PR

住所レンタルとは?サービス内容・利用上の注意点も解説

住所レンタルのアイキャッチ 起業

住所レンタルは、個人や事業者が実際の居住場所や事務所の住所を公開せず、代わりの住所を利用するサービスです。
このサービスは、プライバシーやセキュリティを重視する個人や、事業者が事務所や店舗の住所をオンラインで公開する際に利用されておいます。

住所のみなので、格安で利用できるだけでなく、郵送サービスなども充実しています。

この記事では住所レンタルの種類や利用するメリットなどを詳しく解説します。

住所レンタルとは?主な3つのサービスを紹介

この章では住所レンタルの主なサービスを3つ紹介します。

  • 私書箱
  • トランクルーム
  • バーチャルオフィス

ひとつづつ詳しく解説します。

私書箱

私書箱は、個人や法人が郵便物を受け取るためのサービスです。
一般的に、住所を公開したくない個人や事業者にとって便利です。
利用者は特定の住所を登録し、郵便局やプライベートな郵便事業者が提供する専用のボックスに郵便物が受け取られます。
このサービスは、プライバシーやセキュリティを重視する個人や、ビジネスを展開するために実際の住所を公開したくない事業者に好まれます。

トランクルーム

トランクルームは、物品の保管や保管スペースを提供するサービスです。
このサービスは、個人や事業者が自宅や事務所のスペースを節約するために利用します。

例えば、季節品や貴重品、大型の家具などを保管するための安全な場所として活用されます。
利用者は必要なスペースをレンタルし、自分の所有物を保管することができます。セキュリティや保管環境を重視するユーザーや、臨時的にスペースが必要なビジネスに適しています。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスは、実際のオフィススペースを借りずに事業を展開するためのサービスです。
これは、仮想的な事業所や拠点を持ちたいが、実際のオフィススペースを維持する余裕がない個人や会社に最適です。

バーチャルオフィスは、郵便物の受け取り、電話応対、会議室の利用、ビジネスアドレスの提供など、実際のオフィスで行われる一部の業務やサービスを提供します。
特に、リモートワーカーやモバイルビジネスを行う個人事業主にとって重宝されています。

住所レンタルサービスのメリット4選

住所レンタル(ここでは特にバーチャルオフィス)は事業者が使うべき理由があります。
この章では厳選して4つの理由を紹介します。

法人登記ができる

住所レンタルサービスは法人登記に利用できます。
事業者は事務所の住所として、住所レンタルサービスを活用できます。
これにより、ビジネス用の住所を確保し、法的な書類や契約などに使用できます。
特に、自宅を事業の住所として利用したくない場合や、仮想的な事業所を持ちたい場合に便利です。

自宅オフィスよりも信用が上がる

自宅の住所をビジネスの住所として使うよりも、住所レンタルサービスを利用することで、ビジネスの信頼性が高まります。
信用度の向上は、銀行やクライアントなどとの取引において好印象を与え、ビジネスの発展に寄与します。
また、ビジネスイメージの向上にも繋がります。

初期費用が抑えられる

一般的には事業開始時に、事務所や店舗の賃貸契約や管理費用、電気や水道などの公共料金を支払うことが必要です。
しかし、住所レンタルサービスを利用することで、これらの初期費用を削減することができます。
また、物理的なオフィススペースを借りる必要がないため、費用対効果が高まります。

様々なサービスが利用できる

住所レンタルサービスはオプションを利用すれば以下のようなことにも対応してくれます。

  • 郵便物の受け取りや転送サービス
  • 電話応対
  • 会議室の利用

これらのサービスは、実際に作業する場所がオフィス以外の個人や企業にとって、非常に便利。
住む場所によっては必須のサービスです。

住所レンタルを利用する上での注意点

この章では住所レンタルを利用する上での注意点を紹介します。

検討している人は要チェックです。

利用できない業種もある

一部の業種は、住所レンタルサービスの利用が制限されています。
特に、医療関連や金融業、一部の製造業など、特別な許認可や業界団体の基準により制限されることがあります。
そのため、これらの業種を展開する企業や個人は、住所レンタルの利用が難しい場合があります。

法人口座が作れない場合も

一部の銀行は、住所レンタルを事業所の住所として認めず、そのため法人口座の開設を拒否することがあります。
銀行のポリシーや審査基準によっては、ビジネスの住所として住所レンタルサービスを認めない場合もあります。
このため、法人口座を開設する際には、事前に銀行の審査基準を確認する必要があります。

融資審査が厳しくなりがち

住所レンタルを事業所の住所として利用する場合、銀行などの金融機関が融資を行う際に審査が厳しくなることがあります。
銀行は、事業所の所在地やビジネスの実態を確認するため、オフィスや店舗がない場合に信頼性が低いと判断することがあります。
そのため、融資の取得や金融取引に際しては、住所レンタルサービスの利用が影響を及ぼす可能性があります。

【全国OK】おすすめの住所レンタルサービス

この章では法人登記もできるおすすめの住所レンタルサービス(バーチャルオフィス)を3選紹介します。

GMOオフィスサポート

gmoオフィスサポート

 

GMOオフィスサポートは全国に15か所バーチャルオフィスがあります。しかも一等地に。
また、法人登記、郵便物の配送にも対応している点がありがたいポイントです。

気になる料金も660円から(最大でも2750円/月)利用できてコストカットにも最適なサービスです。

個人的にはGMOあおぞらネット銀行など、GMO関連のサービスを利用している人は、連携をとりやすいので特におすすめです。

\業界最安!月額660円~/
GMOオフィスサポート
公式サイトに行く

レゾナンス

レゾナンス

 

他社からの乗り換えの場合、0円で入会できます。

レゾナンス交流会も実施されており、ビジネスチャンスや人脈を広げていきたい事業者には最適のバーチャルオフィスです。

\格安バーチャルオフィス/
レゾナンス
公式サイトに行く

NAWABARI

nawabari

 

NAWABARIは月額1100円から借りられるバーチャルオフィスです。
屋号も最大10個まで追加できるので、事業を広げけていきたい人には最適。

また、他のバーチャルオフィスと同様に、郵便物の受け取り・転送サービスもあります。
通常5500円の初期費用が無料になるキャンペーンも頻繁に開催しています。

\月1,100円で起業/
NAWABARI
公式サイトに行く

まとめ

この記事では住所レンタルについて詳しく解説しました。

住所レンタルには以下の3種類があります。

  • 私書箱
  • トランクルーム
  • バーチャルオフィス

それぞれに特徴がありますが、法人登記してオフィスとして利用できるのはバーチャルオフィスです。

月額利用も660円からと格安なので大幅なコストカットを実現できます。

本記事ではおすすめのバーチャルオフィスを3選紹介しましたが、その中でもっともおすすめなのは「GMOオフィスサポート」です。

GMOオフィスサポートは格安で一等地のオフィスをレンタルできるだけでなく、郵送サービスなどのオプションも充実しています。

レンタルオフィスを検討している人はGMOオフィスサポートをチェックしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました