知って得する資金調達!銀行の融資以外で現金を得る6つの方法

資金調達 融資以外

銀行からの融資以外で資金調達したい。

上記のように銀行からの融資以外で資金調達をする方法が知りたいとお考えでは無いでしょうか。

企業が資金調達しようと考えた際に、一番最初に思いつくのが銀行からの融資です。しかし銀行からの融資には、現金が手に入るまで時間がかかります。さらには審査が厳しく資金調達に成功できる可能性は100%ではないのです。

  • 銀行からの融資を受けられない・・・
  • 即日で資金調達したい

上記の様な経営者の悩みを解決すべく、銀行からの融資以外の資金調達方法について詳しく紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

資金調達プロで無料相談してみる /
資金調達プロの公式サイトを見る

融資以外で資金調達をする6つの方法

街並み

「銀行からの融資以外で資金調達する方法は無いの?」

全ての企業や経営者が銀行から融資を受けられるとは限りません。しかし事業を実施する上で必然的に資金調達は必要となるでしょう。

資金調達方法には、銀行融資以外にも6つの方法があります。

6つの方法を活用して、銀行に頼らない資金調達を実施してみましょう。6つの資金調達方法を紹介します。

  • 増資
  • ファクタリング
  • 私募債
  • クラウドファンディング
  • 助成金・補助金
  • 資産売却

上記6つの中でも最も理想的な方法と言えるのが、増資による資金調達です。

あなたの事業計画に賛同し資金を投資されるので、大型の資金調達を行うこともできます。

さっそく6つの資金調達方法について、詳しく紹介していきましょう。

増資

1つ目の方法は増資による資金調達方法です。

増資とは株式を新たに発行することで資金を調達する方法で、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家などから投資を受けることで資金調達することができます。ベンチャー企業などの実績がない運営歴の短い企業だと、銀行から融資を受けるのは非常に難しいです。

しかしベンチャーキャピタルやエンジェル投資家からの投資なら、実績がなくても事業計画に対し成長性が見込まれれば資金調達することができます。さらには経営ノウハウや必要な人脈とのつながりも提供してもらうことができ、事業成長スピードを一気に早めることができるでしょう。

ベンチャー企業やスタートアップなど、成長スピードを重視したい場合には増資による資金調達方法がおすすめです。

しかしベンチャーキャピタルやエンジェル投資家から資金調達することによって、経営の自由度が下がったり大きなプレッシャーを受ける可能性があり注意が必要でしょう。ベンチャーキャピタル等の投資について、詳しく知りたい場合には下記の記事をご覧ください。

関連記事:ベンチャーキャピタル(VC)に潜む3つのリスク&確認すべき3つの事項

ファクタリング

2つ目の方法はファクタリングです。

ファクタリングは借りない資金調達方法と言われており、中小企業の資金調達方法として知名度がグングン上がってきている資金調達方法となっています。ファクタリングは、自社が保有している売掛債権をファクタリング会社へ売却・譲渡することによって売掛金を期日前に早期回収する方法です。未来に入ってくる予定の売掛金を早めに資金化するだけなので、利息や返済の心配をする必要もありません。さらには2社間取引という方法を使えば、取引先にも資金繰りが悪いということを知られずに資金調達することが可能です。

最短即日で資金調達することができ「今すぐに現金が必要!」という非常事態でも実用的に利用することができます。

ファクタリングしたいかも?という場合には、おすすめのOLTAへ問い合わせてみると良いでしょう。

手数料2%~9%と非常に安く、ネット完結で取引することが可能です。

OLTAへ問合せてみる

関連記事:【初心者向け】ファクタリングとは?最短1日で資金調達できる方法

私募債

3つ目の方法は私募債です。

私募債はあまり知られていませんが、実はベンチャー企業などが気軽に実施することのできる資金調達方法となっています。

私募債とは、募集人数50人以下の少人数に発行する社債になります。社債よりも手続きが簡単で、中小企業やベンチャー企業などの小規模企業でも私募債を発行することが可能です。私募債で資金調達するには、取締役会等を開き「このようにキャッシュフローを改善するので、お金を貸してください」と募集します。ごく少数から資金調達するので、信頼関係や応援してもらえるような関係者から資金を調達することが可能です。

中小企業・ベンチャー企業は、私募債を発行することでかんたんに資金調達を行うことができます。

私募債の資金調達方法を知らなかった!という場合には、ぜひ1つの資金調達方法として覚えておくと良いでしょう。

クラウドファンディング

4つ目の方法はクラウドファンディングです。

クラウドファンディングは、インターネット上で不特定多数の出資者から資金を調達することができます。実績や運用歴は関係なく、あなたのプロジェクト次第で資金調達できるか否かが決まるのです。そのため、銀行の融資では通貨しないようなプロジェクトでもクラウドファンディングなら資金調達することができます。いかに魅力的なプロジェクトで賛同してもらえるかが資金調達のカギとなるのです。

また、クラウドファンディングはネット上で誰でも始めることができます。気軽に取り組めるという点でも、ベンチャー企業や中小企業は行う価値があるのではないでしょうか。しかし、必ずしも資金調達できるとは限りません。その点に注意して実施してみると良いでしょう。

クラウドファンディングについて詳しく知りたい場合には、下記の記事をご覧ください。

関連記事:クラウドファンディング8つの注意点!失敗しないコツを種類別に紹介

助成金・補助金

5つ目の方法は助成金・補助金です。

国や自治体から貰える返済不要の助成金や補助金は、事業スピードを加速させる効果的な資金調達方法と言えます。助成金なら受給要項を満たすだけで、誰でも助成金を受け取ることが可能です。一方で補助金は、受給要項を満たし審査に通過する必要があります。

助成金・補助金は非常に魅力的な資金調達方法ですが、必要となる書類作成に時間や手間がかかり緊急時の資金調達方法としては活用できないでしょう。さらに助成金・補助金は、原則後払いとなるので、一旦は自社で事業費用を負担する必要があります。

助成金・補助金の内容をしっかりと理解した上で利用する必要があるでしょう。

関連記事:5分で分かる!助成金3つのメリットと最低限知っておきたい2つの事

資産売却

6つ目の方法は資産売却です。

資産価値のある不動産や車などを売却することで資金調達することができます。資金繰りが悪化しどこからも資金調達できないという場合には、資産を売却する手段も覚えておきましょう。利息や返済を気にせず、手っ取り早く資金調達することができます。

OLTA

融資以外で資金調達するメリット・デメリット

Macbook

銀行の融資以外で資金調達をすると、どんな良いことがあるの?反対に悪いことはあるの?

上記のように、銀行融資以外の資金調達においてメリット・デメリットが知りたいとお考えではないでしょうか。

銀行融資以外の資金調達において、3つのメリットと3つのデメリットがあります。

  • メリット
    ① 即日で資金調達できる
    ② 返済義務が無い
    ③ 負債にならない
  • デメリット
    ① 手数料が高い
    ② 資金調達できない可能性
    ③ 自由な経営ができない可能性

上記のメリットとデメリットは全ての資金調達に該当するわけではありません。

どのような資金調達で発生するメリット・デメリットなのか詳しく紹介していきましょう。

3つのメリット

銀行融資以外で資金調達をする3つのメリットを紹介します。

① 即日で資金調達できる

銀行融資では実際に現金が手に入るまで1ヶ月以上の時間が必要です。
しかしファクタリングなどの資金調達方法を使えば、即日で資金調達をすることもできます。
「直ぐに支払わなければヤバイ」「今すぐ現金を用意しなきゃ」という中小企業・ベンチャー企業の悩みにも対応することが可能です。

② 返済義務が無い

融資以外の資金調達であれば、基本的に返済義務の無い資金調達方法が多くなっています。増資、ファクタリング、クラウドファンディング、助成金・補助金、資産売却は、全て原則として返済する必要がないのです。資金調達における利息や返済期限の心配をする必要なく、気軽に資金調達することができます。

③ 負債にならない

返済義務の無い資金調達方法は、負債では無いですよね。そのため貸借対照表(バランスシート)をスリム化することができ、資金調達後の取引や銀行などへ悪影響を与える心配がありません。負債を作りたくないという場合にも、融資以外の資金調達方法を活用すると良いでしょう。

3つのデメリット

銀行融資以外で資金調達をする3つのデメリットを紹介します。

① 手数料が高い

銀行からの融資は金利が安く、年利2%前後でお金を借りることが可能です。
一方でファクタリングの場合には、一回の利用で10%~20%ほどの手数料がかかります。実用的に使えるファクタリングですが、資金調達コストは非常に高いのです。ファクタリング以外にも、クラウドファンディングであれば平均10%~20%のシステム利用料が必要となります。融資以外の資金調達方法は、基本的に資金調達コストが高いということを覚えておきましょう。

② 資金調達できない可能性

資金調達方法すべてに言えることですが、資金調達が確実にできるという保証はありません。もしかすると資金調達できないかもしれないと常に予測し、他の資金調達方法も検討しておきましょう。

③ 自由な経営ができない可能性

融資以外の資金調達方法を行うことで自由な経営ができなくなる可能性があります。

例えばベンチャーキャピタルからの資金調達であれば、投資を受けた企業は上場もしくはM&A等で企業価値を上げる必要があるのです。そのためベンチャーキャピタル側は、短期間で上場・M&Aさせるべく経営に口出しをしてくるケースが多くなっています。そうすると今までの自由な経営は出来なくなり、経営しづらくなる可能性があるでしょう。資金調達方法によっては、経営方針を変える必要も出てくる可能性があるのです。

OLTA

3:資金繰りの改善はファクタリング!優良会社5選

どの資金調達方法を使うか悩むな・・・。

上記の様な場合で、資金繰り(キャッシュフロー)の改善を目的とするのであればファクタリングがおすすめです。売掛金を早期回収することで、運転資金へ充てることができます。そんなもしもの事態に備え、実用的に活用できるファクタリング会社を5つ紹介しましょう。

  • 資金調達プロ
  • OLTA
  • アクセルファクター
  • アクティブサポート
  • ビートレーディング

上記5つの中でも、おすすめはOLTAです。OLTAなら最短即日で資金調達することができ、手数料も最大9%まで抑えることができます。どのファクタリング会社にしようかお悩みの場合には、ぜひ一度OLTAを利用してみると良いでしょう。

上記5つのファクタリング会社について、詳しく紹介していきます。

資金調達プロ

資金調達プロ

注目ポイント

ファクタリング会社を一括比較できる巨大ポータルサイト!無料のかんたん診断ができる!

  • 株式会社セレス
  • 東京都世田谷区用賀4丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
  • 080-9537-5797

資金調達プロは、ファクタリング会社ではありません。

おすすめする理由はただ1つです。資金調達プロでは1,000以上の提携事業者の中から、あなたにピッタリな優良業者を紹介してくれるサイトとなっています。最短10秒の無料診断に申し込むと、実績のあるコンサルタントからメールが届くのです。

メール内には、調達できる資金の目安・おすすめの優良会社と理由について書かれています。
おすすめ会社に申込をしたい場合には、担当コンサルタントが直接連絡を取りスムーズに取引を行うことが可能です。

東証一部上場企業の株式会社セレスが運営しており、安心してサービスを利用することができるでしょう。

ファクタリング会社を比較する1つの手段として、資金調達プロを活用してみるのも良い方法と言えます。

資金調達プロの公式サイトを見る

OLTA

OLTA

注目ポイント

個人でも利用OK!Web完結で即日資金調達ができる!

  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号 QCcube南青山115ビル3階
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

OLTAはWebサイト上で必要書類を提出後、24時間以内に審査が完了します。
審査後は、OLTAへ来店する事なくWeb上で手続きを終えることが可能です。

さらに債権譲渡登記をする必要が無いので、無駄な資金調達コストを抑えることが出来ます。
個人事業主でも、下限上限なく利用する事が可能です。素早く!簡単に手続きを終わらせたい!そんな時にはOLTAをオススメします。

OLTAの公式サイトを見る

アクセルファクター

アクセルファクター

注目ポイント

業界最速スピードでキャッシュフローの改善に役立つ!

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

アクティブサポート

アクティブサポート

注目ポイント

柔軟な対応が特徴!簡易審査もOK

  • 株式会社アクティブサポート
  • 東京都豊島区東池袋3-9-12ニットービル9階
  • 0120-595-095

アクティブサポートは、2017年設立と運営歴は浅いものの基盤のしっかりとしたファクタリング会社です。柔軟な対応が特徴的で、希望があれば審査状況に応じて債権譲渡登記不要で利用することができます。

また、最短即日で利用することができ緊急時の資金調達にも活用することができるしょう。さらには通帳コピーと請求書を提出すれば、簡易的な審査を受けることもできます。まずは電話やメールで問い合わせてみましょう。

アクティブサポートの公式サイトを見る

ビートレーディング

ビートレーディング

注目ポイント

最短即日12時間!必要書類は3点だけでOK!

  • 株式会社ビートレーディング
  • 東京都港区芝大門1丁目2-18 野依ビル3階
  • 0120-97-9559
  • 手数料2%~

ビートレーディングは、原則として債権譲渡登記の必要が無いファクタリング会社です。

申込から入金まで最短即日(12時間)で行うことができ、金額は無制限で利用することが出来ます。
また、土日祝日を除き30分以内に審査結果を出してくれるのです。

忙しい状況でもスピーディに取引することができ、出張買取・郵送契約にも対応しています。

どのファクタリング会社を利用すれば良いか分からない・・・そんな時は利用者の多いビートレーディングがオススメです。

ビートレーディングの公式サイトを見る

OLTA

まとめ

融資以外の資金調達方法について詳しく紹介してきました。

資金調達方法は銀行からの融資以外にも様々な方法があり、実用的に活用することが可能です。銀行融資の審査に落ちてしまったからといって資金調達を諦めないでください。資金調達には用途に沿った様々な方法があるということを覚えておきましょう。

OLTA