今すぐできる資金調達!ファクタリングの仕組みと企業のメリット

資金調達 ファクタリング

ファクタリングを資金調達として活用したい。

上記のように、企業の資金調達としてファクタリングをお考えではありませんか?

ファクタリングは、未回収の売掛債権を売却するだけで売掛金を早期回収することのできる資金調達方法です。売掛債権を有効活用することができ、総資産利益率(ROA)自己資本比率の向上を図ることができます。

  • 融資審査を待っている時間がない
  • 事業資金を今すぐ集めたい

上記の様な緊急事態でも、ファクタリングは画期的な資金調達方法と言えるのです。

中小企業庁も推奨しているファクタリングについて、今回は詳しく紹介していきます。

経済産業省中小企業庁では、中小企業者が不動産担保に過度に依存せずに資金調達ができるよう、売掛債権担保融資保証制度を創設し、普及を進めています。引用:売掛債権の利用促進について|中小企業庁

今すぐ優良ファクタリング会社をチェックしたい場合は、4章にジャンプ

資金調達に便利!ファクタリングの仕組み

お金

ファクタリングは企業の資金調達方法として活用できる?

ファクタリングは中小企業・零細企業の中で、じわじわと注目度が上がってきている資金調達方法です。ファクタリングの概要について「詳しく知らない」という場合のために、まずは仕組みについて理解していきましょう。

  • ファクタリングの方法
  • スピード
  • 手数料

上記3つの仕組みは、ファクタリングを資金調達方法として利用する上で把握しておくべき内容です。

さっそく詳しく紹介していきましょう。

関連記事:ファクタリングの全てが解る!経営者へ本当におすすめしたい優良店7選

ファクタリングの方法

ファクタリングの方法について紹介していきます。

ファクタリングとは、本来であれば支払い期日にならなければ入ってこない売掛金を早期回収できるサービスです。ファクタリング会社(仲介)へ売掛債権を売却することで、売掛金を早期現金化することができます。

そんなファクタリングには2種類の取引方法があるのです。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

それぞれの特徴について紹介していきます。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、自社(あなたの会社)とファクタリング会社の2社間で取引をする方法になります。売掛先(取引先)に知られずに売掛金を早期現金化することができ、最短即日で資金調達することが可能です。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、自社(あなたの会社)とファクタリング会社・売掛先の3社間で取引する方法です。売掛先に債権譲渡の承諾を得る必要がありますが、資金調達コスト(手数料)を大幅に抑えることができます

スピード

ファクタリングの資金調達までのスピードを紹介しましょう。

ファクタリングは最短即日で資金調達することが可能です。

融資であれば最速でも2週間前後かかるところ、ファクタリングであれば即日で現金を手にすることができます。そのため「今すぐに事業資金を調達しないと危ない!」という非常事態であっても、未回収の売掛債権があれば即日資金調達することが可能です。

関連記事:ファクタリングは即日できる!?スピード重視のおすすめ業者31選

手数料

ファクタリングでかかる手数料について紹介します。

ファクタリングでは、利子や金利の代わりに「手数料」がかかるのです。

手数料を支払うことで、売掛金を期日前に現金化することができます。

手数料は2社間ファクタリングで10%~30%3社間ファクタリングで1%~5%ほどです。譲渡した売掛金から手数料を引かれた額が実際に受け取ることのできる金額となります。そのため、実質的に受け取れる金額は額面の80%~90%ほどです。

関連記事:独断と偏見!?ファクタリング会社が手数料を決める3つの違いと4つの要素

OLTA

資金調達としての評価は?5つのメリットと3つのデメリット

デスク

ファクタリングは企業の資金調達方法としてメリットはある?

ファクタリングは、企業・個人事業主が利用できる新しい資金調達方法です。

もちろん資金調達方法としてのメリットが5つ・デメリットが3つあります。

  • メリット
  • ①即日で事業資金の調達ができる
  • ②利息や金利がない
  • ③借金履歴が残らない
  • ④審査に通りやすい
  • ⑤不渡りの心配を取り除ける
  • デメリット
  • ①手数料が高い
  • ②コストがかかる
  • ③承諾を得る必要あり

上記5つのメリットと3つのデメリットについて詳しく紹介していきましょう。

5つのメリット

ファクタリングを企業の資金調達方法として使う5つのメリットについて紹介していきます。

①即日で事業資金の調達ができる

ファクタリングは最短即日で資金調達することが可能です。事業資金や運転資金を今すぐに用意しなければ!そんな緊急時にファクタリングは借りない資金調達方法として活用することができます。

②利息や金利がない

ファクタリングは借入ではなく、売掛債権の譲渡・売買です。そのため借入でかかる利息や金利が発生することはありません。返済の心配をする必要は無く、売掛先から売掛金が支払われた時にファクタリング会社へそのまま送金すれば取引完了です。

③借金履歴が残らない

ファクタリングを利用することで、借金の履歴が残ることはありません。

例えば、融資やキャッシングなどで資金調達をした場合は、負債としてバランスシートに記録されるでしょう。しかしファクタリングは借入ではなく売掛債権(資産)の売却のため、負債としてバランスシートに記録される心配がありません。

ファクタリングを利用した後に、融資審査を受ける場合でもファクタリングが審査に悪影響を与えることがないのです。

関連記事:ファクタリング3つの仕訳方法!オフバランス化で得られるメリット

④審査に通りやすい

ファクタリングの審査は、銀行融資と比べてハードルが低い特徴があります。

融資は会社の経営状態が大切となるため、借金や税金の滞納があれば利用できる可能性は極端に低くなるでしょう。一方でファクタリングの審査対象は、売掛先です。売掛先の経営状態・信用力で売掛金の返済能力を判断します。そのため自社(あなたの会社)に借金や税金の滞納があっても、ファクタリングであれば審査に通る可能性が高いのです。

⑤不渡りの心配を取り除ける

ファクタリングを利用すれば、売掛金が不渡りになる心配を払拭(ふっしょく)することができます。売掛債権をファクタリング会社に譲渡後、売掛先が売掛金を支払えなくなったとしましょう。その際、ファクタリングを利用した者(売掛債権の譲渡者)は、売掛金をファクタリング会社に返済する必要はありません

ファクタリングを利用することで、売掛債権が不渡りになるリスクをなくすことが可能です。

3つのデメリット

ファクタリングを企業の資金調達方法として使う3つのデメリットについて紹介していきます。

①手数料が高い

ファクタリングの手数料は、融資・キャッシングと比べると非常に高いです。

ファクタリングは貸金業ではないため、利息制限法が適用されません。そのため1度の利用で20%ほどの手数料がかかりますが、融資やキャッシングのように年利計算した場合は「年利200%」もの法外な金利となるのです。

ファクタリングは実用的に利用できる資金調達方法ですが、高頻度の利用や長期的な資金調達方法としては向いていないと言えるでしょう。あくまでも単発的な資金調達方法としてお考えください。

②コストがかかる

ファクタリング会社では、売掛債権の二重譲渡を防止するため「債権譲渡登記」を行う場合があります。債権譲渡登記を行った場合、1回につき数万円のコストがかかってしまうのです。手数料とは別でかかるコストですので、できる限り債権譲渡登記の必要がないファクタリング会社を利用するようにしましょう。

関連記事:ファクタリングと債権譲渡2つの違い!登記の理由とオススメ業者3選

③承諾を得る必要あり

手数料の安い3社間ファクタリングを利用する場合、売掛先に債権譲渡の承諾を得る必要があります。必ずしも承諾を得られるとは限らず、時には断られるケースもあるでしょう。売掛先にファクタリングの利用が発覚すれば、売掛先からの信用力を落とす可能性もあり注意が必要です。

OLTA

ファクタリングを利用する3つの条件

デスク

ファクタリングは誰でも利用できる?

ファクタリングは売掛債権があれば、基本的には誰でも利用することが出来ます。

しかしファクタリングを利用できる売掛債権には3つの条件があるのです。3つの条件をクリアしている売掛債権であれば、ファクタリングで資金調達することができます。3つの条件について詳しく紹介していきましょう。

  • 売掛債権を譲渡していないこと
  • 譲渡禁止特約を交わしていないこと
  • 売掛先の信用力が高いこと

上記3つの条件について詳しく紹介していきます。

これからファクタリングで資金調達しようとお考えであれば、ぜひチェックしておきましょう。

売掛債権を譲渡していないこと

1つ目の条件は「売掛債権を譲渡していないこと」です。

1つの売掛債権に対して譲渡は1回のみになります。

同じ売掛債権を二重譲渡したり、過去に譲渡したことのある売掛債権を再びファクタリングで利用することはできないのです。もしも譲渡済の売掛債権を譲渡しようとした場合、詐欺罪に問われる可能性もありますので注意しましょう。

譲渡禁止特約を交わしていないこと

2つ目の条件は「譲渡禁止特約を交わしていないこと」です。

売掛債権の中には、売掛債権と譲渡禁止特約を交わしている場合があります。

譲渡することを禁止されている売掛債権をファクタリングで利用することはできないので、事前に確認しておきましょう。

売掛先の信用力が高いこと

3つ目の条件は「売掛先の信用力が高いこと」です。

ファクタリングで利用する売掛債権の売掛先の信用力が、著しく低い場合にはファクタリングの審査で落とされる可能性が高くなります。暴力団関係者や起業直後のベンチャー企業では信用力が低いと言えるでしょう。

なるべく付き合いの長い売掛先で、社会的信用力の高い売掛債権を用意すべきです。

OLTA

企業におすすめ!即日資金調達できる優良店5選

ファクタリング会社はどこを利用すべき?

上記のように、ファクタリング会社選びにお困りではありませんか?

ファクタリング会社の中には「企業向き」「個人事業主向き」「個人向き」とわかれており特徴があります。企業の資金調達として利用するのであれば、企業向きのファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

今回は、企業向きファクタリング会社で即日利用できる優良店を5つ紹介します。

  • OLTA
  • アクセルファクター
  • 株式会社NO.1
  • 事業資金エージェント
  • ウィット

上記5つの中でも企業におすすめなファクタリング会社は「OLTA」です。

さっそく5つのファクタリング会社について紹介していきましょう。

OLTA

OLTA

注目ポイント

個人でも利用OK!Web完結で即日資金調達ができる!

  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号 QCcube南青山115ビル3階
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

OLTAはWebサイト上で必要書類を提出後、24時間以内に審査が完了します。
審査後は、OLTAへ来店する事なくWeb上で手続きを終えることが可能です。

さらに債権譲渡登記をする必要が無いので、無駄な資金調達コストを抑えることが出来ます。
個人事業主でも、下限上限なく利用する事が可能です。素早く!簡単に手続きを終わらせたい!そんな時にはOLTAをオススメします。

OLTAの公式サイトを見る

アクセルファクター

アクセルファクター

注目ポイント

業界最速スピードでキャッシュフローの改善に役立つ!

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

株式会社NO.1

株式会社No.1

注目ポイント

建設業特化型ファクタリング!

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

事業資金エージェント

事業資金エージェント

注目ポイント

手数料1.5%の業界最安水準

  • 株式会社モンキーパッド
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

ウィット

株式会社ウィット

注目ポイント

最小30万円からOK!

  • 株式会社ウィット
  • 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階
  • 03-6380-2277

ウィットは業界内でも珍しい「小口専門」のファクタリング会社です。

最小30万円から利用することができ、非対面式(来店不要)で即日利用することができます。小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。

ウィットの公式サイトを見る

OLTA

まとめ

ファクタリングは企業の資金調達に向いている?

上記について、詳しく解説してきました。

ファクタリングは最短即日で資金調達することができ、銀行融資に通りづらい中小企業・零細企業でも問題なく活用することができます。今すぐ事業資金を何とかしたい!このような非常事態にファクタリングを利用することで、借金をせずにキャッシュフローの改善に役立てることができるでしょう。

OLTA