PR

優良ファクタリング会社おすすめ5選!利用する5つの理由と注意点

ファクタリング おすすめ ファクタリング

おすすめのファクタリング会社が知りたい!

上記のように、ファクタリング会社をお探しではありませんか?

事業資金や運転資金、経営者にとって資金調達は常につきまとう課題とも言えるでしょう。

近日中に資金が必要!融資を待ってる時間はない!こんな時に活用できるのが、ファクタリングです。

今回は、安心して利用できるファクタリング会社を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1:おすすめのファクタリング会社3選

おすすめのファクタリング会社が知りたい!

数あるファクタリング会社の中でも、おすすめは請求書先払いBIZです。手数料が安く、初めてのファクタリングも気軽に利用しやすくなります。

そんなアクセルファクターを含め、3つのおすすめファクタリング会社を紹介しましょう。

  • ①請求書先払いBIZ
  • ②アクセルファクター
  • ③事業資金エージェント

上記3つのファクタリング会社は、手数料も比較的安く安心して利用できるファクタリング会社です。

さっそく詳しく紹介していきましょう。

1-1:請求書先払いBIZ

請求書先払いBIZ

  • 請求書先払いBIZ
  • 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
  • 0120-077-739

請求書先払いBIZは、一般社団法人日本中小企業再生支援協会とアクセルファクターの共同サービスです。

一般社団法人とアクセルファクターが組むことで、低コストで利用しやすいファクタリングサービスを実現しています。

また、大口案件に強いため、高額利用したい場合でも最短翌日に資金調達可能です。

まずは無料見積もりを試してみてください。

無料見積もりをする

1-2:アクセルファクター

アクセルファクター ファクタリング

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
  • 0120-542-467

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速く信用度の高い評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また、利用者の5割以上が即日入金されている実績もあり安心して利用できるでしょう。

1-3:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • アネックス株式会社
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-6432-4469

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

2:ファクタリングをおすすめする5つの理由

パソコン
ファクタリングにはどんなメリットがある?

ファクタリングは、中小企業の新しい資金調達方法として近頃注目されている手法です。

なぜファクタリングがおすすめなのか、理由は5つあります。

  • 理由1:資金調達までの時間短縮
  • 理由2:保証人や担保が不要
  • 理由3:手続きが簡単
  • 理由4:取引先にバレない
  • 理由5:バランスシートのスリム化

上記5つの理由を見れば、銀行融資には無いメリットを感じることができるでしょう。

さっそく5つのおすすめ理由について紹介していきます。

理由1:資金調達までの時間短縮

1つ目の理由は、資金調達までの時間短縮が可能という点です。

ファクタリングで資金調達までにかかる時間は、通常3営業日ほどになります。スピードの早い会社なら、最短即日での現金化も可能です。

銀行融資の場合はどうでしょう。銀行から融資を受ける場合、最短でも1ヶ月ほど時間がかかります。

銀行融資の場合、審査基準も厳しく設定されているため中小企業にとってはハードルの高い資金調達方法と言えるでしょう。

理由2:保証人や担保が不要

2つ目の理由は、保証人や担保が不要という点です。

ファクタリングは借入ではありません。そのため保証や担保を用意する必要が一切ないのです。

銀行融資を受けたいけれど、保証人や担保が用意できず諦めざるを得ない場合もあるでしょう。

この様な場合でも、ファクタリングなら保証人・担保不要で資金調達を行うことが可能です。

理由3:手続きが簡単

3つ目の理由は、手続きが簡単という点です。

ファクタリングの申込方法・手続き方法は非常にシンプルな内容になっています。

来店またはインターネット・郵送など様々な方法から申込を行い、下記6つの必要書類を提出すれば手続きを行うことが可能です。(ファクタリング会社により必要書類が異なる場合があります)

  • 決算書
  • 勘定科目内訳明細書
  • 身分証明書
  • 入出金明細
  • 請求書
  • 成因資料

ファクタリング会社に来店する暇がなくても、担当者を事務所に呼ぶことも可能です。

銀行融資の手続きよりも、簡単かつ気軽に利用できるのがファクタリングの魅力と言えるでしょう。

理由4:取引先にバレない

4つ目の理由は、取引先にバレないという点です。

ファクタリング取引で「2社間ファクタリング」を利用すれば、取引先(売掛先)にバレずに資金調達することができます。

  • 資金不足なのかな?
  • もしかして倒産する?

このようなマイナスイメージを与えず資金調達を行うことが可能です。

理由5:バランスシートのスリム化

5つ目の理由は、バランスシート(貸借対照表)のスリム化ができる点になります。

ファクタリングにて資金調達を行うことで、バランスシートをオフバランス化させることが可能です。オフバランス化させることで、総資産を増やさずに資金調達を行うことができます。また、企業価値の重要指標とされるROA(総資産利益率)を向上させることも可能です。

企業価値を高めていきたいとお考えであれば、融資よりもファクタリングがおすすめです。

関連記事:ファクタリング3つの仕訳方法!オフバランス化で得られるメリット

3:ファクタリングに潜む5つの注意点

ノート
ファクタリングに注意点はあるの?

ファクタリングはスピード性のある画期的な資金調達方法です。

しかしファクタリング会社の中には、ヤミ金から参入してきた悪質業者も存在します。

安全にファクタリングを利用するためにも、5つの注意点を把握しておきましょう。

  • 注意点1:手数料が安すぎる場合
  • 注意点2:契約書がない場合
  • 注意点3:情報開示量が少ない場合
  • 注意点4:口コミや評判がない場合
  • 注意点5:固定電話がない場合

上記5つの特徴があるファクタリング会社には注意が必要です。

さっそく上記5つの注意点について詳しく紹介していきましょう。

注意点1:手数料が安すぎる場合

1つ目の注意点は、手数料が安すぎる場合です。

悪質業者の中には、手数料が極端に安い好条件を提示してくる場合があります。

この場合、後から不透明な金額を請求される可能性が高いです。

契約時には契約書を入念に確認し、適正な手数料か判断するようにしましょう。

関連記事:独断と偏見!?ファクタリング会社が手数料を決める3つの違いと4つの要素

注意点2:契約書がない場合

2つ目の注意点は、契約書がない場合です。

ファクタリング契約において、契約書は必ず必要となります。

金銭が発生するため、契約書がないと後々問題になるケースがあるからです。

利用しようとしたファクタリング会社で契約書を発行してもらえない場合は、直ちに利用するのをやめてください。

注意点3:情報開示量が少ない場合

3つ目の注意点は、情報開示量が少ない場合です。

会社の公式ホームページ上に、情報開示量が少ない場合は注意をするようにしましょう。

  • 会社名
  • 設立年月日
  • 所在地
  • 取扱いファクタリング種類

上記4つのような、載せられて当たり前の情報を開示していないファクタリング業者は悪質である可能性があります。

優良なファクタリング会社であれば、安心して利用してもらえるよう必ず開示しているでしょう。

利用時には、情報開示量についてもチェックしておく必要があります。

注意点4:口コミや評判がない場合

4つ目の注意点は、口コミや評判がない場合です。

利用者の多いファクタリング会社では、インターネット上に口コミ・評判が存在します。

しかし利用者数の少ない会社では、口コミ・評判が存在しないことがあるでしょう。安心して利用できるのか?という判断材料に欠けるため、口コミや評判が存在しないファクタリング会社は利用しないようにしましょう。

注意点5:固定電話がない場合

5つ目の注意点は、固定電話がない場合です。

悪質なファクタリング会社の特徴として、固定電話がない場合があります。

連絡先を携帯電話に設定しているファクタリング会社は、悪質業者である可能性が高いのです。

実質的な貸金業務を行い、法外な金利を搾取される可能性があります。注意してください。

4:ファクタリングを利用する5つの流れ

ファクタリングを利用して資金調達したいけれど、実際の流れはどの様に行うの?

上記のように利用前に流れを知っておきたいと、お考えではないでしょうか。

ファクタリングの利用手順は、とてもシンプルな5つの流れで行うことが出来ます。

  • ステップ1:お申し込み
  • ステップ2:仮審査
  • ステップ3:必要書類の提出
  • ステップ4:契約
  • ステップ5:資金調達完了

上記5つの流れに沿って、実際の利用手順について紹介していきましょう。

4-1:5分でわかる!ファクタリングの利用手順

5つの流れに沿って利用手順を紹介していきます。

ステップ1:お申し込み

PC
お申し込みフォームから、かんたんな申し込みを行います。一番最初に行うお申し込みフォームでの入力は、会社名や必要となる金額のみになります。

ステップ2:仮審査

iPhone
ファクタリング会社より口頭の仮審査が行われるます。申込内容に対し、質問をされるので売り上げ規模資金の用途等を明確に伝えられる様にしておきましょう。

ステップ3:必要書類の提出

決算書
必要書類を準備し提出しましょう。売掛債権(売掛金)が存在するということを証明できる書類を提出します。

  • 決算書
  • 勘定科目内訳明細書
  • 身分証明書
  • 入出金明細
  • 請求書など(基本契約書・納品書)

ファクタリング会社により必要書類を異なりますが、基本的には上記書類を用意しておけば問題無いでしょう。

基本契約書や納品書は売掛金を証明する書類になるので、用意しておくことをおすすめします。

ステップ4:契約

握手
審査完了後、契約を行います。最短即日~3営業日ほどで審査が終わり、結果が通知されるのです。

ステップ5:資金調達完了

金
契約完了後、入金され資金調達完了です!以上5つの流れがファクタリング利用時の主な流れになります。

一般的な流れとなりますので、詳細については各ファクタリング会社にて確認してみてください。

シャチョサンがOLTAを利用した際の手順は、下記の記事にて詳しく書かれています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

おすすめのファクタリング会社について紹介してきました。

ファクタリング会社の中でも、おすすめは「ウィット」です。手数料を抑えつつ、スピード性も欠かせないという場合には必見のファクタリングサービスと言えるでしょう。

銀行融資とは違った魅力のあるファクタリングですが、利用時には注意点にも気を付ける必要があります。

ぜひ参考にしてみてください。

個人事業主OKのビジネスローン!
デイリーキャッシングは保証人・担保不要
詳しくはコチラ!
【デイリーキャッシング】
・個人事業主OK! 担保不要!
・最長30年の返済期間
詳しくはコチラ!
タイトルとURLをコピーしました