PR

無担保で借りられるビジネスローン5選!メリット&デメリットも解説

無担保ビジネスローン ビジネスローン

無担保ビジネスローンは、担保不要で事業資金を調達できるオプションです。
このローンは、担保を提供せずに個人事業主や法人が、運転資金や設備投資など事業の資金調達に利用できます。

一般的に金利は銀行のビジネスローンよりもやや高めですが、手続きがスムーズで迅速な審査・融資が魅力です。

無担保ローンは、担保を提供できない企業や個人にとって有益な選択肢であり、短期の資金ニーズをカバーする際にも適しています。
しかし、金利や返済条件には注意が必要で、事前に慎重な比較と資金使途の検討が重要です。

この記事では無担保で借りられるビジネスローンや利用にあたっての注意点などを紹介します。

無担保で借りられるビジネスローン5選

この章では無担保で借りられるビジネスローンを5選紹介します。

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」

あおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行が運営する「あんしんワイド」は金利が0.9%~と低額なうえ、最大1,000万円まで借入できます。
無担保だけでなく、決算書や事業計画書も不要。

さらに、審査~借入までの時間は最短2日と短く、24時間365日申し込み可能です。

ただし、あおぞらネット銀行の法人口座があることが条件になっています。
まだ口座を所有していない事情社の方は下記の公式サイトから法人口座を作成しましょう。

\即日で口座開設OK/
GMOあおぞらネット銀行
公式サイトに行く

AGビジネスサポート

agビジネスサポート

AGビジネスサポートのビジネスローンは以下の特徴があります。

  • 審査の翌日には融資が可能
  • 融資額が50~1000万と幅広い
  • 金利が3.1%からと低い

法人の場合は「本人確認書類と決算書」

個人事業主の場合は「本人確認書類と確定申告書・事業内容確認書」

が必要になります。

\即日で口座開設OK/
AGビジネスサポート
公式サイトに行く

オージェイ

オージェイ

オージェイのビジネスローンも無担保での利用が可能です。
即日融資対応なので、今すぐ資金が必要な事業者に人気があります。

また、返済方法も「一括返済」「元金均等返済」「元利均等返済」「自由返済」と抱負な点も推しポイント。

しかし、対面での契約が必須条件ですが、首都圏にしか店舗がないというデメリットがあります。
首都圏にお住まいの事業者は検討する価値があるはずです。

\無担保・即日融資/
オージェイ
公式サイトに行く

アクト・ウィル

アクトウィル

アクトウィルは事業者の借入に特化した会社です。
審査は最短60分で終わり、最大1億円までの融資が可能です。

さらに今なら「新規貸付キャンペーン」を実施しており、30日間無利息で借入できます。

ただし、アクトウィルは法人専用です。個人事業主への融資は行っていません。

\新規は30日間無利息/
アクトウィル
公式サイトに行く

PayPay銀行

paypay銀行

PayPay銀行は個人事業主でも法人でも借入が可能です。
金利も1.8%~と他者よりも比較的に低い特徴があります。

借入のながれ(paypay)

担保も、決裁書も、事業計画書も、手数料も不要なうえ、スマホで1円単位から借入できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

\スマホで完結!/
PayPay銀行
公式サイトに行く

無担保ビジネスローンを利用するべき2つの理由

無担保のビジネスローンは以下の点において、優れています。

  • 必要書類がない
  • 気軽に利用できる

ひとつずつ解説します。

必要書類が少ない

無担保ビジネスローンの多くは決済書や事業計画書など不要な場合が多い傾向があります。
借入の必要書類は、時間や手間がかかるものばかりです。
本来であれば、

・決算書
・事業計画書
・納税証明書

などが必要になります。

必要書類を最小限にして借入ができるのは事業者にとって大きなメリットです。

気軽に利用できる

無担保ビジネスローンの多くはスマホやPCで簡単に借入できるものが多い傾向にあります。
実際、対面のビジネスローンもありますが、少数です。
ネットで完結できるので気軽に利用できます。

無担保ビジネスローンの2つの注意点

この章では無担保のビジネスローンでの注意点を紹介します。

借入金額の上限が低い

無担保のビジネスローンは借入金額の上限がそこまで高くありません。
無担保は審査が早く甘いといったメリットがある反面、貸付側もリスクが大きくなります。
そのため、無担保のビジネスローンでは数千万、億を超える借入はしにくい傾向があります。

金利が高い

無担保ビジネスローンは日本政策金融公庫や銀行と比較すると、金利が高い傾向があります。

ただし、1か月間無金利キャンペーンを実施している「アクト・ウィル」や金利が0.9%~と低い設定の「あんしんワイド」などもあるので、金利を抑えたい人にはおすすめです。

【注意】法人で利用する場合は代表者が「連帯保証人」にならないといけない

無担保のビジネスローンを法人で利用する場合、代表者が連帯保証人になる理由は信用保証の確保です。
法人が無担保ローンを利用する際、責任の負担を示すために連帯保証人となります。
これは金融機関が貸し手としてリスクを評価する際に、法人の信用力だけでなく代表者の信用履歴も考慮するためです。

代表者の保証は、借り手が返済不能になった場合、貸し手による債務の回収を確実にするための手段として重要です。
これにより、法人の信用力だけでなく代表者の信用履歴や責任を考慮することで、融資のリスクを抑えることが可能になります。

【無担保OK】ビジネスローン以外の資金調達方法

この章ではビジネスローン以外の資金調達方法を紹介します。

1、日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は政府出資の金融機関です。

さまざまな融資サービスを提供しています。そのなかでも開業者に向けた融資は「国民生活事業」の一環として運営されています。

なかでも開業資金に利用できる代表的な手段が「新規開業資金」です。

新規開業資金

  • 新たに事業を始める方
  • 女性、若者、シニアの方で創業する方
  • 廃業歴等があり、創業に再チャレンジする方
  • 中小会計を適用して創業する方

この制度は、開業前の資金調達を目的としています。

そのため、借入までの条件のハードルが低く利用しやすい特性があります。

将来開業を計画している人が日本政策金融公庫から融資を受ける際には、新規開業資金が最もおすすめできる選択肢です。

関連記事:逃し注意!日本政策金融公庫を利用する流れ&必要書類と質問内容

2、ファクタリング

ファクタリングは、売掛金の未回収リスクを避け、早期に現金を得る手段です。

掛取引では商品やサービスを先に提供し、後から代金を回収しますが、この方法には未回収や取引先の倒産などのリスクがあります。
このリスクを防ぐためにファクタリングでは、売掛債権を保険や買い取りを通じて現金化します。

この手法は急な資金需要や後から支払われる予定のお金を先に現金化する場合にも活用されます。

関連記事:【初心者向け】ファクタリングとは?最短1日で資金調達できる方法

まとめ:無担保で借りられるビジネスローンは低リスク

この記事では無担保で借りられるビジネスローンを紹介しました。
無担保のビジネスローンは、低リスクなうえ、必要書類も少なく、気軽に利用しやすい特徴があります。

その反面、借入の上限が低かったり、金利が高めに設定されているところが多い傾向があります。
この2つのデメリットを回避できるビジネスローンが「あんしんワイド」です。

「あんしんワイド」GMOのあおぞらネット銀行の口座が必要です。
口座はネットで簡単に作れるので、ビジネスローンを検討している事業者は早めに作っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました