フリーランスのファクタリング!資金調達におすすめの理由と選び方

フリーランス ファクタリング

フリーランスでもファクタリリングが利用できるのか?

上記のように、フリーランスでも利用できるファクタリング会社をお探しではありませんか?

ファクタリング会社を選べば、フリーランスでもファクタリングによる資金調達が可能です。

また、ファクタリングはフリーランスにとって、おすすめの資金調達方法とも言えます。

詳しく解説していきましょう。

1:フリーランス必見!ファクタリングがおすすめな理由

ファクタリングは、フリーランスにとっておすすめの資金調達方法と言えます。

フリーランスは、法人などと比べても資金調達がしづらいのが特徴です。

融資などはもちろん、カードローンであっても審査に落ちることがあります。また、カードローンの場合は事業資金に使用できない可能性も高いです。

そんな中、ファクタリングなら売掛債権を保有していれば、かんたんに資金調達を行うことができます。

どのような方法で資金調達を行うのか、詳しく紹介していきましょう。

1-1:フリーランスのファクタリング

フリーランスでも利用できるファクタリングとは?

どのような方法で資金調達を行うのか、詳しく紹介していきます。

ファクタリング フリーランス方法
ファクタリングとは、あなたが保有している売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで早期資金化する方法です。

売掛債権とは、代金を支払ってもらう権利のことを指します。

例えば、フリーランスのあなたがクライアントの案件を請負契約(仕事の完成を約束し、その結果に対し後払いで報酬が支払われる契約)で仕事をしたとしましょう。その際に発生する代金を請求できる権利が「売掛債権」です。

この売掛債権をファクタリング会社へ譲渡することで、支払い期日前に売掛金(売上)を早期資金化することができます。

日本の営業取引は、ほとんどが掛け取引です。

請求書さえあれば利用できるため、フリーランスでも比較的利用しやすい資金調達方法と言えるでしょう。

anew

2:ファクタリング!5つのメリットと3つのデメリット

フリーランスがファクタリングを使うと、どんなメリットがあるの?

はじめてのファクタリング、利用する前にメリットやデメリットを把握したいですよね。

フリーランスがファクタリングで資金調達を行うメリットは5つデメリットは3つあります。

  • メリット
  • ① スピードが異常に早い
  • ② 第三者に知られずに使える
  • ③ 税金・保険料の滞納中でもOK
  • ④ 保証人・担保は不要
  • ⑤ ブラック入りしていてもOK
  • デメリット
  • ① 手数料がかかる
  • ② 取扱いが少ない
  • ③ 審査に通りづらい

上記5つのメリット・3つのデメリットについて詳しく紹介していきます。

ファクタリングを検討中であれば、ぜひ参考にしてください。

2-1:5つのメリット

フリーランスがファクタリングをする5つのメリットを紹介します。

メリット1:スピードが異常に早い

1つ目のメリットは、スピードが異常に早いという点です。

ファクタリングは、最短即日で資金調達を行うことができます。このスピードの早さは、銀行融資・ビジネスローンと比べても圧巻の早さと言えるでしょう。

  • 明日までに現金が必要
  • 今日中に資金を集めないとヤバい

上記のような、緊急性が求められる場合にもファクタリングは活用することができます。

メリット2:第三者に知られずに使える

2つ目のメリットは、第三者に知られずに使える点です。

2社間ファクタリングという取引方法を利用すれば、クライアントなどに知られずにファクタリングを行うことができます。

資金調達をしていることがバレると「資金繰りが悪いのかな?」「もしかして倒産するの?」このようなマイナスなイメージが付きやすくなるでしょう。

ファクタリングなら、このようなマイナスイメージを抱かせずに内密に資金調達を行うことができます。

メリット3:税金・保険料の滞納中でもOK

3つ目のメリットは、税金・保険料の滞納中でもOKという点です。

ファクタリングの審査において、重要視されるのは取引先の支払い能力となります。

  • 売掛金を支払える能力があるか
  • 企業との信頼性が高いのか

上記のポイントが最も見られるため、多少あなたが税金・保険料を滞納していても関係ないのです。

税金・保険料を滞納していて融資を断れた、このような場合にもファクタリングは活用できます。

メリット4:保証人・担保は不要

4つ目のメリットは、保証人・担保は不要という点です。

ファクタリングは借入ではありません。売掛債権の譲渡または売買契約にあたるため、保証人や担保を用意する必要が無いのです。ファクタリング契約時に保証人・担保を用意するよう要求された場合には、悪徳業者である可能性があります。

利用しないよう注意しておきましょう。

メリット5:ブラック入りしていてもOK

5つ目のメリットは、ブラック入りしていてもOKという点です。

あなたの信用情報がブラック入りしている場合でも、ファクタリング契約に大きな影響はありません。

クライアントの信用・返済能力が高ければ、ファクタリングは利用することが可能です。

※ 給料ファクタリングの紹介ではありません。

2-2:3つのデメリット

フリーランスがファクタリングを利用する3つのデメリットを紹介します。

デメリット1:手数料がかかる

1つ目のデメリットは、手数料がかかるという点です。

ファクタリングの手数料は、平均5%~20%ほどかかります。

銀行融資やビジネスローンと比べると、ファクタリングの手数料は割高です。

短期間で頻繁に利用すると、資金繰りがかえって悪化する可能性もあります。手数料が高いということを頭に入れ、単発的な資金調達方法として活用するようにしましょう。

関連記事:独断と偏見!?ファクタリング会社が手数料を決める3つの違いと4つの要素

デメリット2:取扱いが少ない

2つ目のデメリットは、取扱いが少ない点です。

ファクタリング会社が多数存在する中、フリーランスの取扱いは少ない傾向があります。

フリーランスは、法人が利用できる第三者対抗要件の債権譲渡登記を行うことができないからです。

売掛金の未回収リスクが高いため、ファクタリング会社での取扱いが少ない傾向があります。

関連記事:ファクタリングの第三者対抗要件!契約方法で変わる2つの方法と費用

デメリット3:審査に通りづらい

3つ目のデメリットは、審査に通りづらい点です。

フリーランスは、ファクタリング会社から下記のようなイメージを持たれています。

  • 収入が安定していない
  • 継続的な取引案件がない
  • 売掛債権の金額が少額

上記のような、マイナスイメージから法人よりも審査が厳しい傾向があるのです。

ファクタリングを利用する際には、フリーランスを積極的に受け入れているファクタリング会社を利用しましょう。

anew

3:フリーランス向け!ファクタリング会社の選び方

フリーランスを取扱いの対象としているファクタリング会社は少ないです。

安全かつスムーズに利用するためには、ファクタリング会社の選び方がポイントとなります。

フリーランスがファクタリング会社を選ぶ際のポイントは、3つあります。

  • 利用できるファクタリング会社か?
  • 利用可能な下限額であるか?
  • 悪質な違法業者ではないか?

上記3つのポイントについて詳しく紹介していきましょう。

ファクタリング会社選びにお悩みであれば、ぜひ3つのポイントをチェックしてみて下さい。

3-1:利用できるファクタリング会社か?

1つ目のポイントは、利用できるファクタリング会社かどうかです。

ファクタリング会社では、利用対象者を定めている場合があります。

  • 法人のみ利用可能
  • 法人・個人事業主が利用可能

フリーランスの場合には、法人のみ利用対象者としているファクタリング会社を利用する事は不可能です。

申込前に、フリーランスが利用できるファクタリング会社か事前にチェックしておきましょう。

3-2:利用可能な限度額であるか?

2つ目のポイントは、利用可能な限度額であるか?という点です。

ファクタリング会社の多くは、利用限度額を定めています。

〇〇万円~〇〇〇〇万円まで利用OK!と記載されているので、ご自身の利用希望額に合っているか確認して下さい。

利用下限額よりも少ない金額を買取してもらうことは出来ません。利用要件にマッチしているファクタリング会社を利用しましょう。

3-3:悪質な違法業者ではないか?

3つ目のポイントは、悪質な違法業者ではないか?という点です。

ファクタリング会社の中には、残念ながら悪質な違法業者が存在します。

ファクタリング会社と名乗りながら、実質的な実態はヤミ金を運営している会社などです。

このような違法業者を利用してしまうと、法外な手数料を搾取されたり違法な取り立て被害に遭う可能性があります。

  • 契約方法が借入ではないか
  • 保証人・担保を要求されないか
  • 架空の電話番号・住所ではないか
  • 運営会社は実在するのか

上記の4点を必ず確認し、利用前には口コミや評判をチェックしてください。

ファクタリングは本来安全な資金調達方法です。安心して利用するために、優良なファクタリング会社を利用してください。

関連記事:ファクタリングはNOT違法!悪徳業者を見破るコツと2つの判例

anew

4:イチ押し!フリーランスのファクタリング会社5選

フリーランスが利用しやすいファクタリング会社ってどこ?

沢山のファクタリング会社から、フリーランスに特化したファクタリング会社を探すのは一苦労です。

素早く利用するために、フリーランスも利用できるファクタリング会社を5社紹介します。

  • 事業資金エージェント
  • アクセルファクター
  • OLTA
  • トップ・マネジメント
  • フリーナンス

上記5つの中でも、イチ押しは事業資金エージェントです。

2社間ファクタリングに特化し、大手に負けない手数料の安さを実現しています。

さっそく5つのファクタリング会社について紹介していきましょう。

4-1:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • アネックス株式会社
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-6432-4469

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

4-2:アクセルファクター

アクセルファクター

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

4-3:OLTA

OLTA

  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号QCcube南青山ビル3階
  • 03-5843-0488
  • 手数料2%~9%

OLTAは、はやい・かんたん・リーズナブルがコンセプトのファクタリング会社です。

手数料が2%~9%と安いだけでなく、インターネット上で手続きが完結するクラウドファクタリングを提供しています。

独自のAIスコアリング審査によって、最短24時間以内に資金調達することが可能です。面談・来社の必要がないため、忙しいあなたでもスキマ時間に申込することができるでしょう。

とにかくインターネットでかんたんに利用したい!このような場合には、無料で使える「かんたん査定」をお試しください。

OLTAの公式サイトを見る

4-4:トップマネジメント

トップマネジメント

  • 株式会社トップ・マネジメント
  • 東京都千代田区鍛治町1-4-3竹内ビル2階
  • 0120-36-2005
  • 手数料:3.5%~12.5%

トップ・マネジメントは、信頼性が高い顔の見えるファクタリング会社です。

日本で初めて2社間ファクタリングを始めた会社でもあるトップ・マネジメントは、サポート力と信頼性が高い会社と言えるでしょう。商工会議所の会員でもあり、元警察官・元税理士など高レベルのスタッフが多数在籍しています。

「ファクタリングって何だか怖い」このような不安をお持ちであれば、トップ・マネジメントで安全なファクタリングを利用しましょう。ファクタリング以外にも、資金繰りでお困りであれば無料のコンサルティングも活用してみてください。

トップ・マネジメントの公式サイトを見る

4-5:フリーナンス

フリーナンス

  • GMOクリエイターズネットワーク株式会社
  • 東京都渋谷区桜丘町26番1号セルリアンタワー
  • 電話サポートなし

フリーナンスは、フリーランスと個人事業主のための「お金と保険」をサポートするサービスです。

ファクタリングはもちろん、フリーランス特化型のあんしん保証を無料で利用することができます。

登録しておくと、仕事中の事故などが原因で起こった損害をフリーナンスが保証してくれるのです。ファクタリングサービスも最短即日で利用でき、使えば使うほど手数料が安くなります。登録しておいて損はないサービスでしょう。

フリーナンスの公式サイトを見る

anew

まとめ

フリーランスのファクタリングについて紹介してきました。

フリーランスにとって、ファクタリングはおすすめの資金調達方法です。

フリーランスでも比較的かんたんに利用でき、審査に通りやすい特徴があります。

資金調達にお困りであれば、ファクタリングという選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

anew