PR

GMOあおぞらネット銀行法人口座の評判|審査落ちの基準が甘い噂の真相を徹底解説!

GMOあおぞらネット銀行法人口座 評判 法人口座開設

GMOあおぞらネット銀行の法人口座は、メガバンクや他社ネットバンクと比較すると審査基準がゆるく審査が通りやすいのが特徴です。

口座維持費 無料 リアルタイム振込
振込手数料 同行宛て:無料
他行宛て:145円/1件
口座自動振替 国税・社会保険料などの自動支払可
※2024年4月1日~
対象 法人
個人事業主
定額自動振込
口座開設日数 最短即日 総合振込
  • 固定電話番号なしでも申請可
  • バーチャルオフィスでもOK
  • 最短即日口座開設
  • 審査不要で法人カードも作れる

など敷居が低いため起業直後の法人、個人事業主におすすめの法人口座です。

▼この記事でわかること

  • GMOあおぞらネット銀行法人口座の評判
  • GMOあおぞらネット銀行法人口座の特徴
  • GMOあおぞらネット銀行法人口座の審査について

それぞれ詳しく解説していきます。

初めての法人口座として利用してみてはいかがでしょうか。

\口座開設スピード平均1.5日/
GMOあおぞらネット銀行
公式サイトに行く

  1. GMOあおぞらネット銀行法人口座の評判・口コミ
    1. 「窓口行かなくても屋号付き口座が作れるのはGMOあおぞらネットぐらい」
    2. 「ログイン後に必ず表示される広告が邪魔」
  2. GMOあおぞらネット銀行法人口座の特徴
    1. 最短即日での口座開設が可能
    2. 24時間365日取引に対応
    3. 各種手数料が安い
    4. 【最大1,000万円/金利0.9%~】低金利の融資枠型ビジネスローンあり
    5. 年会費無料・審査不要で法人カードが発行可能
  3. GMOあおぞらネット銀行法人口座の審査について
    1. GMOあおぞらネット銀行口座は審査落ちしにくい?経験者の声
      1. 「事業内容が説明できる資料提出だけで口座開設できた」
      2. 「個人口座の審査は通ったけど法人は審査落ちした」
    2. GMOあおぞら銀行の審査落ちを防ぐためのコツ
  4. GMOあおぞらネット銀行法人口座の5つのメリット
    1. 設立1年未満の法人は毎月20回までの振り込み手数料が無料
    2. Pay-easy(ペイジー)で税金・社会保険料が支払える
    3. 登記住所がバーチャルオフィスであっても利用できる
    4. 日本政策金融公庫の融資返済口座に利用可能
    5. 【2024年4月1日~】国税・社会保険料などの支払いの自動振替が可能
  5. GMOあおぞらネット銀行法人口座のデメリット
    1. 連携するATMが少ない
    2. 海外送金ができない
  6. GMOあおぞらネット銀行法人口座開設キャンペーン情報
    1. 海外加盟店の利用で最大1.5%キャッシュバック
    2. 他行宛て振込手数料が口座開設月の翌々月まで20回無料
    3. はじめての外貨普通預金で最大3,000円プレゼント
    4. 【法人紹介プログラム】の紹介で3,000円プレゼント
  7. まとめ

GMOあおぞらネット銀行法人口座の評判・口コミ

「窓口行かなくても屋号付き口座が作れるのはGMOあおぞらネットぐらい」

 GMOあおぞらネット銀行で法人口座を作成する場合、窓口へ行く必要なく屋号付き口座を作成することができます。

そのため個人事業主やフリーランスの方にもおすすめ!

「ログイン後に必ず表示される広告が邪魔」

 GMOあおぞらネット銀行法人口座は使いやすいが、ログイン後に表示される広告をなんとかして欲しいとの声がありました。

とはいえ実際に利用していますが、「次回から表示しない」にチェックを入れておけばそこまで気になることでもありません。

最新の便利な機能について表示されることもありますので、たまに確認してみると良いでしょう。

また、GMOあおぞらネット銀行法人口座が「危険でやばい」と言われている噂の真相についてはこちらからご確認ください。

\口座開設スピード平均1.5日/
GMOあおぞらネット銀行
公式サイトに行く

GMOあおぞらネット銀行法人口座の特徴

あおぞらネット銀行特徴

口座維持費 無料 リアルタイム振込
振込手数料 他社宛て:無料
他行宛て:145円/1件
口座自動振替 国税・社会保険料などの自動支払可
※2024年4月1日~
対象 法人
個人事業主
定額自動振込
口座開設日数 最短即日 総合振込

GMOあおぞらネット銀行法人口座の特徴は以下の通りです。

  • 最短即日での口座開設が可能
  • 24時間365日取引に対応
  • 最大1,000万円(金利0.9%~)の融資が受けられる
  • 年会費無料、審査不要で法人カードが発行可能

GMOあおぞらネット銀行法人口座の特徴について詳しく解説していきます。

最短即日での口座開設が可能

GMOあおぞらネット銀行法人口座開設は最短即日で完了します。

法人口座開設までの流れ
  • STEP1
    お申込ファーム入力
    法人口座開設お申し込みフォームより必要事項を入力。 入力したメールアドレス宛に法人口座開設ナビへのリンクが送信されます。
  • STEP2
    法人開設ナビ
    ・事業内容申告
    ・セルフィー動画での本人確認
    ・必要書類をアップロード
  • STEP3
    口座開設完了
    審査完了後、法人口座開設ナビのトップ画面から初回ログイン情報を確認。
    ログインし、初期設定完了後に法人口座サービスの利用が開始される。

上記の過程は3つの条件をクリアしている場合、最短即日で口座開設が完了します。

▼即日口座開設の条件

スマートフォンを持っている 顔をセルフィー動画で撮影。
本人確認書類を撮影。
取引責任者と代表者が同一 取引責任者の本人確認をセルフィー動画で提出。
取引責任者が本人確認書類のいずれか1点を持っている ▼本人確認書類
運転免許証
マイナンバーカード
在留カード

審査状況によって時間がかかる場合もありますが、GMOあおぞらネット銀行法人口座は即日開設ができます。

他の銀行法人口座の場合、早くても最短3営業日必要なこともあるのでかなり早いのが特徴。

24時間365日取引に対応

GMOあおぞらネット銀行法人口座のネットバンキングは24時間365日対応しております。

スマホやPCからいつでも残高照会や振込手続きが行なえます。

注意点としてシステムメンテナンス時はご利用できないので注意が必要です。

各種手数料が安い

GMOあおぞらネット銀行法人口座の、口座維持費用は無料です。

振込手数料は

  • 他社宛て:無料
  • 他行宛て:145円/1件

なので業界最安値で取引が行なえます。

また「振込料金とくとく会員」に加入すれば、振込件数が多い場合の手数料を最小限に抑えることも可能です。

▼振込料金とくとく会員

月額料金 申込月:無料
通常月額:500円
振込手数料 129円/1件

毎月3万円以上を30件他の金融機関宛てに振込をした際の比較は以下の通りです。

GMOあおぞらネット銀行法人口座の振込手数料他社比較画像引用元:GMOあおぞらネット銀行HPより「5つの特長」

長いスパンで考えれば経費削減にも繋がるのでおすすめ!

【最大1,000万円/金利0.9%~】低金利の融資枠型ビジネスローンあり

GMOあおぞらネット銀行口座を持っている経営者の方は「あんしんワイド」と呼ばれる融資を超低金利で受けることが可能です。

  • 無担保
  • 保証人
  • 決算書
  • 事業計画書

全て不要でお申し込みいただけます。

また審査から借入までの時間も短く、最短2日で融資が受けられます。

ただし、あおぞらネット銀行の法人口座があることが条件になっています。

GMOあおぞらネット銀行の「あんしんワイド」について詳しくはこちらから。

年会費無料・審査不要で法人カードが発行可能

GMOあおぞらネット銀行法人口座をお持ちの方は、審査不要で「ビジネスデビットカード」が発行できます。

審査不要のGMO発ビジネスカード!

ブランド VISA
Mastercard
対象 個人事業主
法人代表者
年会費 無料
限度額 VISA:~500万/枚
Mastercard:~1,000万円/枚
ポイント還元 ~1.0%
追加カード デビット付きキャッシュカード:最大20枚/1,100円
サブカード:最大9,980枚
ETCカード なし
空港ラウンジ 利用不可

審査が無いので起業したばかりの個人事業主、法人会社ともに初めての法人カードにおすすめ

GMOあおぞらネット銀行の審査不要で取得できる法人カードについて詳しくはこちら!

\口座開設スピード平均1.5日/
GMOあおぞらネット銀行
公式サイトに行く

GMOあおぞらネット銀行法人口座の審査について

GMOあおぞらネット銀行法人口座の審査基準は甘いという噂があります。

しかし、GMOに限らず全ての法人口座の審査基準は明確には明かされておりません。

そこで実際に申込した経営者の方の経験談をもとに調査しました。

GMOあおぞら銀行の審査落ちを防ぐためのコツについても詳しく解説していきます。

GMOあおぞらネット銀行口座は審査落ちしにくい?経験者の声

GMOあおぞらネット銀行口座の審査落ちについてSNSで調査しました。

申請者の状況によって異なるので何とも言えない部分もありますが、他の法人口座開設に比べて審査難易度はゆるいと考察できます。

▼審査が通りやすい理由

  • 起業直後でも申請できる
  • 必要書類が少ない
  • 業績は関係ない
  • 固定電話不要
  • バーチャルオフィスでもOK

審査が厳しい法人口座と比較すると、敷居が低い印象があります。

では実際に審査を通過した人、審査落ちした人の両方の経験談を見ていきましょう。

「事業内容が説明できる資料提出だけで口座開設できた」

会社のHP作成前でもGMOあおぞらネット銀行口座の審査が通ったとの経験談がありました。

上記の投稿主は申請時に、「事業の内容を説明する資料」を提出するだけで審査を通過しました。

起業直後であっても、どのような事業なのか明確に伝えられれば審査が通ることがわかりました。

実際にGMOあおぞらネット銀行法人口座の申請時に必要な書類の種類は少ないのが特徴です。

▼GMOあおぞらネット銀行口座開設時の必要書類

  • 法人番号の確認書類
  • 取引責任者の本人確認書類
  • 事業内容説明書類

上記の必要書類のみで審査が可能です。

事業説明資料提出時の注意点として、「履歴事項全部証明書 ( 登記簿謄本 )」、「法人設立届書」、「公共料金請求書」などの事業の売上に直接関係しない書類は受付できません

「個人口座の審査は通ったけど法人は審査落ちした」

個人口座の作成はできたが、法人口座開設の審査に落ちたという経験談です。

GMOあおぞらネット銀行の審査基準により審査に落ちてしまったようです。

審査落ちする理由として

  • 住所が不一致
  • 事業内容が不明瞭
  • 資本金が少額
  • 法人の実態が不明瞭
  • 代表者の属性(経歴や実績)

などが上げられます。

とはいえGMOあおぞらネット銀行口座は、審査落ちしてしまった場合であっても再審査が可能です。

記入漏れなどを確認の上、もう一度申込してみると良いでしょう。

審査落ちしても再申請できるので、とりあえず申込みしてみるのをおすすめします。

\口座開設スピード平均1.5日/
GMOあおぞらネット銀行
公式サイトに行く

GMOあおぞら銀行の審査落ちを防ぐためのコツ

初回申請での審査落ちを防ぐためのコツとして

  • 書類の不備を無くす
  • 事業内容説明に力を入れる
  • 固定電話を用意する

などをすると良いでしょう。

GMOあおぞらネット銀行法人口座では、固定電話がなくても申請は可能です。

しかし信用できない事業とGMOあおぞらネット銀行側に判断されてしまえばそれまでです。

固定電話番号を月額980円でスマホから利用できるサービス「03PLUS」などを使うことで対処できます。

固定電話がなくて不安な方は、使ってみると審査が通りやすくなるのでおすすめ。

\初月無料キャンペーン中/
格安固定電話番号「03PLUS」
公式サイトに行く

GMOあおぞらネット銀行法人口座の5つのメリット

GMOあおぞらネット銀行の法人口座を利用するメリットは5つあります。

  • 設立1年未満の法人は毎月20回までの振込手数料が無料
  • Pay-easy(ペイジー)で税金・社会保険料が支払える
  • 登記住所がバーチャルオフィスであっても利用できる
  • 日本政策金融公庫の融資返済口座に利用可能
  • 【2024年4月1日~】国税・社会保険料などの支払いの自動振替が可能

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

設立1年未満の法人は毎月20回までの振り込み手数料が無料

GMOあおぞらネット銀行法人口座を利用する、設立1年未満の法人は毎月20回までの振込手数料が無料です。

振込概要 振込手数料
他社宛て 無料
他行宛て 145円/1件
振込料金とくとく会員 月額利用料500円
他行宛て:129円/1件

また同一銀行宛であれば、振込手数料は一切発生しません。

手数料を抑えたい方におすすめ!

 

Pay-easy(ペイジー)で税金・社会保険料が支払える

GMOあおぞらネット銀行法人口座では「Pay-sasy(ペイジー)」の利用が可能です。

Pay-easyを利用することで窓口に並ぶ必要なしで

  • 国庫金
  • 社会保険料
  • 地方税

などがインターネットバンキングからお支払いいただけます。

税金や社会保険料の支払いに関しては手数料も発生しません。

登記住所がバーチャルオフィスであっても利用できる

バーチャルオフィスは登記不可と明記している銀行が多々ある中、GMOあおぞらネット銀行法人口座はレンタルオフィス、バーチャルオフィスであっても申込みが可能です。

銀行 バーチャルオフィスの可否
地方銀行
ほぼダメ
都市銀行
一部OK
信用金庫
ほぼダメ
ゆうちょ銀行
柔軟に対応
GMOあおぞらネット銀行
問題なし

バーチャルオフィスを利用している方、もしくはこれからバーチャルオフィスを使って登記しようと考えている方は、GMOあおぞらネット銀行の法人口座は対応してもらえる点を覚えておくと良いでしょう。

利用時の注意点などについてはこちらに詳しくまとめました。

日本政策金融公庫の融資返済口座に利用可能

GMOあおぞらネット銀行法人口座は、日本政策金融公庫の融資返済口座に対応しております。

また日本政策金融公庫に提出が必要な口座振替登録確認書は、必要事項が記入済みの状態でGMO側で印刷できます。

面倒な書類の準備不要で口座振替できるので何かと便利。

口座振替で返済できる日本政策金融公庫の融資一覧は以下の通りです。

  • 国民生活事業の事業資金融資、国の教育ローン
  • 中小企業事業の事業資金融資

【2024年4月1日~】国税・社会保険料などの支払いの自動振替が可能

GMOあおぞらネット銀行口座の口座自動振替(国税・社会保険)

GMOあおぞらネット銀行法人口座では、2024年4月1日から国税・社会保険などの自動払いが可能となります。

自動支払いができるもの 対象者 預金口座振替依頼書 オンライン申込
国税 法人
個人事業主
個人
社会保険料
国民年金保険料 個人

これまではPay-easyでの支払い方法に加え、新たに口座自動振替という選択肢が増えるので、全ての法人、個人事業主の方の利便性が向上します。

GMOあおぞらネット銀行法人口座のデメリット

GMOあおぞらネット銀行法人口座のデメリットは以下の2つです。

  • 連携するATMが少ない
  • 海外送金ができない

それぞれ詳しく解説します。

連携するATMが少ない

デメリットの1つとしてあげられるのは、ATMが少ない点です。

▼GMOあおぞらネット銀行と連携するATM一覧

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行

上記のATMのみ利用可能。

都心部であれば問題はありませんが、地方にお住まいの方や地方への出張時は不便に感じることも多いでしょう。

海外送金ができない

海外送金には対応しておりません。

個人口座では海外送金サービス「Pay Forex」を利用することで海外に送金できますが、法人口座は適用外。

海外との取引が多い経営者の方は、別の法人口座の開設が必須となります。

海外送金が多い方は「住信SBIネット銀行」の利用がおすすめ!

GMOあおぞらネット銀行法人口座開設キャンペーン情報

海外加盟店の利用で最大1.5%キャッシュバック

海外加盟店」の利用で最大1.5%キャッシュバック

キャンペーン名 Mastercardビジネスデビットカード「海外加盟店」利用1.5%キャッシュバック
キャンペーン期間 2023年10月1日(日)0:00~2024年12月31日(火)23:59(日本時間)
特典 「海外加盟店」ご利用分のキャッシュバック率が最大1.5%
対象者 Mastercardビジネスデビットカード
条件
  • エントリー不要
  • 海外加盟店でのご利用であること
キャッシュバック 期間中の外貨決済取引のご利用額に応じて、決済(売上)確定月の翌月21日(土日祝の場合はよく営業日)に、他のご利用分とあわせて、当社に開設いただいている円普通預金口座にキャッシュバック。

参照:GMOあおぞらネット銀行「Mastercardビジネスデビットカード「海外加盟店」利用1.5%キャッシュバック」

GMOあおぞらネット銀行が発行するビジネスデビットカードの詳細についてはこちらからご確認ください。

他行宛て振込手数料が口座開設月の翌々月まで20回無料

他行宛て振込手数料が口座開設月の翌々月まで20回無料

設立1年を経過していても、新規法人口座開設で、開設日の翌々月まで他行宛て振込手数料が月20回まで無料です。

対象

2023年6月1日以降、新たに法人口座を開設された事業者

※ 設立1年未満のお客さまは設立日から1年後の月末まで毎月「他行宛て振込手数料20回付与」)の対象。

20回無料付与期間
口座開設月2023年6月→特典付与期間2023年6月~8月 2023年7月→2023年7月~9月 2023年8月→2023年8月~10月
無料回数確認方法 毎月の他行宛て振込手数料の無料回数と使用状況は、インターネットバンキングのトップページや振込画面にて確認できます。
20回無料付与期間
2022年6月15日に口座開設済のお客さま 2023年3月設立の企業 3月法人設立 2023年6/15口座開設←特典付与期間→2024年3/31

参照:GMOあおぞらネット銀行「他行宛て振込手数料が、口座開設月の翌々月まで20回無料」

はじめての外貨普通預金で最大3,000円プレゼント

はじめての外貨普通預金で最大3,000円プレゼント

キャンペーン名 はじめての外貨普通預金で預入金額に応じて最大3,000円プレゼント
対象口座 あおぞらネット銀行の個人口座・個人事業主口座・法人口座を所有している人
※ 未成年のお客さまは対象外。
プログラム内容

外貨普通預金口座にはじめて預け入れされるお客さまを対象に、1回のお取引で10万円以上の預入をすると、累計預入金額に応じて現金をプレゼント。

対象期間の累計預入(購入)金額:プレゼント金額 10万円~20万円未満:500円 20万円~50万円未満:1,000円 50万円~100万円未満:2,000円 100万円以上:3,000円
対象期間 はじめて外貨普通預金口座に預入を開始した日からその月の月末まで
条件
預入開始11/3英ポンド2万円預入→11/7英ポンド10万円預入 途中売却はOK 少しでもおトクに始めたい方 11/12英ポンド8万円払戻 →11/12ユーロ8万円預入 運用にチャレンジしてみたい方→合計20万円 11/15豪ドル80万円預入→合計100万円 12月下旬プレゼント入金 累計預金金額12万円 500円をプレゼント 累計預金金額100万円 3,0000円をプレゼント
プレゼント時期 外貨普通預金口座に預け入れされた月の翌月下旬に、お客さまの円普通預金口座に入金されます。
外貨預金を始めるには Webサイトにログインし、「お客さま情報(申込・設定)」→「サービス利用状況」→「外貨預金口座」から、各通貨ごとにお申し込みする。

参照:GMOあおぞらネット銀行「他行宛て振込手数料が、口座開設月の翌々月まで20回無料」

【法人紹介プログラム】の紹介で3,000円プレゼント

法人紹介プログラム

紹介した知り合いがGMOあおぞらネット銀行の法人口座を開設すると、最大6万円を獲得できます。

紹介された知り合いも、他行宛ての振込が月20回無料になります。

※一人紹介につき3000円で、最大20人まで。

これから法人口座の作成を考えている方は今すぐ登録!

\口座開設スピード平均1.5日/
GMOあおぞらネット銀行
公式サイトに行く

まとめ

GMOあおぞらネット銀行法人口座まとめは以下の通りです。

  • 審査基準はゆるいが特別甘いわけでもない
  • 最短即日での口座開設が可能
  • ※社会保険料などの支払いの自動振替が可能
  • Pay-easyが利用できる
  • 年会費無料、審査不要で法人カードが発行可能

※2024年4月1日からサービス口座自動振替サービスがスタート

断言できることは「スタートアップ(創業期)の法人・個人事業主はメガバンクに申請するくらいならGMOあおぞらネット銀行にしとけ」です。

仮に審査落ちしてしまった場合であっても、書類や入力の不備を改善して再申請できるので、まずは申込してみるのをおすすめします。

条件を満たせていれば最短即日で法人口座が開設できるのはGMOあおぞらネット銀行法人口座だけ。

\口座開設スピード平均1.5日/
GMOあおぞらネット銀行
公式サイトに行く

個人事業主OKのビジネスローン!
デイリーキャッシングは保証人・担保不要
詳しくはコチラ!
【デイリーキャッシング】
・個人事業主OK! 担保不要!
・最長30年の返済期間
詳しくはコチラ!
タイトルとURLをコピーしました