ファクタリングと債権譲渡2つの違い!登記の理由とオススメ業者3選

ファクタリング 債権譲渡

ファクタリングのサービス内容と、債権譲渡は同じ?

上記のように、ファクタリングの内容と債権譲渡の内容を知りたいとお考えではないでしょうか。

結論からお伝えすると、ファクタリングと債権譲渡の内容は全く異なるものです。

今後ファクタリングを利用しようとお考えであれば、違いや特徴をしっかり学んでおきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリングと債権譲渡の違い

ファクタリングと債権譲渡の違いが知りたい。

上記のように2つの違いについて知りたいとお考えではないでしょうか。

ファクタリングと債権譲渡は似たようなサービスですが、利用すべき状況や内容が全く異なります。
ファクタリングと債権譲渡2つの違いについて紹介していきましょう。

  • サービス内容の違い
  • 利用すべき状況の違い

さっそく上記2つの違いについて詳しく解説していきます。

サービス内容の違い

ファクタリングと債権譲渡の違いについて解説していきましょう。
まず2つのサービス内容の違いをお伝えしていきます。

  • ファクタリング→売掛債権の「売買」である
  • 債権譲渡→売掛債権の権利を渡す「移転」である

ファクタリングは、保有している売掛債権を支払い期日前にファクタリング会社に譲渡し資金を早期回収する資金調達方法です。
つまりは第三者であるファクタリング会社が、売掛債権を買取し債権買取額を支払うという事になります。
売掛債権の支払い期日前に資金を回収したいという場合に、早期資金回収を行うことが可能です。
また、融資とは異なるのでファクタリングを利用しても負債にはならず信用情報に傷が付くことはありません。
資金繰りが厳しい状況下では、利用価値の高いサービス内容となっているのです。

債権譲渡は、ファクタリングと似ていますが全く異なるサービス内容となっています。
債権を変えずに第三者に債権を移転させることを、債権譲渡というのです。
債権譲渡は未回収債権の処分を目的としており、売掛先の意向に関係なく債権を移転させることが出来ます。
債権譲渡という内容なので、有償の場合もあれば無償の場合もあるのです。

利用すべき状況の違い

ファクタリングと債権譲渡の利用すべき状況の違いについて紹介していきます。
まずは2つの違いについてお伝えしていきましょう。

ファクタリングは、売掛債権の支払い期日前に資金を回収したい場合に利用する資金調達方法です。
そのため資金化することを目的としています。

債権譲渡は、未回収債権の処分を目的としています。
売掛債権の支払いが滞納していたり、回収できる見込みがない場合に利用すべき方法です。
資金調達というよりも、売掛債権を「処分」したいという状況下で利用すべきサービスと言えるでしょう。

OLTA

ファクタリングの債権譲渡登記!登記する2つの理由

ファクタリングの債権譲渡登記って何?

ファクタリングを利用しようと調べていると「債権譲渡登記」という言葉を耳にすることがあるのではないでしょうか。

債権譲渡登記とは、ファクタリングを利用する者が保有している売掛債権をファクタリング会社へ譲渡したという権利を主張するためのものです。主に2社間取引での場合に登記が必要となります。債権譲渡登記を行うファクタリング会社では、ファクタリングにかかる手数料以外にも登記費用を支払う必要があるのです。

「なぜ債権譲渡登記が必要なの?」

上記のように不思議に感じますよね、債権譲渡登記を行う理由は2つあります。

  • (1)二重譲渡を防止するため
  • (2)対抗要件のため

簡潔にお伝えすると債権譲渡登記は、ファクタリング会社が売掛金を回収できなくなるというリスクを回避するためのものです。

上記2つの理由について紹介していきます。
ファクタリングを今後利用する上で、債権譲渡登記について把握をしておきましょう。

二重譲渡を防止するため

1つ目の理由は二重譲渡防止のためです。

ファクタリングを利用する者の中には、1つの売掛債権を複数のファクタリング会社へ譲渡し二重・三重と買取額を得ようと不正行為を働く者がいます。二重・三重に譲渡されてしまうと、ファクタリング会社は売掛金の回収が困難に陥るリスクがあるのです。

債権譲渡登記を行っていれば、他のファクタリング会社がその売掛債権を買い取る心配がありません。
そのため多くのファクタリング会社では、債権譲渡登記が必要となるのです。

対抗要件のため

2つ目の理由は対抗要件のためです。

もしもファクタリングを利用したものが、本来ファクタリング会社へ返還すべき売掛金を使いこんで返せなくなったとします。

この場合ファクタリング会社は「債務不履行に伴う損害賠償請求」という訴えを裁判所に提出するのです。この際に債権譲渡登記を行っていれば、登記事項証明書により債権譲渡をした事実当該債務の権利者を明確に裁判所へ提出することが出来ます。

もしもの事態に備えて、少しでもリスクを減らすべくファクタリング会社は債権譲渡登記を行うのです。

OLTA

債権譲渡登記が必要ないパターンとオススメ業者5選

2社間取引でも債権譲渡登記が必要ない業者は無いのかな?

債権譲渡登記をしない方法として3社間取引がありますが、売掛先へ債権を譲渡する旨を伝えなくてはならないというリスクが発生してしまうのです。どうにか債権譲渡登記をせずに、2社間でファクタリングを利用できないか・・・。

実は2社間取引でも債権譲渡登記をせずに取引することができる業者があります。
今回はそんな債権譲渡登記が必要のない5つの業者を紹介しましょう。

  • OLTA
  • アクセルファクター
  • 株式会社NO.1
  • 事業資金エージェント
  • ウィット

上記5つの中でも、おすすめはanewです。

anewならファクタリング業界最安水準の手数料で請求書を現金化することができます。

さっそくanewを含めた、おすすめの5社について詳しく紹介していきましょう。

anew

anew

  • anew合同会社
  • 東京都千代田区外神田3丁目12番8号
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

anewは、新生銀行とOLTAが届ける新しいファクタリングサービスです。

法人専用のファクタリングサービスとなっており、数百万円~数千万円規模の大口案件に特化しています。24時間ネット上で受付・手続きを行うことができ、いつでも利用することが可能です。

手数料は2%~9%と業界最安水準で提供されており、2社間ファクタリングでも資金調達コストをかけずにファクタリングを利用することができます。中小企業・小規模事業者であれば、anewを利用しない手はないと言えるでしょう。

anewの公式サイトを見る

事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • 株式会社モンキーパッド
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

アクセルファクター

アクセルファクター

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

株式会社NO.1

株式会社No.1

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

OLTA

OLTA

  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号 QCcube南青山115ビル3階
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

OLTAはWebサイト上で必要書類を提出後、24時間以内に審査が完了します。
審査後は、OLTAへ来店する事なくWeb上で手続きを終えることが可能です。

さらに債権譲渡登記をする必要が無いので、無駄な資金調達コストを抑えることが出来ます。個人事業主でも、下限上限なく利用する事が可能です。素早く!簡単に手続きを終わらせたい!そんな時にはOLTAをオススメします。

OLTAの公式サイトを見る

OLTA

まとめ

ファクタリングと債権譲渡について詳しく紹介してきました。

ファクタリングと債権譲渡は非常に似ている内容ですが、根本的な内容や特徴は全く違うものです。
ファクタリングは保有している売掛債権を早期資金化することが出来ます。

売掛債権の支払い期日前に、資金が必要という場合にファクタリング会社へ譲渡することにより早期資金回収することが可能です。

債権譲渡との違いをはっきりと理解しファクタリングを利用する様にしましょう。

OLTA