給料を前借りする2つの方法!3つの注意点と専門業者を紹介

給料 前借り 方法

給料を前借りする方法が知りたい!

上記のように、給料日前にどうしてもお金が足りない!という理由で前借りをしたいとお考えではありませんか?

誰にでも、給料日前にどうしても現金が必要になることはあります。実は、給料の前借りは「会社が労働者へ支払う義務がある」と法律で定められているのです。労働者は特別な理由があれば、給料日前に給料を前借りすることができます。

給料前借りについてと、前借りする方法・注意点について詳しく解説していきましょう。

給料の前借り・前払いは会社の「義務」

給料

「お給料の前借りってできるの?」「断られないかな?」

上記のように、給料日前に給料を前借りしたいが不安に感じていませんか?

実は、給料の前借り・前払いは会社に支払う義務があります。労働基準法第25条によって定められており、労働者より申告があれば支払に応じる必要があるのです。

第二十五条 使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。

引用:電子政府の総合窓口|e-GOV

上記の通りに、労働基準法によって定められているため、給料前借りを行うことは可能です。ただし、給料を前借りする上で注意すべき点があります。次の章にて、詳しく注意点についてお伝えしていきましょう。

OLTA

会社から給料前借りする!3つの注意点

「会社は、給料の前借りに応じる義務がある」とお伝えしてきました。

もちろん、労働者から給料前借りを申告された場合には給料を前払いで支払う必要があるのです。ただし、会社から給料を前借りする場合には3つの注意点があります。給料前借りの申告を行う前に、確認しておきましょう。

  • 給料前借りには条件あり
  • 既に働いた期間のみ対象
  • 正社員だけが対象ではない

上記3つの注意点について、詳しく紹介していきます。

給料の前借りをお考えであれば、必ず確認しておきましょう。

給料前借りには条件あり

給料前借り 条件

1つ目の注意点は、給料前借りには条件があるという点です。

給料の前借りは、いつでも自由に行えるわけではありません。

会社が給料の前借りに応じる義務が発生するのは、労働基準法施行規則で定められている場合のみなのです。

第九条 法第二十五条に規定する非常の場合は、次に掲げるものとする。

  • 一 労働者の収入によつて生計を維持する者が出産し、疾病にかかり、又は災害をうけた場合
  • 二 労働者又はその収入によつて生計を維持する者が結婚し、又は死亡した場合
  • 三 労働者又はその収入によつて生計を維持する者がやむを得ない事由により一週間以上にわたつて帰郷する場合

引用:電子政府の総合窓口|e-GOV

妊娠・疫病・災害・結婚・死亡・帰郷など、以上の非常事態の場合にのみ給料前借りに応じる必要があります。つまりは、上記の非常事態に該当しない場合には、給料前借りに応じる義務が発生しないのです。

そのため「単なる金欠」というだけの理由では、給料前借りをすることはできません。

既に働いた期間のみ対象

給料前借り 期間

2つ目の注意点は、既に働いた期間のみが対象であるという点です。

給料を前借りすることのできる期間は、既に働いた分のみと限定されています。

今はまだ働いていない未来の給料分については、労働基準法に抵触する可能性があるため前払いの対象外となるのです。

第十七条 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。

引用:電子政府の総合窓口|e-GOV

法律によって定められているため、覚えておきましょう。

正社員だけが対象ではない

3つ目の注意点は、正社員だけが対象ではないという点です。

給料前借りを行うことができる者は「すべての労働者」とされています。

どのような働き方であっても、賃金を受け取っている者であれば、給料前借りを行うことが可能です。

  • 正社員
  • 派遣社員
  • パート
  • アルバイト

上記のように、正社員以外の働き方でも給料前借りの申告を行う権利があります。

OLTA

【要チェック】給料を前借りする2つの方法

給料を前借りするには、どうしたら良いの?

具体的に、給料を前借りする方法は2つあります。

上記2つ方法がありますが、優先すべきは会社への申告です。

手数料などがかからず、給料前借りの額面のみ受けとることができます。

さっそく上記2つの方法について、詳しく紹介していきましょう。

会社へ申告する方法

1つ目の方法は、会社へ申告する方法です。

企業の中には、給料前借りの制度を設けている場合があります。

その場合には、申告書を記入したり直属の上司へ申告したりすることで給料前借りを行うことが可能です。

給料を前借りしたいと感じたら、まずは身近な上司・同僚へ相談してみましょう。

給料ファクタリング業者を使う方法

2つ目の方法は、給料ファクタリング業者を使う方法です。

給料ファクタリング業者とは、給料の買取を行っている業者のことを指します。

労働者には全員が給料をもらう権利を持っており、その権利(給料債権)を買い取ることで、給料日前に働いた給料の8割前後を前借りすることができるのです。給料ファクタリングは、給料前借りの理由・使途に関わらず利用することができます。

つまりは、労働基準法で定められている給料前借りの条件に該当しない場合でも活用することが可能です。

  • 「条件に当てはまらないが、金欠で緊急事態だ」
  • 「金欠で電気代が払えない」

このような場合でも、給料ファクタリングなら即日で給料を前借りすることができます。

給料ファクタリングについて、詳しくは下記の記事をご覧ください。

関連記事:給料ファクタリングで金欠を打破する!前借の仕組みと利用できる業者

OLTA

緊急!給料前借り以外で現金を増やす3つの方法

給料を前借りできなかった…。

上記のような、状況に陥ることも十分に考えられます。

「給料前借り以外で現金を増やす方法は無いかな?」現金を増やす方法は、探せば探すだけ出てきます。今回は、おすすめの現金を増やす3つの方法を紹介していきましょう。

  • 日雇いバイト
  • バンドルカード
  • 銀行系カードローン

上記3つの方法の中でも、一番リスクが低いのは「日雇いバイト」です。

日雇いバイトなら、働いたその日に現金を受け取ることができます。実に手っ取り早く、金利や手数料等のリスクを負う必要がないのでオススメです。

日雇いバイトができない場合のことも考え、上記3つの方法について詳しく紹介していきましょう。

日雇いバイト

1つ目の方法は、日雇いバイトです。

インターネットで検索すると、その日1日だけの単発で出来る「日雇いバイト」の求人が掲載されています。お金がどうしても無い場合で、働く時間があるのであれば日雇いバイトでお金を稼ぎましょう。

日雇いバイトをすれば、働いた分だけ即日で給料をもらうことができます。

最もシンプルな方法かつリスクの無い現金を増やす方法といえるでしょう。

日雇いバイト求人情報|マイナビバイト

バンドルカード

2つ目の方法は、バンドルカードの「ポチっとチャージ」を利用する方法です。

バンドルカードとは、誰でも1分でつくれるVISAのプリペイドカードになります。

バンドルカード

アプリ・ネットから申し込むことで、審査や年会費なしで全国のVISA加盟店で利用することができます。

そんなバンドルカードでオススメしたいのが「ポチっとチャージ」です。

アプリから希望金額を打ち込むことで、バンドルカードへお金を簡単にチャージすることができます。ポチっとチャージでバンドルカードへお金をチャージすれば、手元にお金がなくてもVISA加盟店での支払いに利用することが可能です。

※ポチっとチャージによってバンドルカードへチャージした金額は、翌月末に後払いで支払いを行えばOKです。

バンドルカードの公式サイトを見る

銀行系カードローン

3つ目の方法は、銀行系カードローンを利用する方法です。

銀行が提供しているカードローンは、消費者金融よりも低金利でお金を借りることができます。低金利でお金を借りることで、後から支払う利息を少額に抑えることが可能です。

金利の低い銀行系カードローンですが、審査が厳しいというデメリットがあります。

消費者金融に比べてハードルの高い審査を実施する分、現金調達までの時間もかかってしまうのです。「数時間で現金を手に入れたい・確実に現金を調達したい」という場合には、デメリットを多く感じるでしょう。

OLTA

給料ファクタリングは即日OK!おすすめ業者7選

どうしても給料を前払いで欲しい!

上記のような場合には、給料ファクタリングがおすすめです。

即日で現金を調達することができ、ネットから手続きを行うことができます。

そんな給料ファクタリングの中でも安心感」「スピード面でおすすめの業者を7つ紹介していきましょう。

  • 七福神
  • 毎日給料日くん
  • ③ Wallet Link
  • ④ Get給
  • ココシア
  • 千羽鶴
  • 先給(せんきゅー)

上記7つの中でも、断トツのおすすめは七福神です。

七福神は、給料ファクタリング業者の中でも最も人気のある業者となっています。即日対応はもちろん可能です。

さっそく7つのファクタリング会社について紹介していきましょう。

七福神

七福神

  • サイト名:七福神
  • 運営会社:株式会社ZERUTA
  • 所在地:東京都新宿区新宿1-34-8近代BLD.15 7階
  • 連絡先:03-6380-0841
  • 営業時間:(平日)9:00~19:00(日)10:00~18:00

七福神は給料ファクタリングに特化したファクタリング会社です。

手数料は10%~20%と明記しており、即日対応を行うこともできます。

平日の19:00までに申込をすれば、即日で資金調達することが可能です。

日曜日も営業しているので、曜日を気にせず利用することができます。

給料ファクタリングを利用するなら、七福神がおすすめです。

七福神の公式サイトを見る

毎日給料日くん

毎日給料日くん

  • サイト名:毎日給料日くん
  • 運営会社:株式会社さくら
  • 所在地:東京都新宿区西新宿6-12-4 コイトビル203
  • 連絡先:03-5909-1761
  • 営業時間:(月~土) 9:00~18:00

毎日給料日くんは、顧問弁護士の指導のもとで運営を行う給料ファクタリング会社です。弁護士が直接指導を行うため、悪質な取り立て等を心配する必要は一切ありません。手数料相場も8%~25%と低く、優良店と言えるでしょう。

毎日給料日くんの公式サイトを見る

WalletLink

WalletLink

  • サイト名:Wallet Link
  • 運営会社:株式会社アクアバレー
  • 所在地:千葉県松戸市中根444-103号
  • 連絡先:0120-214-091
  • 営業時間:平日9:30~18:00

WalletLinkは、給料ファクタリングに特化したファクタリング会社です。

LINEから申込・手続きを行うことができ、手間を省いたかんたんな方法で資金調達をすることができます。さらに15:00までに申し込みが完了すれば、即日で資金調達することが可能です。面倒なメールや電話でのやりとりが苦手な場合は、LINEからサクッと資金調達をしてみましょう。

WalletLinkの公式サイトを見る

Get給

Get給

 

  • サイト名:Get給
  • 運営会社:株式会社アクアバレー
  • 所在地:千葉県松戸市中根444-103号
  • 連絡先:03-6402-7055
  • 営業時間:平日9:30~18:00

Get給(ゲッキュー)は、Wallet Linkと運営会社が同じになります。給料ファクタリングに特化したファクタリング会社で、申し込みファームからかんたんに給料を前借りすることが可能です。

勤め先に一切連絡をしない方法を採用しており、来店不要で利用することができます。とにかくシンプルな方法で利用したい!そんな時にはGet給(ゲッキュー)を利用してみましょう。

Get給の公式サイトを見る

ココシア

ココシア

  • サイト名:ココシア
  • 運営会社:合同会社EViCa
  • 所在地:東京都千代田区一番町10番8号 一番町ウエストビル5階
  • 連絡先:03-6821-1742
  • 営業時間:24時間365日

ココシアは、女性専用の給料ファクタリング会社です。

女性が安心して利用できるよう、スタッフも女性のみで対応しています。

在籍確認がなく、24時間365日LINEから申し込むことが可能です。

女性は見逃せない給料ファクタリングサービスをココシアは提供しています。

ココシアの公式サイトを見る

千羽鶴

千羽鶴

  • サイト名:千羽鶴
  • 運営会社:Presta合同会社
  • 所在地:愛知県名古屋市中区新栄3-25-2
  • 連絡先:052-228-6990
  • 営業時間:(平日)9:00~18:00

千羽鶴は、2社間ファクタリングに特化した給料ファクタリング会社です。

愛知県に本拠地を構えていますが、来店不要のため全国どこからでも利用することができます。

千羽鶴はとにかく対応が素晴らしい給料ファクタリング会社です。

手数料やスピード面ではなく、安心して利用したい場合にはぴったりの給料ファクタリング会社でしょう。

千羽鶴の公式サイトを見る

先給(せんきゅー)

先給

  • サイト名:先給
  • 運営会社:株式会社TYS
  • 所在地:東京都中央区東日本橋3-3-8
  • 連絡先:03-5944-8902
  • 営業時間:(平日)9:00~20:00(土日祝)10:00~18:00

先給(せんきゅー)は、土日祝日も営業している給料ファクタリング会社です。

社会保険未加入の場合でも、国保に入っていれば利用することができます。また、給料手渡しにも対応している便利な給料ファクタリング会社なのです。土日祝日に利用したい!そんなときは、先給へ相談してみましょう。

先給の公式サイトを見る

OLTA

まとめ

給料を前借りする方法について紹介してきました。

妊娠・疫病・災害などの非常事態であれば、会社は申し出があれば労働者へ給料を前払いする義務があるのです。ただし非常事態の条件に該当しない場合には、給料前借りに応じる必要はありません。

単純に金欠で困っている場合には、給料ファクタリングによる前借りがおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

OLTA