略化ができるのでおすすめ。

Web明細編集機能 NTTファイナンスBizカード 他社の法人カード
Web明細の確認
利用区分編集
費用科目編集
メモ編集機能
編集後のダウンロード

クラウド会計ソフトを利用する前に是非、使ってみていただきたい機能の1つです。

3Dセキュア2.0に対応

NTTファイナンスBizカードは「オンラインショッピング認証サービス(3Dセキュア2.0)」に対応しております。

クレジットカード情報の入力に加え、画面へのパーソナルメッセージ(PAM)の表示とワンタイムパスワードを入力することで本人確認を行います。

そのため第三者による不正利用の防止対策に繋がります。

3Dセキュア対応のクレジットカードを利用する流れ

  1. 本人認証サービス対応加盟店でお買い物
  2. 画面に表示されるパーソナルメッセージの確認
  3. 登録メールアドレスに送信された「ワンタムパスワード」を認証画面で入力

入力したパスワードで本人認証が行われ決済が完了します。

「レギュラーカード(一般)」と「ゴールドカード」の比較

NTTファイナンスBizカードには、「レギューラーカード(一般)」と「ゴールドカード」の2種類あります。

利用状況や用途に合わせてお選びいただけます。

レギュラーカードとゴールドカードの比較は以下の通り。

▼個人事業主の場合

カード名 NTTファイナンスBizカード
for owners
NTTファイナンスBizカードゴールド for owners
デザイン NTTファイナンスBizカード for owners(個人事業主用) NTTファイナンスBizカードゴールド for owner
対象 個人事業主
※満20歳以上の方が対象
年会費 無料 11,000円
ポイント
還元率
1.0%
限度額 40万円~80万円
追加カード 無料 年間2,200円/1枚
ETCカード
年会費
550円(税込)/1枚 無料
支払い方法 1回払い
2回払い
分割3回以上
リボ払い
ボーナス一括払い
明細書
発行手数料
110円(税込)/1枚
※Web明細は無料
無料
海外旅行
傷害保険
最高2,000万円 最高1億円
国内旅行
傷害保険
最高2,000万円
※旅行代金を該当カードで支払った場合
最高5,000万円
※旅行代金を該当カードで支払った場合
空港ラウンジ 利用不可 国内主要空港
ハワイホノルルラウンジ
※回数制限なし
支払い方法 口座振替
決済口座 本人の個人名義口座
(屋号付き含む)
支払日 月末締め
翌月25日払い
※金融機関が休日の場合は翌営業日

 

▼法人の場合

カード名 NTTファイナンスBizカード NTTファイナンスBizカードゴール
デザイン NTTファイナンスBizカード(法人用) NTTファイナンスかBizカードゴールド
対象 法人のみ
※満20歳以上の方が対象
※連帯保証人が必要
年会費 無料 11,000円
ポイント
還元率
1.0%
限度額 40万円~80万円
追加カード 無料 年間2,200円/1枚
ETCカード
年会費
550円(税込)/1枚 無料
支払い方法 1回払い
明細書
発行手数料
110円(税込)/1枚
※Web明細は無料
無料
海外旅行
傷害保険
最高2,000万円 最高1億円
国内旅行
傷害保険
最高2,000万円
※旅行代金を該当カードで支払った場合
最高5,000万円
※旅行代金を該当カードで支払った場合
空港ラウンジ 利用不可 国内主要空港
ハワイホノルルラウンジ
支払い方法 口座振替
決済口座 法人名義口座
支払日 月末締め
翌月25日払い
※金融機関が休日の場合は翌営業日

個人事業主・法人問わずゴールドカードの場合「空港ラウンジの利用」が可能となります。
※追加カードでも利用できる

1年間に利用できる回数制限等もありません。

また旅行傷害保険適用額なども、ゴールドカードのほうが一般カードよりも高いのが特徴です。

出張が多い経営者の方は断然「NTTファイナンスBizカードゴールド」がおすすめ。

\年会費永久無料!還元率1.0%/
NTTファイナンスBizカード
公式サイトに行く

NTTファイナンスBizカードのデメリット

NTTファイナンスBizカードのデメリットは以下の通りです。

  • ETCカードの利用1枚につき年会費550円が発生する
  • 法人利用の場合「登記簿謄本」が必要
  • 国際ブランドはVISAのみ

それぞれデメリットについて詳しく解説していきます。

ETCカードの利用1枚につき年会費550円が発生する

NTTファイナンスBizカードには、ETCカードの発行が可能ではありますがレギュラー(一般)カードの場合年会費550円が発生します。

カードタイプ レギュラー
(一般)カード
ゴールドカード
ETCカード
年会費
550円(税込)/1枚 無料

従業員に渡すETCカードが多くなる場合、ゴールドカードの作成をおすすめします。

法人利用の場合「登記簿謄本」の提出が必要

NTTファイナンスBizカードを法人利用する場合に限り「登記簿謄本(登記事項証明書)」の提出が必要です。

申請時に必要な書類は以下の通りです。

事業形態 個人事業主の場合 法人の場合
必要書類 本人確認書類2点 登記事項証明書
本人確認書類2点

登記事項説明書類は「発行日より6ヶ月以内のもの(コピー可)」をご用意ください。

また登記事項証明書の住所と申込書に記入する本所所在が異なる場合は「保管書類」1点が追加で必要となります。

▼利用できる本人確認書類(コピー可)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • 健康証明書
  • マイナンバーカード

上記の中から2点用意しましょう。

▼利用できる補完書類(コピー可)

  • 公共料金の領収証書
  • 社会保険料の領収証書
  • 国税点、地方税の領収証書または納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 住民票

注意点として、登記事項証明書の住所と申込書に記入する住所が異なる場合の補完書類は、申込の法人名と同一名義に限ります。

また代表者の自宅住所を確認する場合の補完書類は代表者本人名義のみが利用できるので注意が必要です。

国際ブランドはVISAのみ

NTTファイナンスBizカードの国際ブランドは「VISA」のみです。

マスターカードの優待を受けたい方にはおすすめできません。

とはいえVISAのビジネスオファーも充実しており

  • Google Workspaceの優待価格利用
  • Zoom One プロの年間プラン10%オフ
  • Zoom Phone3ヶ月無料
  • マネーフォワードクラウド会計・確定申告

などの優待を受けることは可能です。

NTTファイナンスBizカードのメリット

NTTファイナンスBizカードを利用するメリットは以下の通りです。

  • 年会費無料でカードの恩恵が受けられる
  • 追加カードが無料なのは正直珍しい
  • 会計ソフトfreeeとの連携で経理の簡略化に繋がる

それぞれメリットについて詳しく解説していきます。

年会費無料でカードの恩恵が受けられる

NTTファイナンスBizカードの各種サービス一覧

NTTファイナンスBizカードは年会費無料でカードのさまざまな恩恵を受けられます。

  • ポイントサービス(還元率1%)
  • ポイントモール
  • VISAビジネスオファー
  • 出光キャッシュバック(2円~40円/リットル割引)
  • JR東海エクスプレス予約サービス
  • 旅行傷害保険
  • ショッピング補償保険
  • カード盗難保険
  • 追加カード
  • 通信料金、公共料金の支払い

など利用する価値が大いにあるのでおすすめです。

NTTファイナンスBizの各種サービスについて詳しくはこちらの公式サイト(各種サービス一覧)からご確認ください。

追加カード年会費無料は正直レア!コストを最大限に抑えられる

NTTファイナンスBizでは年会費無料で追加カード(従業員カード)が発行できます。

追加カードの無料発行は法人カードの中でも珍しいサービスです。

カード名 追加カード
発行可能枚数
年会費
UPSIDER 無制限 無料
マネーフォワードビジネスカード 無制限 バーチャルカード無料
※リアルカードは2枚目以降900円/1枚
NTTファイナンスBizカード 個人事業主:5枚まで
法人:10枚まで
無料
ライフカードビジネスプラス 3枚まで 無料
FASIOビジネスカード 3枚まで 無料
JCB CARD Biz(一般) なし

注意点として、追加カードの発行は無料ではありますが発行可能枚数に制限があるので注意しましょう。

会計ソフトfreeeとの連携で経理の簡略化に繋がる

NTTファイナンスBizカードはクラウド会計ソフトfreeeと連携することが可能です。

連携させることで、会計処理を自動化させ経理管理を簡略化させることができます。

またNTTファイナンスBizカードとfreeeを連携させた場合、最長18ヶ月感の明細が取得可能。

明細取得可能期間外の明細は取得できないので注意しましょう。

まとめ

NTTファインナンスBizカードは年会費無料で還元率1.0%のスタートアップ(創業期)向けの法人カードです。

個人事業主・法人問わず作成できるので、起業したばかりで初めての法人カード作成におすすめ。

利用するメリットは以下の通りです。

  • 年会費が永久無料(一般カードの場合)
  • ポイント還元率1.0%
  • ETCカードあり
  • 追加カード無料
  • 分割払い、リボ払いに対応(一般カードのみ)

メリットや他の法人カードと比較した評価は「3.0

審査も決して厳しくなく作成しやすい法人カードですので、起業して間もない経営者の方は検討してみてはいかがでしょうか。

\年会費永久無料!還元率1.0%/
NTTファイナンスBizカード
公式サイトに行く

個人事業主OKのビジネスローン!
デイリーキャッシングは保証人・担保不要
詳しくはコチラ!
【デイリーキャッシング】
・個人事業主OK! 担保不要!
・最長30年の返済期間
詳しくはコチラ!
タイトルとURLをコピーしました