PR

今起業するならなんの会社を作るべきか?アイデアの出し方&おすすめ業種も紹介

なんの会社を作る? 会社設立

独立して起業したいけど、「どんな会社を作ればいいかわからない人」は実はたくさんいます。

起業は勢いも大事ですが、特に初めての企業では、論理的で成功する道筋を立ててかえら動き出すのが賢明です。

この記事では、事業アイデアの出し方から起業に必要な準備について詳しく解説します。

この記事を読めば、これから起業のイメージができるようになるはずです。

「なんの会社を作るか」を決めるためのアイデアの出し方

アイデアの出し方

起業が頭をよぎった後、まず初めに悩むことが「なんの会社をつくるか」です。
この章では、事業アイデアの出し方を3つの視点で紹介します。

趣味や関心事から考える

趣味や関心事は、ビジネスアイデアを生み出す良い出発点です。

自分の情熱や興味を活かし、趣味に関連する分野でビジネスを始めることができます。

例えば、趣味の料理を活かしたレストランやフードトラック、趣味のアートやクラフトを生かしたオンラインストアなどが考えられます。

他の成功(儲かる)事例から考える

他の成功した事例や儲かっているビジネスを参考にすることも有効です。

市場での需要があり、成功を収めている分野に着目して自身のビジネスアイデアを構築することができます。

成功例からインスピレーションを得て、自分ならどのように改善や差別化を図れるかを考えましょう。

特技やあなた技術(スキル)から考える

自分の特技やスキルを活かしたビジネスも魅力的です。

自身の専門性や経験を生かして、コンサルティングや教育サービス、専門的な技能を生かした商品やサービスの提供などが考えられます。

自分の得意分野を活かし、競争力のあるビジネスを考案しましょう。

これらの方法を使って、自身の強みや関心事を生かしたビジネスアイデアを発展させていくことが大切です。

自分にとって意義のある事業を立ち上げるために、様々な視点からアイデアを出し続けることが重要です。

会社を作るために必要な事前準備

事前準備

この章では会社を作るために必要な準備について紹介します。
必要になる順番で解説するので上から順番に読み進めてイメージをしてみましょう。

市場調査とトレンド分析

ビジネスの成功には市場の理解が不可欠です。

競合状況や顧客のニーズ、トレンドを把握するための市場調査とトレンド分析を実施しましょう。

市場の動向を把握し、自社の位置付けを理解します。

事業計画書の作成

事業計画書は会社のビジョンと方向性を示す重要な資料です。

  • 収支見込み
  • マーケティング戦略
  • 目標設定
  • リスク管理

などを具体的にまとめましょう。

資金調達や成長戦略の基盤となります。

また、資金調達をするときも、審査が通りやすくなるメリットもあるので、事業案が確定したら事業計画書を作成してみるといいでしょう。

登記

会社を設立するためには、適切な法的手続きが必要です。

適切な会社形態(株式会社・合同会社など)を選択し、登記手続きを行います。

会社の名称や組織形態、必要な書類を準備しましょう。

オフィス(事業所)を借りる

事業を行うためのオフィスや事業所を選定します。

場所の選定や設備の整備を行い、ビジネスを展開する場を準備します。

自宅でも申請できる物件もありますが、最近では、月額1,000円以下から契約可能な「レンタルオフィス」や「バーチャルオフィス」を利用している事業者も増えてきています。

郵送サービスや会議室も併設されているものもありますので、検討してみるといいでしょう。

\業界最安!月額660円~/
GMOオフィスサポート
公式サイトに行く

おすすめのレンタルオフィス・バーチャルオフィスについてはこちらの記事をご確認ください。

口座開設

会社のための法人口座を開設します。銀行を選定し、必要な書類を提出して口座を開設します。
取引や経理を円滑に行うための重要なステップです。

初めて開業する場合は、大手の法人口座は審査に通りにくいことが多いので、ネット銀行がおすすめです。

関連記事法人口座が作りやすい銀行ランキング

資金調達

会社を始めるためには資金調達が必要です。
もちろん、自己資金ですべてをまかなえるのであれば、資金を調達する必要はありません。

しかし、会社を大きくしたり、新しい事業を展開したりするのであれば、それなりの資金が必要です。

また、創業して間もないころは何かと費用がかかります。

資金調達には「銀行融資」「ベンチャーキャピタル」「ビジネスローン」などがあります。

個人的なおすすめは、あおぞらネット銀行で口座開設をして、そのままビジネスローンを借りる方法です。

あおぞらネット銀行のビジネスローン(あんしんワイド)は金利が低いことで有名です。

\最短2日で借入完了!/
来店不要の「あんしんワイド」
公式サイトに行く

今から会社を設立するならコレ!年齢別におすすめの業種を紹介

年齢別業者ランキング

年齢によって、おすすめの業種があります。
この章では20代~40代を対象に、各年代の人におすすめの業種を紹介します。

《20代》人気の業種ランキング

1位:デジタルコンテンツ制作
ソーシャルメディアや動画コンテンツの需要が高まっており、クリエイティブな要素を活かせる業種。

知識や資格 説明
デジタルコンテンツ制作の基礎知識 コンテンツ制作のプロセス、デジタルメディアの基本、ストーリーテリングなどの基礎的な知識が必要です。
クリエイティブソフトウェアのスキル Adobe Creative Suite(Photoshop、Illustrator、Premiere Proなど)、3Dソフトウェア、音声編集ソフトなどの使い方が求められます。
コンテンツマーケティングの知識 コンテンツの戦略立案、ターゲットオーディエンスへのアプローチ、SEO戦略などのマーケティング知識が重要です。
デジタルメディアとテクノロジーのトレンド 最新のテクノロジーとデジタルメディアの動向についての知識が役立ちます。
プロジェクト管理スキル スケジュール管理、予算管理、チームのコーディネーション能力が必要です。
著作権法や知的財産権に関する知識 コンテンツの著作権や法的規制に関する基本的な理解が必要です。
ビジネス管理スキル 事業計画、財務管理、クライアントとの交渉などの経営スキルが求められます。
デジタルコンテンツ制作の認定資格 デジタルコンテンツ制作に特化した資格は信頼性を高めます。
グローバルな視点とマルチカルチャルなコンテンツ制作スキル グローバル市場への適応や異なる文化への配慮が重要です。
コラボレーションとチームワークのスキル 多様な専門性を持つチームとの協力やコラボレーション能力が求められます。

2位:フードトラックやカフェ
若者向けのフードトラックやカフェは、新しいトレンドを生み出す可能性があります。

知識や資格 説明
飲食業の基礎知識 食品衛生、衛生管理、食品の取り扱いに関する基本的な知識が必要です。
メニュー開発と食材調達のスキル メニューの開発、食材の調達、仕入れのプロセスに関するスキルが重要です。
カフェ・フードトラック運営経験 実務経験があると、運営の実務的なノウハウが役立ちます。
顧客サービスと接客スキル 顧客対応やサービス提供に関するスキルが重要です。
飲食店の衛生管理認定資格 衛生管理に関する資格は信頼性を高めます。
ビジネス管理スキル 予算管理、スケジュール管理、従業員の管理などの経営スキルが求められます。
マーケティングとプロモーションの知識 店舗のプロモーション、マーケティング戦略、SNS活用方法などの知識が役立ちます。
フードトラック運転免許 フードトラックを運転するための運転免許が必要です。
販売許可や営業許可の取得方法 飲食店を運営するための許可や証明書の取得方法についての知識が重要です。
フード業界のトレンドと新しい食品法規 最新のトレンドや規制に関する知識が求められます。

3位:ウェブ開発・アプリ開発
デジタル技術に精通した20代なら、ウェブ開発やアプリ開発が適した業種です。

知識や資格 説明
プログラミング言語のスキル HTML、CSS、JavaScriptを含む主要なプログラミング言語の理解と経験が重要です。
フレームワークとライブラリの知識 React、Angular、Vue.jsなどのフレームワークやjQuery、Bootstrapなどのライブラリの知識が役立ちます。
バックエンド開発の知識 Node.js、Python、Ruby、PHPなどのバックエンド開発言語やフレームワークの理解が求められます。
データベースの管理と設計 MySQL、MongoDB、PostgreSQLなどのデータベースの知識と設計スキルが必要です。
ウェブセキュリティの基礎知識 セキュアなコーディング、脆弱性の理解、認証と認可の仕組みに関する知識が重要です。
バージョン管理システム Gitなどのバージョン管理システムの使い方が必要です。
クラウドサービスの知識 AWS、Google Cloud、Azureなどのクラウドプラットフォームに関する理解が求められます。
プロジェクト管理スキル スケジュール管理、タスク管理、チームのコーディネーション能力が重要です。
UX/UIデザインの基礎知識 ユーザーエクスペリエンスとユーザーインターフェースの基本的な理解が役立ちます。
ウェブ開発関連の認定資格 開発やプログラミングに関連する資格は信頼性を高めます。

《30代》人気の業種ランキング

1位:教育関連の事業
教育や研修関連のビジネスは需要が高く、経験やスキルを活かせる領域です。

知識や資格 説明
教育学の基礎知識 教育理論や教育心理学の基本的な知識が必要です。
教育技術の知識 デジタル教材やeラーニングツールの知識が役立ちます。
カリキュラム開発のスキル 教材やカリキュラムの設計能力が重要です。
教育法や規制に関する知識 教育関連の法律や規制についての理解が必要です。
心理学やカウンセリングの基礎知識 生徒や教師の心理や行動に関する理解が重要です。
教育管理や組織運営のスキル 学校や教育機関の運営に関するスキルが役立ちます。
認定教員資格 地域や国によって異なりますが、教育関連の資格は信頼性を高めます。
STEM教育の専門知識 科学、技術、工学、数学分野の教育に関する専門知識が重要です。
特別支援教育の知識 特別なニーズを持つ生徒への教育に関する知識が必要です。
教育ビジネスや起業スキル 事業計画、マーケティング、財務管理などの起業に関するスキルが役立ちます。

2位:健康・フィットネス関連
健康志向が高まる中、フィットネスクラブや健康食品の販売などが注目されています。

知識や資格 説明
健康科学の基礎知識 人体の構造や機能、健康に関する基本的な知識が必要です。
スポーツ栄養学の知識 運動に関する栄養学や食事指導についての知識が役立ちます。
トレーニング理論と技術 効果的なトレーニング方法やフィットネスプログラムの構築能力が重要です。
フィットネス評価と診断能力 顧客の体力や健康状態を評価し、個々に合ったプログラムを作成するスキルが必要です。
パーソナルトレーナー資格 トレーニング指導の資格は信頼性を高めます。
心理学とコーチングの知識 顧客のモチベーションや行動変容に関する知識が重要です。
応急処置や救急措置のトレーニング 緊急時の応急処置や安全対策の知識が求められることがあります。
ビジネス管理スキル 事業計画、マーケティング、顧客サービス、財務管理などの起業に関するスキルが役立ちます。
スポーツマッサージやリハビリテーションの知識 トレーニング後のリカバリーとケアに関する知識が重要です。
コミュニケーションスキル 顧客とのコミュニケーションや関係構築が重要です。

3位:ITコンサルティング
技術や経験を生かして企業のIT戦略を支援するコンサルティング業界は需要があります。

知識や資格 説明
システム開発の基礎知識 ソフトウェア開発やシステム構築に関する基本的な知識が必要です。
プログラミング言語のスキル 主要な言語(Python、JavaScript、Javaなど)の理解や実務経験が役立ちます。
クラウドサービスの知識 AWS、Azure、Google Cloudなどのクラウドプラットフォームに関する理解が求められます。
セキュリティとプライバシーの知識 システムのセキュリティやデータの保護に関する知識が重要です。
データ分析とビッグデータの知識 データ解析やビッグデータ処理に関する知識があると有益です。
プロジェクトマネジメントスキル プロジェクトの計画、実行、管理能力が必要です。
ITコンサルティング関連の認定資格 IT関連の資格(例: PMP、ITIL、AWS認定など)は信頼性を高めます。
ビジネス理解と戦略策定のスキル 顧客のビジネスニーズを理解し、適切な戦略を提案できる能力が求められます。
コミュニケーションとプレゼンテーションスキル 技術情報を非技術者にわかりやすく伝える能力が重要です。
法務や契約関連の知識 ITコンサルティング契約や法的規制に関する知識が有用です。

《40代》人気の業種ランキング

1位:エージェンシー業界
マネジメントやコンサルティングを提供するエージェンシー業界は、40代の経験が活かせる領域です。

知識や資格 説明
マーケティングと広告の基礎知識 マーケティング戦略や広告に関する基本的な知識が必要です。
デジタルマーケティングスキル ソーシャルメディア広告、SEO、コンテンツマーケティングなどのデジタル広告手法の理解が求められます。
クリエイティブ制作の知識 グラフィックデザイン、コピーライティング、映像制作などのクリエイティブに関する知識が役立ちます。
クライアントマネジメントスキル 顧客との関係構築、提案、折衝能力が重要です。
プロジェクトマネジメントスキル プロジェクトの計画、実行、スケジュール管理能力が求められます。
コミュニケーションスキル クライアントやチームとの円滑なコミュニケーション能力が重要です。
イベント管理の知識 イベント企画、運営、調整に関するスキルが役立ちます。
ビジネス開発とセールススキル 新規クライアント獲得や提案書作成、契約交渉のスキルが重要です。
法務や契約関連の知識 契約交渉や法的規制に関する基本的な知識が必要です。
エージェンシー業界の認定資格 デジタル広告やマーケティング関連の資格は信頼性を高めます。

2位:不動産・不動産投資業界
不動産関連の事業は長期的な視点で安定した収益が期待できる業界です。

知識や資格 説明
不動産投資の基礎知識 不動産市場、投資戦略、物件評価、リスク管理などの基本的な知識が必要です。
不動産取引法や規制に関する知識 地域ごとの不動産取引法や規制に関する理解が重要です。
物件評価と市場分析スキル 物件の評価や市場動向を分析し、投資機会を見極める能力が求められます。
不動産ファイナンスと投資分析 資金調達や投資分析に関する知識が必要です。
不動産賃貸管理の知識 物件の管理、入居者の取り扱い、契約管理に関するスキルが役立ちます。
リーガルや契約関連の知識 不動産契約や法的規制に関する基本的な知識が必要です。
不動産ブローカーの資格 不動産業の免許や資格は業界での信頼性を高めます。
地域特性や景気動向の把握 不動産市場の地域ごとの特性や景気動向を理解することが重要です。
不動産投資関連の認定資格 不動産投資に特化した資格は信頼性を高めます。
ビジネス管理スキル 事業計画、マーケティング、財務管理などの起業に関するスキルが役立ちます。

3位:フランチャイズ経営
さまざまな業種を経験したことのある40代なら、フランチャイズビジネスで独立する選択肢もあります。

知識や資格 説明
フランチャイズビジネスの基礎知識 フランチャイズの仕組みや運営方法、契約条件などに関する基本的な知識が必要です。
ビジネスプラン作成スキル フランチャイズ店舗のビジネスプラン作成や実行計画の策定能力が求められます。
マーケティングと販促の知識 店舗の宣伝や集客、販促施策に関する知識が重要です。
フランチャイズ契約法の理解 フランチャイズ契約や法的規制に関する基本的な知識が必要です。
ビジネス管理スキル 店舗運営やスタッフ管理、財務管理などのビジネス管理能力が求められます。
顧客サービスと販売スキル 顧客対応や商品販売に関するスキルが重要です。
地域分析と立地選定のスキル 地域ごとの市場動向や立地条件を分析し、適切な店舗立地を選定する能力が役立ちます。
フランチャイズ関連の認定資格 フランチャイズ経営に特化した資格は信頼性を高めます。
コミュニケーションと協力関係構築のスキル フランチャイズ本部との円滑なコミュニケーションや提携関係構築が重要です。
リーダーシップスキル チームを率い、組織を効果的に運営する能力が求められます。

各年代でのおすすめ業種は、その年代の経験やスキル、市場の動向に合わせて考慮されたものです。自身の興味や経験、市場動向をよく考慮して、最適な業種を選ぶことが重要です。

 

よくある質問

この章では、起業を検討している人がよくする質問を紹介します。

一人で会社を作るには何が必要?

一人で会社を設立するためには、以下の基本的なステップと必要な要素があります。

  1. ビジネスアイデアと計画
  2. 適切な会社形態の選択
  3. 登記と法的手続き
  4. ビジネスアカウントの開設
  5. 事業場所の確保
  6. 税金と経理
  7. 必要な許認可や業界固有のライセンスの取得
  8. 顧客獲得とマーケティング

上記のステップを確実に踏みながら、自分のビジネスを始めるための準備を整えることが重要です。
また、専門家やアドバイザーからの助言を得ることも、成功への道筋をつける上で役立ちます。

起業して成功しやすい業種は?

成功しやすい業種は多岐にわたりますが、近年の傾向から判断できるのは以下の業種です。

  • IT関連業界
  • 健康・フィットネス業界
  • 教育関連業界
  • 環境関連業界
  • フード関連業界
  • エージェンシー業界

これらの業種は、市場の需要や成長性が高く、新しい技術やサービスを提供する可能性があります。
ただし、業界全体の競争や特定の事業環境によって成功の可能性が異なることを考慮する必要があります。
成功の鍵は、市場の需要と自身のスキルや情熱がマッチした分野を見つけることです。

女性におすすめの起業業種は?

女性に向けた起業業種としては、以下のようなものがありますが、もちろん個々の興味やスキルに合わせて選択するのが重要です。

  • ライフスタイル関連業界
  • クリエイティブ業界
  • 教育やコンサルティング
  • エージェンシー業界
  • オンラインビジネ

これらの業種は一般的に女性に適しているとされていますが、どの業種も個々の情熱やスキル、市場の需要によって成功する可能性があります。
自身の強みや興味に合わせて最適な業界を見つけることが重要です。

起業するなら何歳まで?

起業に年齢制限はありません。
実際に、若い世代からシニア世代まで、様々な年齢層の人々が新しいビジネスを始めて成功しています。近年では、50代や60代で初めて起業する人も増えています。

起業には経験や知識、人脈が有利に働くこともありますが、若さや新しい視点もまた重要です。
起業家としての成功は、個人の意欲や情熱、ビジョン、そして実行力によって大きく左右されます。

年齢が重要なのではなく、自身の目標やパッションに合ったタイミングで起業することが肝要です。
重要なのは、自分がやりたいことや成し遂げたいことを実現するために行動することです。

まとめ:「なんの会社を作るか」→すべてあなた次第

この記事では会社を作るためのアイデアの出し方や起業に必要な手順を解説しました。

結論、なんの会社をつくるかはあなた次第です。
ですが、考え方として本記事で紹介した3つの手法を使ってみると起業のイメージが少しわきやすくなるはずです。

  • 趣味や関心事から考える
  • 他の成功(儲かる)事例から考える
  • 特技やあなた技術(スキル)から考える

起業のイメージがついた人は会社を作るために必要な事前準備することでスムーズに事業を進めることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました