請求書買取サービス「もう融資に頼らない!」魅力と仕組みを解説

請求書 融資

請求書買取サービスを利用してみたい。

上記のように、請求書買取サービスに興味をお持ちではありませんか?

「急に支払いが発生したが、手元に資金がない」

上記のように、お困りであれば請求書買取サービス(ファクタリング)がおすすめです。

請求書買取サービスを利用すれば、融資やビジネスローンなどに頼らず資金調達することが出来ます。

さっそく借りない資金調達方法である「請求書買取サービス」について、詳しく紹介していきましょう。

1:請求書買取サービスで融資に頼らない!魅力を解説

金庫
請求書買取サービスって、実際どんなサービスなの?

請求書買取サービスは、日本経済新聞で取り上げられたりして注目度も近年上がってきています。

そんな注目度の高い、請求書買取サービスの魅力について、詳しく解説していきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

1-1:魅力と活用方法

請求書買取サービスは、ファクタリングと同じサービスのことを指します。

自社で保有している入金前の売掛債権(請求書)をファクタリング会社へ譲渡することで、売掛金を早期現金化できるのです。

また、売掛債権に保険をかけることで売掛金の未回収リスクを防ぐこともできます。

  • 急な支払いが発生して、早急に資金が欲しい
  • 融資を借りることができない
  • 融資を待っている時間がない
  • 売上の入金まで時間が空きすぎる

上記のような場合に、請求書買取サービスは効果的に活用することが可能です。

融資とは異なる資金調達方法であるため、担保は必要ありません。

資金が欲しい時に、請求書を買取してもらうだけで資金調達できるのです。

2:請求書買取!5つのメリットと3つのデメリット

比較データ
請求書買取サービスには、メリット・デメリットがあるのか?

中小企業でも気軽かつ効果的に活用できる請求書買取サービスですが、メリット・デメリットは存在します。

請求書買取サービスを利用するにあたって発生する、5つのメリット3つのデメリットを紹介しましょう。

  • メリット
  • ①最短即日で資金化
  • ②オンライン利用OK
  • ③個人事業主もOK
  • ④売掛金回収に役立つ
  • ⑤資金繰り改善に役立つ
  • デメリット
  • ①手数料が高い
  • ②売掛債権ありき
  • ③少額は利用不可

上記5つのメリットと3つのデメリットについて、詳しく解説していきます。

2-1:5つのメリット

請求書買取サービスを利用する上で発生する、5つのメリットについて解説していきましょう。

メリット1:最短即日で資金化

1つ目のメリットは、最短即日で資金化できるという点です。

請求書買取サービスの資金化までのスピードは、最大のメリットともいえるでしょう。

融資の場合、平均1ヵ月前後は資金調達までに時間がかかります。

請求書買取サービスなら、申込から資金化まで最短即日で資金調達することが可能です。

また、スピードが売りのファクタリング会社であれば、最短3時間で利用することもできます。

今日中に何とかしたい!このような絶望的な状況であっても、請求書買取サービスなら心強い味方となってくれるのです。

メリット2:オンライン利用OK

2つ目のメリットは、オンライン利用ができる点です。

ファクタリング会社の中には、完全にオンラインのみで完結する請求書買取サービスを提供している会社もあります。

申込はもちろん、面談(ヒアリング)・契約締結まで全てオンラインで行うことが出来るのです。

忙しくてファクタリング会社へ出向く時間が取れない!このような場合でも、仕事の合間にオンラインでサクッと利用することができます。

オンライン利用の出来るファクタリング会社を知りたい場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:ファクタリング即日OK!来店不要のスピード優良会社30選【2020年10月】

メリット3:個人事業主もOK

3つ目のメリットは、個人事業主も利用できる点です。

個人事業主は法人に比べると、融資などの資金調達は利用しづらい環境にあります。

しかし請求書買取サービスなら、個人事業主でも請求書があれば借りずに資金調達が可能です。

関連記事:フリーランスのファクタリング!資金調達におすすめの理由と選び方

メリット4:売掛金回収に役立つ

4つ目のメリットは、売掛金回収に役立つ点です。

事業を行う中で、売掛金の回収は会社の課題でもあります。

売掛金を回収できなければ、売上が入ってこないので倒産することになるでしょう。

請求書買取サービスを利用すれば、売掛金の未回収リスクも削減することが可能です。

基本的に償還請求権がないため、売掛先が倒産してもファクタリング会社へ売掛金を返済する必要はありません。

メリット5:資金繰り改善に役立つ

5つ目のメリットは、資金繰りの改善に役立つという点です。

請求書買取サービスで売掛金を早期回収することによって、キャッシュ回りを改善することができます。

資金繰りが改善に役立てることができ、経営状態も見直すことが出来るでしょう。

また、サポート体制の厚いファクタリング会社であれば、経営コンサルティングを無料で行ってもらうことができます。

資金調達+資金繰りの改善もお考えであれば、経営コンサルティングを利用できる「トップ・マネジメント」がおすすめです。

関連記事:株式会社トップ・マネジメント独占取材!ファクタリング先駆者の魅力と特徴

2-2:3つのデメリット

請求書買取サービスのデメリットについて、3つ紹介していきましょう。

デメリット1:手数料が高い

1つ目のデメリットは、手数料が高い点です。

請求書買取サービスの手数料は、融資やビジネスローンと比較すると割高と言えるでしょう。

請求書買取サービスは、平均60日ほどでファクタリング会社へ売掛金の返済を行います。

たった1度の利用で5%~20%の手数料がかかるため、あえて年利にしてみると100%を超える暴利となってしまうのです。

融資やビジネスローンを比べた場合、請求書買取サービスは手数料が高いということを覚えておきましょう。

デメリット2:売掛債権ありき

2つ目のデメリットは、売掛債権がないと利用できない点です。

請求書買取サービスは、その名の通り請求書を買取するサービスとなっています。

そのため未入金の請求書がなければ、請求書買取サービスを利用することが不可能なのです。

デメリット3:少額は利用不可

3つ目のデメリットは、少額は利用できない点です。

多くのファクタリング会社では、利用下限額を30万円からに設定しています。

あまりにも少ない金額(10万円以下)の請求書を買取に出しても、断られる可能性の方が高くなるでしょう。

また、受け取れる金額も少ないため、請求書買取サービスを利用しない方が良いとも言えます。

10万円~30万円の請求書を資金化したいとお考えであれば、小口専門のウィットへ一度相談してみましょう。

ウィットの公式サイトを見る

3:請求書買取サービスの仕組み

サインする人
請求書を買取してもらい、資金を調達したい!

上記のように、請求書買取サービスに興味をお持ちでしょう。

請求書買取サービス「ファクタリング」を利用する前に、請求書買取サービスの仕組みについて把握する必要があります。

請求書買取サービスは、主に2つの契約方法で利用することが可能です。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

上記2つの契約方法によって、請求書買取サービスを利用する仕組みも異なります。

それぞれの仕組みについて、詳しく紹介していきましょう。

3-1:2社間ファクタリングの仕組み

請求書買取サービス、2社間ファクタリングの仕組みについて詳しく紹介していきます。

2社間ファクタリング 仕組み

  • ① 請求書買取サービスのお申し込み
  • ② 請求書の買取代金の支払い
  • ③ 支払期日に売掛金を振込
  • ④ 売掛金を送金

2社間ファクタリングは、上記の通り利用者とファクタリング会社の2社間で契約を行うことが可能です。

売掛先である取引先への通知・承諾は、一切必要ありません。

完全に2社間で取引が完了するため、第三者に請求書買取サービスの利用を知られる心配もないのです。

また、取引先を含めない2社間ファクタリングは、スピードの早さも魅力の1つとなります。

最短即日で手続きが完了するため、融資よりも格段に素早く現金を調達することが可能です。

詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事:ファクタリングの2社間取引の特徴5選!利用すべき3つのケース

3-2:3社間ファクタリングの仕組み

請求書買取サービス、3社間ファクタリングの仕組みについて詳しく紹介していきます。

3社間ファクタリング 仕組み

  • ① 請求書買取サービスのお申し込み
  • ② 債権譲渡の通知・承諾を得る
  • ③ 請求書の買取代金の支払い
  • ④ 支払期日に売掛金を振込

3社間ファクタリングでは、利用者・ファクタリング会社・取引先(売掛先)の3社間で契約を行います。

3社間ファクタリング利用時には、売掛債権の譲渡前に売掛先へ通知・承諾を得なければならないのです。

そのため、2社間ファクタリングよりも時間と手間が多くかかります。

しかし、3社間ファクタリングの場合は、売掛金の未回収リスクが軽減されるため、手数料を安く利用することが可能です。

また、売掛金の送金も売掛先からファクタリング会社へ直接行います。

売掛金の回収業務がなくなり、事務作業等の負担を軽減することが可能です。

詳しくは下記の記事にて、詳しく解説しています。

関連記事:3社間ファクタリングとは?契約までの流れとメリット・デメリット

4:請求書を買取してくれる会社ベスト5

請求書買取サービスをさっそく利用したい。

融資に頼らない資金調達方法として、請求書買取サービスは効果的な方法と言えます。

しかし、請求書を買取してくれるファクタリング会社の中には悪質な会社も存在するのです。

安心して資金調達するためにも、安全なファクタリング会社を選別するようにしましょう。

今回は、100社以上を調査してきた編集長のわたしがおすすめする5社を紹介します。

  • ①請求書先払いBIZ
  • ②アクセルファクター
  • ③事業資金エージェント
  • ④ウィット
  • ⑤株式会社No.1

上記5社の中でも、おすすめは請求書先払いBIZです。

スピーディーかつ良心的な手数料で利用することができます。

さっそく上記5社のファクタリング会社について、詳しく紹介していきましょう。

4-1:請求書先払いBIZ

請求書先払いBIZ

  • 請求書先払いBIZ
  • 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
  • 0120-077-739

請求書先払いBIZは、一般社団法人日本中小企業再生支援協会とアクセルファクターの共同サービスです。

一般社団法人とアクセルファクターが組むことで、低コストで利用しやすいファクタリングサービスを実現しています。

また、大口案件に強いため、高額利用したい場合でも最短翌日に資金調達可能です。

まずは無料見積もりを試してみてください。

無料見積もりをする

4-2:アクセルファクター

アクセルファクター ファクタリング

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
  • 0120-542-467

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速く信用度の高い評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また、利用者の5割以上が即日入金されている実績もあり安心して利用できるでしょう。

アクセルファクターの公式サイトを見る

4-3:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • アネックス株式会社
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-6432-4469

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

4-4:ウィット

株式会社ウィット

  • 株式会社ウィット
  • 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階
  • 03-6380-2277

ウィットは業界内でも珍しい「小口専門」のファクタリング会社です。

最小30万円から利用することができ、非対面式(来店不要)で即日利用することができます。小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。

ウィットの公式サイトを見る

4-5:株式会社NO.1

株式会社No.1

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

まとめ

請求書買取サービスについて詳しく紹介してきました。

請求書買取サービスは、融資に頼らずとも資金を確保できる借りない資金調達方法です。

中小企業や創立したてのベンチャー企業等でも、請求書があれば利用することができます。

オンライン完結型のクラウドファクタリングも会社により対応しているため、忙しい仕事の合間に資金調達することが可能です。ぜひ参考にしてみてください。