PR

法人口座開設が断られる理由5選|審査落ちの対処法&審査がゆるい銀行

法人口座が断られる理由 法人口座開設

「法人口座開設断られた時はどうしたらいいの?」

創業から間もない人は法人口座の作成を断られる人がいます。

口座開設を断られる人の多くは、必要な書類や準備ができていないことが要因として考えられます。

この記事では、初めての法人口座に必要な準備や審査に取りやすい銀行を紹介します。

法人口座の開設が断られる5つの理由

法人口座の開設が断られる理由は主に以下の5つが考えられます

  • 登記書類と住所が不一致
  • 事業内容が不明瞭
  • 資本金が不足している
  • 代表者に信用性がない
  • 業務の許認可が済んでいない

1つづつ詳しく解説します。

登記書類と住所が不一致

法人口座を開設する際、最も重要な要素の一つは正確な情報提供です。
登記書類や事業所の住所が不整合だと、口座開設が拒否される可能性が高まります。

事業所移転や登記情報の更新があった場合は速やかに銀行に通知することが重要です。

事業内容が不明瞭

銀行は法人口座を開設する企業の事業が合法かつ信頼できるものであるかを重要視します。

事業内容が不透明であったり、はっきりとした事業計画がない場合、口座開設は断られます。

明確な事業の目的と収益性が分かる事業計画を提示し、事業の運営方法や将来の見通しを明確に説明することが大切です。

資本金が不足している

法人口座を開設する際には、一定の資本金が必要とされます。
銀行は口座開設を検討する際に、法人が最低限の資本金(10~50万円)があることを求めます。

資本金の不足は、将来的な経営の安定性や支払能力に関する懸念を引き起こす可能性があります。
そのため、銀行が求める最低限の資本金を満たすことが重要です。

代表者に信用性がない

法人口座を開設するにあたり、代表者や役員の信用性も重要な要素です。
代表者が信用情報に問題があったり、過去に金融取引においてトラブルがあった場合、銀行は口座開設を拒否する可能性があります。

また、代表者や役員が不審な活動に関与していると銀行はリスクを回避するために口座開設を遅らせるか拒否することがあります。
信用情報を損なわないよう、代表者や役員は金融取引や借入を行う際の信用を重視する必要があります。

業務の許認可が済んでいない

特定の業務を行うためには許認可が必要な場合があります。

業務の許認可とは?
業務の許認可は、特定の業種や活動を行うために必要な公的な承認や許可のことを指します。様々な業種や活動には、その性質や法的な規制に応じて許認可が必要とされます。これらの許認可は、政府や地方自治体、業界団体などから発行され、それぞれの業務を行うための条件や規制を定めています。

銀行は、法人が適切な許認可を受けているかどうかを確認します。

許認可がない状態で業務を行おうとすると、法的なリスクが高まります。
銀行はリスクを回避するため、許認可が済んでいない場合には口座開設を見送ることがあります。

法人が事業を適法に行うためには、適切な許認可を取得することが欠かせません。

法人口座がつくれないとどうなる?3つのデメリットを紹介

法人口座を開設できない場合、ビジネスにはさまざまな影響が及びます。以下は、その主なデメリットについて紹介します。

取引先とのコミュニケーションに支障がでる

法人口座がないと、取引先との円滑なコミュニケーションが難しくなります。企業としての信頼性を高めるためにも、法人口座は不可欠です。取引や支払いにおいては、正式な取引先情報や請求書を提供することが期待されますが、これができないと信頼を損なう可能性があります。

融資やビジネスローンに通りにくくなる

法人口座がないと、融資やビジネスローンの申請が難しくなります。金融機関は取引履歴や資金の移動を確認することで信頼性を評価しますが、法人口座がない場合、企業の信用度が低くなり、融資を受けるハードルが上がります。

キャッシュフローを把握しづらくなる

法人口座がないと、企業のキャッシュフローを適切に管理することが難しくなります。法人口座を利用することで、収入と支出が明確になり、企業の財務状況を正確に把握することができます。これができないと、資金の流れや適切な経済的判断が難しくなります。

総じて、法人口座は企業の健全な運営において非常に重要であり、その利用を検討することはビジネスの持続的な成功につながります。

法人口座の開設が断られた時の6つ対処法

法人口座を断られたと時の対処法

法人口座が開設が断られた時にするべきことが以下の6つです。

  • 事業計画書を作り直す
  • 必要な書類を再確認する
  • ホームページを用意する
  • 固定電話を用意する
  • 資金調達をする
  • ネットバンキング(他の銀行)を利用する

ひとつずつ詳しく解説します。

事業計画書を作り直す

口座開設が断られた場合、事業計画書を見直すようにしましょう。
明確で具体的な計画や事業の将来展望を示すことで、銀行に事業の信頼性をアピールできます。

収益予測や市場分析を含め、情報をより詳細に整理して提出することが重要です。

必要な書類を再確認する

書類の不備や不足が口座開設の障害になることがあります。
法人登記簿や役員の身分証明書などの書類を再度確認し、必要なものが揃っているかどうかを確認することが重要です。

必要なもの 解説
会社の登記簿謄本 会社の登記簿から、法人名や代表者などの情報を確認できる書類。
役員の身分証明書 役員の身元を証明するための身分証明書。運転免許証やパスポートなど。
設立登記簿謄本 会社の設立登記に関する情報が記載された書類。
法人の印鑑証明書 法人の印鑑を登録した証明書。法人が印鑑を持っていることを証明。
法人の住民税の課税証明書 法人が住民税を納めていることを証明する書類。
口座開設申込書 銀行が用意する口座開設の申込書。必要事項を記入する。
代表者の居住地証明書 代表者の住所を証明する書類。住民票や公共料金の請求書など。
履歴事項全部証明書 個人の経歴や住民票などの全ての履歴を証明する書類。
会社実印 法人名や代表者の印鑑。銀行手続きや契約などで使用される。
銀行届印 銀行口座開設時に銀行に提出される印鑑。銀行の規定により異なることがある。
本人であることを証明できるもの 運転免許証などの本人確認書類。身元を証明するために必要。
代表者印鑑証明書 代表者の印鑑を登録した証明書。法人代表者が印鑑を持っていることを証明。
法人設立届出書の控え 法人設立を届け出た際の書類の控え。法人設立の事実を示す。
事業計画書 会社の事業計画や将来展望をまとめた書類。銀行などが要求する場合がある。
オフィス賃貸契約書 会社の事務所やオフィスの賃貸契約書。会社の所在地を示す重要な書類。

これらの書類や情報は、法人口座を開設する際に提出されることがあります。
ただし、銀行によって要求される書類や情報は異なるため、口座開設を希望する銀行の要件に合わせて必要なものを確認することが重要です。

ホームページを用意する

ホームページやパンフレットを用意しておくと審査に通りやすくなります。
それは、ホームページによって事業の存在から大まかなビジネス内容が分かり、安心材料になるからです。

クラウドワークスで作成すると3万円~でも作成できるので準備しておくようにしましょう。

固定電話を用意する

固定電話は必須ではありませんが、あったほうが審査に通りやすい傾向があります。
事業用のスマホでも審査に問題はありません。

しかし、個人使用目的のスマホはやめておきましょう。

資金調達をする

資金面で不安要素がある場合、資金調達を行うことが有効です。

資本金が不足している場合は、追加の資金を調達して資本金を補充することで、銀行の信頼を得られる可能性があります。

また、財務状況の改善や信用度の向上を図るための資金投入も考慮しましょう。

関連記事:ビジネスローンは開業資金に不向き!個人事業主におすすめの資金調達方法を紹介

ネットバンキング(他の銀行)を利用する

口座開設が難しい場合、他の銀行のネットバンキングサービスを活用することも一つの方法です。
一時的な措置として、別の銀行を利用することで業務を継続し、信用を築いてから再度口座開設を申請することも考えられます。

他の銀行での取引履歴が良好な場合、口座開設の際にプラスとなることもあります。

関連記事:法人口座が作りやすいおすすめ銀行ランキング

審査に通りやすい法人口座3選

この章では法人口座が作りやすいおすすめの銀行を紹介します。
各銀行口座の特徴についても詳しく解説します。

おすすめの銀行は下記の指標をもとに判断しています。

  • 振込手数料
  • 口座開設にかかる時間
  • 融資制度
  • 審査の通りやすさ

GMOあおぞらネット銀行

gmo

振込手数料 月20回まで無料
口座開設にかかる時間 最短当日
融資制度 1000万円まで(金利0.9%~)
審査の通りやすさ

GMOあおぞらネット銀行は開業から間もない人でも法人口座開設しやすい銀行です。ネットですべて簡潔できるので自宅からでも審査可能です。

主な特徴は以下の通りです。

  • 振込手数料が月に20回まで無料
  • 最短即日口座の開設ができる
  • 専用アプリが使いやすい

また、GMOあおぞらネット銀行は最大1000万円までの融資サービスも提供しています。
金利も0.9%~14%までと比較的低金利です。
資金不足に陥りがちな立ち上げ時期に、利用しやすい融資サービスは非常に便利です。

\口座開設スピード平均1.5日/
GMOあおぞらネット銀行
公式サイトに行く

住信SBIネット銀行 

sbi銀行

振込手数料 無料
口座開設にかかる時間 最短7日程度
融資制度 3000万円(2%~)
審査の通りやすさ

住信sbiネット銀行は助成金や補助金の受け取り窓口としても機能しています。
すでに事業をされている方や日本政策金融公庫の利用を検討している事業者にはおすすめです。

また、ネットバンキングの月額利用料が無料のため取引先と金銭やり取りが多い事業者には特におすすめです。

\審査が通りやすい/
住信SBIネット銀行
公式サイトに行く

PayPay銀行

paypay銀行

振込手数料 月10回まで無料
(口座開設の翌々月まで)
口座開設にかかる時間 最短3日
融資制度 1000万円まで(金利1.8%~)
審査の通りやすさ

PayPay銀行は個人口座、個人事業主口座、法人口座の3種類があります。

必要書類などすべて公式サイトに載ってあるので、必要書類不足で審査に通らないことは不足がない限りありません。
そんなPayPay銀行の特徴は、以下の通り。

  • 振込手数料が月に20回まで無料
  • 複数口座にまとめて振り込み
  • 専用アプリが使いやすい

大手起業が運営しているだけであって、かなり使い勝手の良いサービスが豊富です。

\月額利用料が無料/
PayPay銀行

関連記事:法人口座が作りやすいおすすめ銀行ランキング

【起業アプリ】起業に必要な段取り・進捗管理ができる無料アプリ「起業時代」

起業時代アプリ
出典:https://apps.apple.com/jp/app/会社設立-創業時の会計知識も-freeの起業アプリ起業時代/id1626931961

おすすめポイント

  • 「起業時代」は無料&登録不要
  • アプリの運営は会計ソフトの超大手「freee」と安心
  • 起業までに必要なことがわかり、進捗管理ができる
  • 実際に起業した人の体験談を見れる

「企業時代」を
ダウンロードする

起業時代は完全無料で登録も不要で評判も◎

「起業時代」は完全無料で利用可能。
アプリ内で会員登録の必要もありません。

「起業時代」の評判も良いものがほとんどです。

法人口座はもちろん、会社設立に必要な情報の確認。
さらに、すでに起業を経験している人の体験談なども「起業時代」ひとつで確認できるので、ダウンロードして一切損のないアプリです。

「企業時代」を
ダウンロードする

まとめ:法人口座開設を断られたら、見直しが必要

この記事では法人口座を断られる理由と対処法を紹介しました。

法人口座が断られるた時の対処法は、以下の6つです。

  1. 事業計画書を作り直す
  2. 必要な書類を再確認する
  3. ホームページを用意する
  4. 固定電話を用意する
  5. 資金調達をする
  6. ネットバンキング(他の銀行)を利用する

法人口座のなかには審査に通りやすい銀行もあります。
そのなかでも特に審査に通りやすいのは「GMOあおぞらネット銀行」です。

GMOあおぞらネット銀行はただ審査に通りやすいだけでばく、創業初期の事業者に優しい制度がたくさんあります。

まだトライしたことのない人は検討してみてはいかがでしょうか?

\口座開設スピード平均1.5日/
GMOあおぞらネット銀行
公式サイトに行く

個人事業主OKのビジネスローン!
デイリーキャッシングは保証人・担保不要
詳しくはコチラ!
【デイリーキャッシング】
・個人事業主OK! 担保不要!
・最長30年の返済期間
詳しくはコチラ!
タイトルとURLをコピーしました