PR

ファクタリングは投資金の調達にピッタリ!オススメする4つの理由

ファクタリング

ファクタリングは投資費用として利用することができる?

上記のように設備投資、IT投資、人材投資等の費用を調達するためにファクタリングを利用しようとお考えではないでしょうか。

ファクタリングは投資費用の調達に向いており、事業拡大のスピードを促進させることも出来ます。

なぜファクタリングは投資費用の調達に向いているのか、詳しく解説していきましょう。

1:ファクタリングが投資費用に向いてる4つの理由

ファクタリングは投資費用の調達に向いている

冒頭で上記のようにお伝えしました。投資とは、何らかの事業や費用に投資をすることで成長後に投資費用以上の資金を得ることが目的です。

ファクタリングをキャッシュフローの改善として利用するよりも、投資費用調達とした方が有益に利用者は利用することが出来ます。

なぜファクタリングは投資費用に向いているのか、理由を4つ紹介しましょう。

  • 驚異のスピードで資金調達できる
  • 審査が柔軟である
  • 財務コンサルティングを利用できる
  • リスクが低い

上記4つの理由について、詳しく紹介していきます。

1-1:驚異のスピードで資金調達できる

1つ目の向いている理由は驚異のスピードで資金調達できるという点です。

ファクタリング最大のメリットは、資金調達までのスピードにあります。

最短即日で売掛債権を資金化することができ、いち早く現金を手に入れることが可能です。インターネットが普及しビジネススピードが早くなった今、投資もスピードが重要なポイントとなります。銀行融資などでお金を借りようとすれば、何ヶ月も時間がかかってしまうでしょう。

1日~3日程度で資金を調達できるファクタリングは、ビジネスチャンスを逃さない画期的な資金調達方法と言えます。

1-2:審査が柔軟である

2つ目の向いている理由は審査が柔軟であるという点です。

ファクタリングは融資ではありません。もしもあなたの会社の財務状況が悪く、借金等があってもファクタリングであれば利用することが可能です。なぜならファクタリングの審査は、売掛先の信用力が重視されます。

売掛先との安定性を重視するため、請求書・見積書・過去の入出金明細で信用力を見せることが出来れば利用することが可能です。

銀行などの金融機関で融資を断られてしまっても、ファクタリングであれば資金調達をすることが出来る可能性があります。

1-3:財務コンサルティングを利用できる

3つ目の向いている理由は財務コンサルティングを利用できるという点です。

ファクタリング会社の多くは、ファクタリングサービスだけでなく財務コンサルティングも行っています。

キャッシュフローの改善方法や、投資判断に関するアドバイスをもらうことが可能です。

資金を調達することもでき、アドバイスも貰えるので一石二鳥で活用することができるでしょう。

1-4:リスクが低い

4つ目の向いている理由はリスクが低いという点です。

投資は、将来的に投資した費用以上の金額が回収できる見込みがある上で行います。

単なる資金不足でファクタリングを利用すると、かえって資金繰りが悪くなる可能性が考えられるでしょう。

しかし投資費用なら将来性が見えている場合、ファクタリングを利用した費用が返せなくなるということは考えにくいです。

その為、リスクを低く抑えて資金を調達することが出来ます。

2:ファクタリングが向いていない2つの状況

ファクタリングは、どの様な状況でも利用することができる?

ファクタリングで調達した資金は、あらゆる目的に利用することが出来ます。
そのため、どの様な状況でも利用することが可能です。ただしファクタリングを控えた方が良い状況が2つあります。

  • 売上減少によって生じた人件費不足に充てる時
  • 将来展望が読めない時

上記2つの状況の場合には、ファクタリングは利用しない方が良いでしょう。

どちらも理由は、更なる資金難を悪化させる可能性があるからです。

上記2つの状況について、詳しく紹介していきます。

2-1:売上減少によって生じた人件費不足に充てる時

売上が減少したことによって生じた人件費不足に充てるために、ファクタリングを利用するのは止めましょう。

ファクタリングは売掛債権の前借です。のちのち入ってくるお金を、早めに少し少なく回収するということになります。そのため売上が減少している状況で、資金難の措置として利用すると資金繰りが悪化することが考えられるのです。

売上減少時に利用する行為は非常に危険ですので、利用しない様にしましょう。

2-2:将来展望が読めない時

将来展望が読めない様な状況の場合にも、ファクタリングはおすすめできません。

今後入ってくるお金を考え、プランがしっかり見えている場合であれば心配する必要は無いでしょう。

しかし1年後・2年後の状況が見えない、更なる悪化の可能性があるという場合にはファクタリングは危険な行為です。継続的に利用したりすると更に資金繰りが悪くなり、最悪の場合は倒産という状況い陥ってしまうことも考えられます。

将来展望がしっかりと読めている場合にのみ利用する様にしましょう。

3:即効性がある!ファクタリング会社3選

投資費用の調達に向いているファクタリング会社が知りたい!

ファクタリングを投資費用の調達を目的として、利用する場合にはスピードを最も重視すべきでしょう。

しかしファクタリング会社により、調達スピードは異なります。

そこで今回はスピード性のある、おすすめのファクタリング会社を3つ紹介しましょう。

  • ①請求書先払いBIZ
  • アクセルファクター
  • ③事業資金エージェント

上記3つの中でも、おすすめは請求書先払いBIZです。

最大1億円まで、最短翌日利用することができます。

さっそく上記3つのファクタリング会社について詳しく紹介していきましょう。

3-1:請求書先払いBIZ

請求書先払いBIZ

  • 請求書先払いBIZ
  • 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
  • 0120-077-739

請求書先払いBIZは、一般社団法人日本中小企業再生支援協会とアクセルファクターの共同サービスです。

一般社団法人とアクセルファクターが組むことで、低コストで利用しやすいファクタリングサービスを実現しています。

また、大口案件に強いため、高額利用したい場合でも最短翌日に資金調達可能です。

まずは無料見積もりを試してみてください。

無料見積もりをする

3-2:アクセルファクター

アクセルファクター ファクタリング

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
  • 0120-542-467

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速く信用度の高い評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また、利用者の5割以上が即日入金されている実績もあり安心して利用できるでしょう。

3-3:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • アネックス株式会社
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-6432-4469

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

まとめ

ファクタリングを投資費用の調達を目的として利用することについて詳しく紹介してきました。

ファクタリングは投資費用の調達にぴったりな資金調達方法です。

最短即日で資金化することができ、ビジネスチャンスを逃すリスクが低く取引することが出来ます。

投資費用の調達にお困りの場合には、ファクタリングを利用してみてはいかがでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました