ファクタリングは広告代理店に最適!3つのメリットと2つのデメリット

ファクタリング 代理店

広告代理店でもファクタリングを利用できるのかな?

上記のように、広告代理店でもファクタリングは活用できるのかお悩みですよね。

広告代理店でもファクタリングは活用することができ、資金繰りにぴったりな資金調達方法と言えます。

何かと先払いの多い広告代理店、資金繰りが最大の課題とも言えるのではないでしょうか。

今回は、広告代理店にファクタリングをおすすめする理由について詳しく紹介していきます。

1:広告代理店にぴったり!ファクタリングの仕組み

渋谷 夜
先払いが多くて、資金繰りが大変だ…

上記のように、資金繰りにお悩みではありませんか?

ファクタリングは先払いの多い広告代理店にとって、活用しやすい資金調達方法だと言えます。

ファクタリングを活用すれば、売上の支払い期日までに売上を早期回収することが可能です。

どのような仕組みなのか、詳しく紹介していきましょう。

1-1:5つの仕組み

広告代理店がファクタリングを利用する際の仕組みについて紹介します。

ファクタリング 仕組み

  • ① サービスや商品を提供
  • ② ファクタリング会社へ申込
  • ③ 売上を早期回収
  • ④ 売上の支払い
  • ⑤ 売上金を送金

広告代理店は、保有している売掛債権(請求書)をファクタリング会社へ譲渡します。

ファクタリング会社にて審査の後、買取代金が振り込まれるのです。

利用者とファクタリング会社だけで契約を結ぶ、2社間ファクタリングを利用すれば取引先に知られることもありません。

売上金(売掛金)の支払い期日になると、予定通り取引先から支払いが行われます。支払われた売上金(売掛金)をファクタリング会社へ送金することで、手続きは完了です。

広告代理店では、支払い期日が2ヵ月・3ヶ月空くことも多くありますよね。ファクタリングを活用することで、支払いまでのスパンを最短即日まで短縮させることが可能です。

関連記事:ファクタリングの全てが解る!経営者へ本当におすすめしたい優良店7選

2:広告代理店の3つのメリット・2つのデメリット

mac book 光
広告代理店がファクタリングを使うメリット・デメリットは何だろう?

業種によって、ファクタリングを活用するメリット・デメリットは異なります。

広告代理店には、ファクタリングを活用する3つのメリット2つのデメリットがあるのです。

  • メリット
  • ① 周囲にバレない
  • ② 支払いサイトの変更に合わせられる
  • ③ 売上ダウンに備えられる
  • デメリット
  • ① 手数料が高くなる
  • ② 売掛債権の種類が重要になる

上記3つのメリットと2つのデメリットについて、詳しく紹介していきます。

2-1:3つのメリット

広告代理店がファクタリングを活用する、3つのメリットについて紹介していきましょう。

メリット1:周囲にバレない

1つ目のメリットは、周囲にバレずに利用できるという点です。

広告代理業は、人脈が大切な世界と言えるでしょう。

資金繰りが悪いと周囲に知られてしまえば、風評被害を受けて仕事が減ることも考えられます。

しかしファクタリングの2社間契約を利用すれば、周囲にバレずに活用することができるのです。

メリット2:支払いサイトの変更に合わせられる

2つ目のメリットは、支払いサイトの変更に合わせられるという点になります。

広告代理業は、人との信頼関係・繋がりを大切にする傾向があるでしょう。

そのため「支払いを早めて欲しい」と言われれば、要求をのむしかありません。そんな時、資金繰りが悪くてもファクタリングを利用すれば、支払いサイトに間に合わせることが可能です。

支払い期日を早めてと言われたが、資金がないという場合にもファクタリングは実用的に活用できます。

メリット3:売上ダウンに備えられる

3つ目のメリットは、売上ダウンに備えられるという点です。

広告代理業は、世の中の景気や企業の経営状態によって影響を受けやすい業種でもあります。

不景気になれば、広告費をカットされてしまうからです。ファクタリングを活用すれば、売上の増減があっても人件費などの固定費を賄うことができます。

売上の上がり下がりが激しくなりそうだな、という場合には事前に備えることも可能です。

2-2:2つのデメリット

広告代理店がファクタリングを活用する2つのデメリットを紹介します。

デメリット1:手数料が高くなる

1つ目のデメリットは、手数料が高くなるという点です。

資金繰りが悪いという風評被害を避けるには、2社間ファクタリングを利用すべきと言えます。

2社間ファクタリング(10%~20%)は未回収リスクを軽減するため、どうしても手数料が高くなってしまうのです。

手数料の安い3社間ファクタリング(1%~5%)を活用できないという点は、大きなデメリットと言えます。

デメリット2:売掛債権の種類が重要になる

2つ目のデメリットは、売掛債権の種類が重要になるという点です。

ファクタリングの審査では、売掛先の信用力が重要となります。

しかし広告代理業の売掛先の中には、信用力の低い売掛先も少なくないでしょう。

ファクタリング利用時には、なるべく信用度の高い大企業・継続的に取引している取引先などの売掛債権を用意してください。

3:広告代理店におすすめ!5つのファクタリング会社

ファクタリングを利用したいけれど、どのファクタリング会社が良いのかな?

上記のように、ファクタリング会社選びでお悩みになりますよね。

広告代理店におすすめしたいファクタリング会社は5つあります。

  • ①請求書先払いBIZ
  • ②アクセルファクター
  • ③事業資金エージェント
  • ④ウィット
  • ⑤株式会社No.1

上記5つの中でも、おすすめは請求書先払いBIZです。

さっそく上記5つのファクタリング会社について、詳しく紹介していきましょう。

3-1:請求書先払いBIZ

請求書先払いBIZ

  • 請求書先払いBIZ
  • 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
  • 0120-077-739

請求書先払いBIZは、一般社団法人日本中小企業再生支援協会とアクセルファクターの共同サービスです。

一般社団法人とアクセルファクターが組むことで、低コストで利用しやすいファクタリングサービスを実現しています。

また、大口案件に強いため、高額利用したい場合でも最短翌日に資金調達可能です。

まずは無料見積もりを試してみてください。

無料見積もりをする

3-2:アクセルファクター

アクセルファクター ファクタリング

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
  • 0120-542-467

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速く信用度の高い評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また、利用者の5割以上が即日入金されている実績もあり安心して利用できるでしょう。

アクセルファクターの公式サイトを見る

3-3:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • アネックス株式会社
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-6432-4469

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

3-4:ウィット

株式会社ウィット

  • 株式会社ウィット
  • 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階
  • 03-6380-2277

ウィットは業界内でも珍しい「小口専門」のファクタリング会社です。

最小30万円から利用することができ、非対面式(来店不要)で即日利用することができます。小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。

ウィットの公式サイトを見る

3-5:株式会社NO.1

株式会社No.1

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

まとめ

ファクタリングは、広告代理店におすすめであるとお伝えしてきました。

先払いの多い広告代理店は、資金繰りが最大の課題とも言えるでしょう。

風評被害を受けずに利用出来るファクタリングは、広告代理店にぴったりな資金調達方法です。

ぜひ参考にしてみてください。