ファクタリングで売掛金が保証される!仕組みと利用すべき2つのケース

ファクタリング 保証

ファクタリングで売掛金が保証されるって本当?

売掛金の支払いを保証する「保証ファクタリング」について詳しく知りたいとお考えではありませんか。保証ファクタリングは、その名の通り売掛金の支払いを保証してもらうことができるファクタリングサービスです。信用力が不安な取引先との取引などで、保証ファクタリングは有効的に活用することができます。

買取ファクタリングとの違いは何なのか、保証ファクタリングについて詳しく紹介していきましょう。

1:保証ファクタリングとは?売掛金の支払い保証

売掛金を保証してくれるってどういうこと?

保証ファクタリングとは、売掛先の貸し倒れ(未回収)リスクを軽減するためのファクタリングサービスです。

例えば、売掛先が売掛金支払い前に倒産したとしましょう。倒産したとなると、支払われるはずの売掛金は当然回収することができなくなってしまいます。この場合、保証ファクタリングを利用しておけば売掛金を保証してくれるのです。

信用力に乏しい取引先であれば、事前に保証ファクタリングへ申込しておくことで万が一の場合でも売掛金を保証してもらうことができます。いわば「保険」と同じようなサービス内容です。

そんな保証ファクタリングの仕組みについて、図を用いて詳しく解説していきましょう。

1-1:保証の仕組み

保証ファクタリング 仕組み

  • (1)商品やサービスを提供
  • (2)保証会社へファクタリングの申込
  • (3)保証会社が「売掛先」を側面調査※
  • (4)保証会社は売掛債権を保証
  • (5)売掛金が支払われれば完了

利用者は、保証会社へ保証が必要だと感じた場合に申込を行います。

提出された売掛先リストを元に、保証会社は売掛先を側面調査するのです。審査内容に問題がない場合、利用者と保証会社の間で基本契約を締結します。

その後、問題なく売掛先から売掛金が支払われた場合は、利用者は保証会社へ保証料を支払い手続きは完了です。一方で売掛先が倒産等し、売掛金を支払えない場合には、保証会社が保証契約に応じて売掛金を保証(代わりに支払う)します。

※側面調査:利用者が売掛先に、保証をかけていることは通知せずに行う審査のこと。

anew

2:保証ファクタリング!10の適用条件

保証ファクタリングって、どんな理由でも売掛金が保証されるの?

答えは「いいえ」です。保証ファクタリングにおいて保証を利用するには条件があります。

各保証会社が定める条件に適用しなければ、保証金は支払われないのです。

主に定められている保証会社の適用条件は10つあります。

  1. 破産手続開始
  2. 会社更生手続開始
  3. 特別清算開始
  4. 民事再生手続開始の申立
  5. 法的倒産手続の申立
  6. 手形交換所の取引停止処分
  7. 手形または小切手の不渡り
  8. 任意整理着手の公表
  9. 営業の全部廃止
  10. 本店・本社事務所の閉鎖

上記10つのように、売掛先が倒産等の理由で回収不能になることが主な条件です。

各保証会社により、条件が異なる場合があります。利用前に確認するようにしましょう。

参考:出光クレジットの保証ファクタリング|出光クレジット株式会社

anew

3:何が違う?買取ファクタリングとの3つの違い

買取ファクタリングとの違いは何だろう?

このように、買取ファクタリングと保証ファクタリングの具体的な違いが知りたいという場合もありますよね。

買取ファクタリングと保証ファクタリング、大きな違いは3つです。

  • 利用目的の違い
  • 手数料の違い
  • スピードの違い

上記3つの違いについて、詳しく紹介していきます。

買取ファクタリングとの違いが、はっきりしないと感じている場合には参考にしてみてください。

3-1:利用目的の違い

1つ目の違いは、利用目的です。

  • 買取ファクタリングの目的:資金調達、売掛金の早期回収
  • 保証ファクタリングの目的:売掛金の貸倒れリスクの軽減

上記のように、買取ファクタリングは資金調達を目的としたファクタリングサービスとなっています。

売掛金を早期現金化することによって、資金繰りの改善などに役立てることが可能です。

一方で保証ファクタリングの場合は、資金調達を目的としているわけではありません。

売掛先(取引先)の信用力(売掛金返済能力)に不安がある場合に、活用することで売掛金の貸倒れリスクを回避する役割があるのです。あくまで売掛金の未回収リスクを無くすために使う「保険」として利用します。

3-2:手数料の違い

2つ目の違いは、手数料の違いです。

保証ファクタリングは、買取ファクタリングに比べて手数料が安いという特徴があります。

  • 保証ファクタリング:2%~15%(年)
  • 買取ファクタリング:10%~30%(回)

売掛先にファクタリングの利用が発覚しない2社間ファクタリングを利用した場合、買取ファクタリングは1度の利用で10%~30%ほど手数料がかかってしまうのです。保証ファクタリングは、買取ファクタリングよりもコストを抑えて利用することができます。

3-3:スピードの違い

3つ目の違いは、スピードの違いです。

買取ファクタリングの場合は、最短即日で現金を手に入れることができます。

しかし保証ファクタリングの場合は、現金が手元に入るまで時間がかかる可能性があるのです。

保証ファクタリングは、売掛先が倒産して初めて現金化することができます。そのため、保証会社が売掛先の倒産を認めない限り現金を手にすることができないのです。保証ファクタリングの場合は、現金化まで時間がかかるケースがあるということを覚えておきましょう。

anew

4:保証ファクタリングを利用すべき2つのケース

「保証ファクタリングを利用すべきか分からない」

上記のように、手数料を支払ってまで保証してもらう必要があるのか分からないとお悩みではありませんか?

保証ファクタリングを利用すべきケースは主に2つあります。

  • ① 与信審査が徹底していない場合
  • ② 建設業を営んでいる場合

上記2つのケースがなぜ保証ファクタリングを利用すべきケースなのか、詳しく解説していきましょう。

4-1:与信審査が徹底していない場合

1つ目のケースは、与信審査が徹底していない場合です。

保証ファクタリングは、与信管理のアウトソーソング先(業務委託先)として活用することができます。

取引相手の信用能力・返済能力は、金融機関や上場大手企業でない限り与信審査の専門知識がなく、精度の低いものとなりがちです。保証ファクタリングを利用すると、帝国データバンクや東京商工リサーチなどの情報を基に、取引先の信用力を調査してもらうことができます。

保証ファクタリングは、中小企業などでも気軽に利用できるため、与信管理のアウトソーシング先として活用するのも1つの手と言えるでしょう。

4-2:建設業を営んでいる場合

2つ目のケースは、建設業を営んでいる場合です。

建設業の場合、3回に分けて代金を支払われる場合があります。

  • 1回目:契約時(工事請求費用の3分の1)
  • 2回目:上棟(工事請求費用の3分の1)
  • 3回目:引渡(工事請求費用の3分の1)

上記のように3回に分けて工事を支払われた場合、全額支払われるまでに2年以上かかることがあるでしょう。

このような案件がいくつも重なった場合、下請け企業への支払いができず、連鎖倒産を招く可能性もあります。

国土交通省は、このような連鎖倒産を防ぐため「下請債権保全事業」を創設し、通常ファクタリング会社に支払う保証料を国によって助成することが可能です。

建設業者は、一定の要件を満たすことで保証ファクタリングをオトクに活用することができます。保証料の一部を負担せずに、支払い保証をうけることができるのです。建設業者は、保証ファクタリングを利用すべきケースの1つだと断言できるでしょう。

参考:下請債権保全事業|国土交通省

anew

5:おすすめ!保証ファクタリング会社5選

ファクタリングを利用したいけれど、どの会社を利用すれば良いか分からない。

上記のように、ファクタリング会社でお悩みであれば、即日可能なファクタリング会社をおすすめします。

即日対応可能なファクタリング会社の中でも、おすすめの5つの優良店をお伝えしましょう。

  • ウィット
  • 事業資金エージェント
  • ③ anew
  • アクセルファクター
  • 株式会社NO.1

上記5つのファクタリング会社の中でも、おすすめはウィットです。

ウィットは電話一本、非対面方式でかんたんに申込を行うことができます。

そんなウィットを含めた、上記5つのファクタリング会社について紹介していきます。

5-1:ウィット

株式会社ウィット

  • 株式会社ウィット
  • 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階
  • 03-6380-2277

ウィットは業界内でも珍しい「小口専門」のファクタリング会社です。

最小30万円から利用することができ、非対面式(来店不要)で即日利用することができます。小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。

ウィットの公式サイトを見る

5-2:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • 株式会社モンキーパッド
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

5-3:anew

anew

  • anew合同会社
  • 東京都千代田区外神田3丁目12番8号
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

anewは、新生銀行とOLTAが届ける新しいファクタリングサービスです。

法人専用のファクタリングサービスとなっており、数百万円~数千万円規模の大口案件に特化しています。24時間ネット上で受付・手続きを行うことができ、いつでも利用することが可能です。

手数料は2%~9%と業界最安水準で提供されており、2社間ファクタリングでも資金調達コストをかけずにファクタリングを利用することができます。中小企業・小規模事業者であれば、anewを利用しない手はないと言えるでしょう。

anewの公式サイトを見る

5-4:アクセルファクター

アクセルファクター

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

5-5:株式会社NO.1

株式会社No.1

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

anew

まとめ

保証ファクタリングについて詳しく紹介してきました。

保証ファクタリングは資金調達を目的とせず、いわば「保険」のような役目を果たします。

信用力に不安がある取引先との取引で、保証ファクタリングを利用すれば未回収リスクを防ぐことが可能です。

ぜひ参考にしてみてください。

anew