ファクタリングのリンクジャパン!実際どう?メリットとデメリット

リンクジャパン
リンクジャパンってどんなファクタリング会社なの?

上記のように、リンクジャパンについて詳しく知りたいとお考えですか?

リンクジャパンは、福岡県北九州市に拠点を置く地域密着型のファクタリング会社です。

また手数料が非常に安いことで評判があります。

そんなリンクジャパンについて、詳しく紹介していきましょう。

ファクタリング会社選びでお悩みでしたら、ぜひ参考にしてみてください。

リンクジャパンの公式サイトを見る

1:リンクジャパンの会社概要5選

会社概要

会社名 リンクジャパン株式会社
所在地 福岡県北九州市小倉南区富士見2-7-14
代表者 岸本 竜太
設立 平成29年8月
資本金 300万円
連絡先 093-383-7665
HP https://link-japan.jp
取引銀行 西日本シティ銀行

リンクジャパンは、業界の中でも珍しい地域密着型のファクタリング会社です。

どのようなファクタリング会社か理解するために、5つの概要を見ていきましょう。

  1. サービス
  2. 手数料
  3. スピード
  4. 必要書類
  5. 利用可能金額

上記5つの会社概要について紹介していきます。

1-1:サービス

リンクジャパンのサービスについて紹介していきましょう。

リンクジャパンでは、2つのファクタリング取引に対応しています。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

上記2つのファクタリングは、法人のみならず個人事業主でも利用することが可能です。

査定
HP内にあるフォームに入力すると、簡単な査定をすることができます。

1-2:手数料

リンクジャパンでかかる手数料について紹介します。

リンクジャパンでは、手数料が「1.5%~」利用可能です。

3社間でのファクタリング取引の場合、手数料を大幅に抑えることができるでしょう。

2社間ファクタリングを検討している場合は、事前に一度問い合わせてみてください。

1-3:スピード

リンクジャパンは、申し込みから最短2日後に現金化できます。

しかし、2社間・3社間ファクタリングそれぞれにかかる期間が明記されていないため注意が必要です。

申込受付・問い合わせは、電話(0800-200-1805)またはメール(info@link-japan.jp)から連絡することができます。

リンクジャパンはスピード対応に力を入れているので、スピーディーな資金調達がしたい場合はおすすめです。

1-4:必要書類

リンクジャパンの利用時に必要な書類について紹介していきましょう。

ファクタリング利用じに必要な書類は、3つあります。

  • 決算書
  • 債権が証明できる書類(請求書・契約書等)
  • 通帳

上記3つの必要書類は、前もっての準備を心がけましょう。

尚、ファクタリング契約によって必要書類が異なる可能性もあるので、事前に問い合わせみてください。

1-5:利用可能金額

リンクジャパンの利用可能金額について紹介していきましょう。

リンクジャパンでは、「50万~1,000万円」の範囲内で迅速に対応すると記載されています。

しかしスピード査定の買取希望金額の選択では、3,000万円以上の項目もあるので大型の資金調達ができる可能性もあるのです。

大型の資金調達をお考えでしたら、HPのスピード査定から一度問い合わせてみましょう。

リンクジャパンの公式サイトを見る

anew

2:リンクジャパンの3つのメリット

秘密主義
リンクジャパンにはどんなメリットがあるの?

上記のように、リンクジャパンのメリットについて知りたいとお考えですか?

リンクジャパンには、3つのメリットがあります。

  • 安心できる要素が多い
  • 秘密厳守
  • 手数料が安い

上記3つのメリットについて、詳しく解説していきましょう。

2-1:安心できる要素が多い

1つ目のメリットは、「安心できる要素が多い」ことです。

「初めてのファクタリングで不安…」

「本当に信用できるファクタリング会社なのかな」

上記のように、特に初めてファクタリングを利用する場合は少なからず抵抗があるのではないでしょうか。

リンクジャパンには、ファクタリングビジネスマネージャーの資格保有スタッフが在籍しています。

さらに九州地域に出張対応も行っており、直接会って話を聞くことができるので、信用できるか否か判断できるでしょう。

2-2:秘密厳守

2つ目のメリットは、「秘密厳守」を徹底していることです。

2社間ファクタリングの場合、売掛先(取引先)には一切知られることがないと明記されているので安心して利用することができます。

「ファクタリングしていることを絶対に知られたくない」

上記のようにお考えであれば、リンクジャパンの2社間ファクタリングを利用しましょう。

2-3:手数料が安い

3つ目のメリットは、「手数料が安い」ことです。

リンクジャパンの手数料は、1.5%~と比較的低く設定されています。

各取引の手数料は明記されていませんが、公式サイトには「2社間の場合は3社間に比べて高い」と記載されているので注意しましょう。

手数料を抑えた取引がしたいとお考えであれば、3社間ファクタリングの利用がおすすめです。

anew

3:リンクジャパンの2つのデメリット

デメリット
リンクジャパンのデメリットが知りたい。

上記のように、メリットの裏側に潜むデメリットが知りたいとお考えですか?

リンクジャパンのデメリットは、2つあります。

  • 対象地域が限られている
  • 現金化まで少し時間がかかる

それでは、上記2つのデメリットについて解説していきましょう。

3-1:対象地域が限られている

1つ目のデメリットは、「対象地域が限られている」ことです。

リンクジャパンは九州地域密着型のファクタリングなので、対象地域が限られています。日本全国を対象としたオンライン取引が展開されておらず、九州以外の地域からの利用はおすすめとは言えないでしょう。

対象地域:九州全域・山口県

3-2:現金化まで少し時間がかかる

2つ目のデメリットは、「現金化まで少し時間がかかる」ことです。

リンクジャパンでは、申し込みから最短2日後に現金化できます。

「急遽翌日に資金が必要になってしまった…」

上記のような場合は、最短即日で資金調達できる2社間ファクタリング会社を利用するようにしましょう。

関連記事:最速の資金調達方法がついに決定!早い順ベスト6と3つの注意点

anew

4:リンクジャパンの利用方法

利用方法
リンクジャパンの利用方法が知りたいとお考えですか?

この章では、リンクジャパンの実際の利用手順について解説していきましょう。

リンクジャパンは、5つのステップで利用することができます。

  1. 問い合わせ
  2. 必要書類の提出
  3. 結果通知
  4. 契約
  5. 入金

さっそく上記5ステップについて解説していきましょう。

4-1:問い合わせ

1つ目は、「問い合わせ」です。

問い合わせ方法は、3つあります。

  • 電話(0800-200-1805)
  • メール(info@link-japan.jp)
  • HPの問い合わせフォーム

HPの問い合わせフォーム

問い合わせ
公式サイトの画面右上部にある、「お問い合わせ」をクリックし、会社名や電話番号等の必須項目を入力しましょう。

フォームを送信した後、しばらく経っても返信が届かない場合は、電話かメールにて直接問い合わせてみてください。

4-2:必要書類の提出

2つ目は、「必要書類の提出」です。

1章で紹介した必要書類をリンクジャパンに提出します。

問い合わせ後に、別途で書類が必要になる可能性もあるので事前に確認しておきましょう。

必要書類:決算書・債権が証明できる書類・通帳

4-3:結果通知

3つ目は、「結果通知」です。

必要書類を提出した後、リンクジャパンから取引の可否の通知が届きます。

結果通知はメールもしくは電話に連絡が届くので、チェックしましょう。

4-4:契約

4つ目は、「契約」です。

リンクジャパンから結果通知が届いたら、契約をします。

契約の際はスタッフと立ち会いの元、契約を行う

4-5:入金

5つ目は、「入金」です。

契約完了後、最短2日後に入金されます。

入金方法は利用者の会社口座に振り込まれるので、入金の連絡が入り次第確認しましょう。

anew

まとめ

リンクジャパンのファクタリングサービスについて、紹介してきました。

リンクジャパンの強みは、手数料の安さと言えるでしょう。しかし、2社間ファクタリングだと手数料が比較的高くなるので注意が必要です。

またリンクジャパンは地域密着型のファクタリング会社であり、九州全域・山口県以外は提供エリア外ですので、覚えておきましょう。

anew