ファクタリング未払金の勘定科目!資金化するメリットとデメリット

ファクタリング 未払金

ファクタリング未払金って何?

ファクタリング未払金という流動負債の項目をみたことがありませんか。

取引先の貸借対照表の項目の中に、ファクタリング未払金という項目があると違和感を感じるでしょう。

今回はファクタリング未払金という勘定項目について詳しく紹介していきます。

1:ファクタリング未払金とは?売掛先が計上する勘定科目

ファクタリング3社間取引
ファクタリング未払金とは何だろう?

上記のようにファクタリング未払金という勘定科目について知りたいとお考えではありませんか。

取引先のモノやサービスを後払いで購入した場合に売掛金が発生します。

取引先は売掛債権を保有していますが、その売掛債権をファクタリングを使って支払い期限前に早期資金化したとしましょう。(3社間取引)そうなると売掛金の支払いは、ファクタリング会社へ行うことになります。その場合に未払金は、流動負債としてファクタリング未払金と計上する必要があるのです。詳しく理由について紹介していきましょう。

1-1:1年以内の未払金は流動負債に該当する

ファクタリング未払金は、 ファクタリングの未払い金額を表す勘定科目です。

なぜ固定負債ではなく、流動負債として取り扱われるのか詳しく解説します。

未払金とは、そもそも物やサービスを後払いで購入した際に用いられる勘定科目です。

勘定科目5分類のうち、未払金は「負債」に属する勘定科目で支払い期限によって区分される項目が分かれます。

未払い金の支払い期限が1年以上の長期間にわたる場合には、固定負債です。一方でファクタリング未払金が該当する流動負債は、支払い期限が1年未満である場合に用いられます。上記のことから、ファクタリング会社へ支払いが生じている場合には、未払金を流動負債と区分し計上するのです。

anew

2:未払金の資金調達に便利!?ファクタリングを活用する方法

ファクタリング未払金について解説してきましたが、ファクタリングは未払金の資金調達 として活用することが出来ます。1章ではファクタリングを利用された売掛先の立場でのお話でしたが、この章ではファクタリングを利用する立場に立って解説していきましょう。

固定資産や消耗品等を後払いで購入すると、一旦は未払金で計上しますよね。

しかし売掛金等が積み重なってくると未払金の支払いが出来ないかもしれない!という状況に陥ってしまうことがあるでしょう。

そのような時に、未払金の資金を調達する方法として活用できるのがファクタリング です。

未払金の支払いに困ったら、ファクタリングを利用してみるのも一つの手段ということを覚えておきましょう。

ファクタリングについて詳しく知りたい場合には、下記の記事をご覧ください。

関連記事:【初心者向け】ファクタリングとは?最短1日で資金調達できる方法

anew

3:未払金を対処する!ファクタリングを使うメリットデメリット

未払金の資金を調達する方法として、ファクタリングを紹介しました。

ファクタリングを利用することによって、どの様なメリットやデメリットが生じてくるのか把握をしていきましょう。

ファクタリングで発生するメリットは5つ、デメリットは3つあります。

  • 5つのメリット
    ① キャッシュフローの改善
    ② 債務が増えずに資金調達可能
    ③ 担保や保証人の提出不要
    ④ 審査が通りやすい
    ⑤ 支払い義務が無い
  • 3つのデメリット
    ① 手数料が高い
    ② 取引先の承諾
    ③ 債権譲渡登記

上記5つのメリット、3つのデメリットについて詳しく紹介していきましょう。

3-1:5つのメリット

ファクタリングを利用する5つのメリットを紹介します。

キャッシュフローの改善
ファクタリングを利用することで、キャッシュフローの改善が見込めます。通常であれば売掛債権は、支払い期日にならないと現金にすることは不可能です。しかしファクタリングを使えば、期日前に早期資金化することができ未払金の支払いに割り振ることが出来ます。

債務が増えずに資金調達可能
ファクタリングは融資では無いのです。売掛債権の売買であって融資ではないので、銀行で融資を受けたときの様な債務が増えてしまう心配がありません

担保や保証人の提出不要
ファクタリングを利用するにあたって、担保や保証人を提出する必要はありません。
有効な売掛債権さえあれば、だれでも利用することが可能です。

審査が通りやすい
ファクタリングの審査は、融資のように自社の経営状況を細かく審査されるわけではありません。審査のポイントとなるのは、売掛先の返済能力についてです。売掛先が信頼できる返済能力のある会社かどうかを審査されるので、利用者は極端な話だとブラックリストに追加されていても利用することが出来ます。銀行や消費者金融で断られてしまった場合でも、ファクタリングであれば利用する事のできる可能性があるのです。

支払い義務が無い
ファクタリングでは、通常支払い義務がありません。もしも売掛先が売掛金を返済できなくなってしまっても、既に売掛債権を譲渡している利用者がファクタリング会社にお金を支払う義務は無いのです。

上記5つのメリットから、ファクタリング資金調達をしたい企業にとって利用価値の高いサービスという事ができるでしょう。

3-2:3つのデメリット

ファクタリングを利用するにあたって、発生するデメリットについて紹介します。

手数料が高い
ファクタリングは手数料が高いサービスです。例えば2社間取引という、利用者とファクタリング会社の2社のみで取引をする場合の手数料相場は5%~20%ほどになります。手数料は必ずファクタリング会社へ支払う必要があるので、手元に残るお金は80%~95%ほどになってしまうのです。資金調達方法の中でも、ファクタリングは手数料の高い方法ということを覚えておきましょう。

関連記事:独断と偏見!?ファクタリング会社が手数料を決める3つの違いと4つの要素

取引先の承諾
ファクタリングを利用する上で、取引先(売掛先)へ債権譲渡の承諾を取る必要のある場合があります。ファクタリング会社の中には、3社間取引にのみしか対応していない会社があるのです。3社間取引の場合、手数料を安く抑えることができる反面で取引先に債権譲渡をしたということを知られてしまいます。資金繰りが苦しいのかな?などと悪い印象を与える可能性があるので、大きなデメリットと言えるでしょう。

債権譲渡登記
ファクタリング会社と契約をする際に、債権譲渡登記が必要になる場合があります。債権譲渡登記とは、売掛債権をファクタリング会社へ譲渡したという事実を公表するものです。二重譲渡や踏み倒し等を防ぐ役割を持っており、主に2社間取引の際にファクタリング会社が登記を要求してきます。債権譲渡登記は登記費用がかかるので、手数料+登記費用で資金調達コストが上がってしまうというデメリットがあるのです。

できれば債権譲渡登記の必要が無いファクタリング会社を利用するようにしましょう。

関連記事:ファクタリングと債権譲渡2つの違い!登記の理由とオススメ業者3選

anew

4:すぐに資金化できる!おすすめファクタリング会社5選

未払金の資金調達などで、便利に活用することの出来るのがファクタリングだとお伝えしてきました。

しかしデメリットがなあ~。

上記のようにお悩みであれば、デメリットをカバーすることのできるファクタリング会社を検討してみてはいかがでしょうか。

今回は、シャチョサンがおすすめする5つのファクタリング会社を紹介します。

  • ウィット
  • 事業資金エージェント
  • ③ anew
  • アクセルファクター
  • 株式会社NO.1

上記5つの中でも、おすすめはウィットです。

デメリット部分をカバーし、利用者負担が少なくなるよう考えられています。

さっそく紹介していきましょう。

4-1:ウィット

株式会社ウィット

  • 株式会社ウィット
  • 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階
  • 03-6380-2277

ウィットは業界内でも珍しい「小口専門」のファクタリング会社です。

最小30万円から利用することができ、非対面式(来店不要)で即日利用することができます。小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。

ウィットの公式サイトを見る

4-2:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • 株式会社モンキーパッド
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

4-3:anew

anew

  • anew合同会社
  • 東京都千代田区外神田3丁目12番8号
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

anewは、新生銀行とOLTAが届ける新しいファクタリングサービスです。

法人専用のファクタリングサービスとなっており、数百万円~数千万円規模の大口案件に特化しています。24時間ネット上で受付・手続きを行うことができ、いつでも利用することが可能です。

手数料は2%~9%と業界最安水準で提供されており、2社間ファクタリングでも資金調達コストをかけずにファクタリングを利用することができます。中小企業・小規模事業者であれば、anewを利用しない手はないと言えるでしょう。

anewの公式サイトを見る

4-4:アクセルファクター

アクセルファクター

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

4-5:株式会社NO.1

株式会社No.1

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

anew

まとめ

ファクタリング未払金について紹介してきました。

ファクタリング未払金は、ファクタリングを利用された売掛先の会社が計上する勘定科目です。
ファクタリング会社へ、これから支払いを行う必要のある費用をファクタリング未払金と計上します。ぜひ参考にしてみてください。

anew