ファクタリングのアクティブサポート!実際どう?使い方と口コミまとめ

アクティブサポート

アクティブサポートって、安心して利用できるのかな?

上記のように、アクティブサポートのファクタリングサービスについて詳しく知りたいとお考えではありませんか?

アクティブサポートは、アクティブな対応力をもった優良ファクタリング会社です。

他社ではファクタリングを利用できなかったという場合には、救世主と呼べる存在となるでしょう。

そんなアクティブサポートについて、詳しく紹介していきます。

アクティブサポートの公式サイトを見る

1:【優良】アクティブサポート5つの特徴

アクティブサポート

会社名 株式会社アクティブサポート
所在地 東京都豊島区東池袋3-9-12
電話番号 0120-595-095
営業時間 平日9:00~19:00

アクティブサポートは、会社名の通り「アクティブな対応力」が強みのファクタリング会社です。

柔軟な審査体制や使いやすさが盛りだくさんのファクタリング会社と言えるでしょう。

そんなアクティブサポートの5つの特徴について紹介します。

  • ①取扱サービス
  • ②対象者と対象地域
  • ③手数料
  • ④スピード
  • ⑤必要書類

上記5つの特徴、どこよりも詳しく正確な情報でお伝えしていきましょう。

(2020年6月15日 問合せによる自社調べ)

アクティブサポートの公式サイトを見る

1-1:取扱サービス

1つ目の特徴、取扱サービスについて紹介します。

アクティブサポートでは、2つの取引方法にてファクタリングを利用することが可能です。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

上記2つの取引方法から、要望に合わせて契約を結ぶことができます。

2社間ファクタリング、3社間ファクタリングの違いについては下記の記事をご覧下さい。

関連記事:ファクタリングの2社間取引の特徴5選!利用すべき3つのケース

関連記事:3社間ファクタリングとは?契約までの流れとメリット・デメリット

1-2:対象者と対象地域

2つ目の特徴、対象者と対象地域について紹介します。

アクティブサポートは、法人はもちろん個人事業主でも利用することが可能です。

また、電話・メール・FAXから申込することができ、全国どこからでも利用できます。

1-3:手数料

3つ目の特徴、手数料について紹介します。

アクティブサポートの手数料は「最大14.8%」です。

企業 メール
公式ホームページ上には記載されていませんが、問い合わせをすれば隠さず教えてくれます。

ファクタリングの手数料は審査次第で大きく変動するため、あえて表示させていないのでしょう。

また、どんな売掛債権でも買取をするという懐の広さも感じられます。

(2020年6月15日、自社調べ)

1-4:スピード

4つ目の特徴、スピードについて紹介します。

アクティブサポートでは、最短即日で資金調達が可能です。

買取金額は遅くても即日、資金調達までは最短即日~2・3営業日を目安にしておくと良いでしょう。

1-5:必要書類

5つ目の特徴、必要書類について紹介します。

申込時に必要となる書類は、全部で2つのみです。

  1. 直近3ヶ月分の通帳コピー
  2. 買取予定の請求書

上記2つの必要書類を用意しておけば、申込を行うことができます。

提出書類が少ないという点も魅力の一つと言えるでしょう。

anew

2:アクティブサポート5つのメリット

アクティブサポート
アクティブサポートを利用するメリットはあるのか?

数あるファクタリング会社の中から、アクティブサポートを利用するメリットが知りたいですよね。

アクティブサポートを利用するメリットは、主に5つあります。

  1. 手数料が安い
  2. 幅広い業種に対応
  3. 少額でも利用できる
  4. かんたんに利用できる
  5. 個人事業主でも利用できる

上記5つのメリットについて、詳しく紹介していきます。

メリット1:手数料が安い

1つ目のメリットは手数料が安いという点です。

アクティブサポートは、手数料が最大14.8%とされています。

公式ホームページには記載されていませんが、独自調査では14.8%が上限と明言しているのです。

2社間ファクタリングの相場は20%前後のため、比較的手数料が安いと言えるでしょう。

手数料を押さえてファクタリングを利用したい場合には、おすすめのファクタリング会社です。

メリット2:幅広い業種に対応

2つ目のメリットは、幅広い業種に対応しているという点になります。

アクティブサポートでは、他社で扱わないような業種も幅広く対応することが可能です。

  • IT業
  • 林業
  • 農業
  • 製造業
  • 建設業
  • 運送業
  • 不動産業
  • 卸・小売業
  • アパレル業
  • 人材派遣業
  • 医療・介護福祉業

上記業種の中でも、農業や林業は比較的珍しい業種と言えます。

他社では断られてしまったという場合は、アクティブサポートへ相談してみましょう。

メリット3:少額でも利用できる

3つ目のメリットは、少額でも利用できるという点です。

アクティブサポートは「最低30万円~1億円」まで利用することができます。

30万円の少額を取り扱うファクタリング会社は少なく、貴重な存在と言えるでしょう。

メリット4:かんたんに利用できる

4つ目のメリットは、かんたんに利用できるという点です。

申込は、通帳コピーと買取予定の請求書を用意するだけで行うことができます。

また、電話・メール・FAX以外にも、普段からコミュニケーションツールとして使用している「LINE」から申込が可能です。

必要書類を準備する手間を省くことができ、気軽に申込を行うことができるでしょう。

メリット5:個人事業主でも利用できる

5つ目のメリットは、個人事業主でも利用できるという点です。

アクティブサポートは、多くのファクタリング会社が嫌がる「個人事業主」にも対応しています。

個人事業主だからという理由で断られてしまった場合でも、アクティブサポートならアクティブに対応可能です。

ぜひ一度相談をしてみましょう。

anew

3:アクティブサポートの利用手順

アクティブサポートの実際の利用手順について知りたい!

上記のように、アクティブサポートの利用手順について知りたいとお考えでしょう。

実際に申込を行う前に、利用手順を把握しておきたいですよね。

アクティブサポートは4つの利用手順で利用することができます。

  1. 申込
  2. ヒアリングと審査
  3. 見積の提示と契約
  4. 入金

上記4つの手順について、詳しく紹介していきましょう。

手順1:申込

電話 イラスト
アクティブサポートを利用するためには、まずは申込を行います。

申込は3つの方法から選ぶことが可能です。

  • 電話(0120-595-095)
  • FAX
  • メール

ご自身の都合に合わせて、ぴったりな申込方法を選びましょう。
お申し込みフォームを見る

手順2:ヒアリングと審査

審査 イラスト
2つ目の手順は、ヒアリングと審査です。

買取希望の請求書についてヒアリングが行われます。

その後、必要書類を提出し審査が行われるのです。

必要書類を素早くて提出すれば、その分審査のスピードも早くなります。

手順3:見積の提示と契約

見積書 請求書 イラスト
3つ目の手順は、見積の提示と契約です。

審査完了後、アクティブサポートから見積を提示されます。

買取金額や他条件に問題がなければ、契約を結びましょう。

関連記事:ファクタリングの契約書はココを見ろ!10個の要注意項目まとめ

手順4:入金

5つ目の手順は、入金です。

アクティブサポートにて、契約書を確認後に入金が行われます。

最短即日で資金化することができるため、実用的に活用することができるでしょう。

アクティブサポートの公式サイトを見る

anew

4:アクティブサポートの口コミ・評判まとめ

アクティブサポートの口コミや評判が知りたい!

上記のように、アクティブサポートの口コミ・評判が気になりますよね。

実際の利用者の声を確認のも、ファクタリング会社の1つの指標となるでしょう。

今回は5つの口コミ・評判を紹介していきます。

4-1:5つの口コミを大公開

売掛金入金前に、資金がなくなり従業員の給与が支払えない状況になりました。そんな時、アクティブサポートで無事資金を確保でき助かりました。

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかで迷ってました。丁寧に相談に乗っていただき、手数料も許容範囲内だったので2社間ファクタリングを利用しました。親切に対応して下さったので、助かりました。

かんたんな書類提出で簡易審査ができるので、手間取られることがなかった。手数料は20%だったが、時間を有効活用出来た。

銀行融資の審査に落ち、はじめてファクタリングを利用しました。融資よりかは手数料が割高だが、スピードが早いので逆によかったと思っています。

他社で断られ、すがる思いで申込をしました。手数料は少し高かったが、無事に資金調達でき助かりました。

anew

まとめ

アクティブサポートのファクタリングについて紹介してきました。

アクティブサポートは、幅広い業種に対応しているアクティブなファクタリング会社です。

最短即日で資金調達が可能なため、実用的に活用することができるでしょう。

手間をかけずに素早く資金調達をしたい場合には、アクティブサポートがおすすめです。

アクティブサポートの公式サイトを見る

anew