【比較表】ファクタリングとビジネスローン!7つの違いと選択基準

ファクタリング ビジネスローン 違い

ファクタリングとビジネスローンの違いが知りたい!

上記のように、どちらの方法で資金を調達するかお悩みではありませんか?

ファクタリングとビジネスローンは、全く別の資金調達方法です。

どちらも資金調達する手段である事に変わりはありませんが、ご自身の状況によって利用すべき方法が異なります。

主な違いを、最初にお伝えしましょう。

  • ビジネスローン:【借入である】長期的な資金繰り改善を検討
  • ファクタリング:【借入ではない】短期的な資金繰り、急ぎの資金調達

今回は、ファクタリングとビジネスローンの違いについて紹介していきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

1:ファクタリングとビジネスローン!7つの違い【比較表】

ファクタリング ビジネスローン
対応可能金額 数十万円~数億円 ~1000万円
資金調達にかかる費用 買取手数料
司法書士報酬
登録免許税
出張費
事務取扱手数料
印紙代
損保関連費用
割引手形取引手数料
金利
審査基準 売掛先の信用重視
決算が悪くても柔軟審査可能
債務内容重視
赤字債務超過企業の審査は厳しめ
取引先への通知 2社間:原則無し
3社間:あり
なし
返済期間 1~2カ月 1カ月~10年
支払い方法 期日一括 分割
期日一括
残高スライド
追加資金・調達 売掛金があれば検討可能 場合による
担保 不要 不要
保証人 不要 第三者保証人不要

ビジネスローンとファクタリングの違いを比較したい!

上記のように、お考えであれば上記の表をご覧ください。

どのように違うのか細かく知りたいという場合のために、7つの違いを紹介します。

  • ①対応可能な金額
  • ②スピード
  • ③金利(手数料)
  • ④資金調達コスト
  • ⑤審査基準
  • ⑥取引先への通知
  • ⑦返済期間

上記7つの項目ごとに、それぞれ違いについて紹介していきましょう。

1-1:対応可能な金額

1つ目の違いは、対応可能な金額についてです。

  • ファクタリング:数10万円~数億円
  • ビジネスローン:~1000万円

ファクタリングは、お持ちの売掛債権の金額が上限となります。

対応可能な金額は、ファクタリング会社により異なりますが億単位の取引も可能です。

一方でビジネスローンは、数万円の少額借入から数千万円まで利用することができます。

ビジネスローンの利用可能金額は、あなたの会社の事業規模や経営内容によって変動するでしょう。

1-2:スピード

2つ目の違いは、スピードについてです。

ファクタリングとビジネスローンでは、スピードに大きな違いはありません。

  • ファクタリング(2社間):即日~3日
  • ビジネスローン(ノンバンク):即日~3日

どちらも即日ないし3営業日ほどで資金調達が可能です。

ただし、ファクタリングの3社間を利用した場合は、1週間~3週間ほど時間がかかります。

また、銀行のビジネスローンを使用した場合は、1日~数ヶ月かかるでしょう。

素早く利用したい場合には、2社間ファクタリングやノンバンクのビジネスローンを使用する必要があります。

1-3:金利(手数料)

3つ目の違いは、金利(手数料)についてです。

ファクタリングは借入ではないため、金利ではなく手数料がかかります。

  • ファクタリング(2社間):2%~20%
  • ビジネスローン(ノンバンク):8%~18%

2社間ファクタリングとノンバンクのビジネスローンで比較すると、そこまで大きな違いはありません。

場合によっては、ファクタリングの方が手数料が安くなる場合もあるでしょう。

1-4:資金調達コスト

4つ目の違いは、資金調達にかかる費用についてです。

ファクタリングとビジネスローン、それぞれでかかる可能性のある費用について紹介します。

ファクタリング ビジネスローン
手数料
債権譲渡登記の費用
金利
印紙代
事務取扱手数料
担保関連費用
割引手形取立手数料

ファクタリングは、手数料の他に債権譲渡登記費用がかかる場合があります(2社間ファクタリングの場合)

ビジネスローンの場合は、細かい手数料等がかかります。中でも担保関連費用は、数十万円かかる可能性もあるでしょう。

手数料等を安く抑えたい場合には、ファクタリングの方がおすすめと言えるでしょう。

1-5:審査基準

5つ目の違いは、審査基準についてです。

ファクタリングとビジネスローンでは、審査の対象が異なります。

  • ファクタリング:売掛先の信用力を重視
  • ビジネスローン:あなたの財務状況を重視

ファクタリングの審査で大切なポイントは、売掛先の信用力です。売掛先の経営状態が一定基準を満たしていれば、利用者が赤字企業・税金滞納中であっても利用することができます。

一方でビジネスローンは、あなたの会社の財務状況が審査の対象です。

赤字企業や債務超過である場合、審査に通過するのは難しくなるでしょう。

1-6:取引先への通知

6つ目の違いは、取引先への通知です。

ファクタリングとビジネスローン、基本的にどちらも取引先へ通知はしません。

ただし、3社間ファクタリングを利用した場合は取引先への通知・承諾が必要ですので注意しましょう。

1-7:返済期間

7つ目の違いは、返済期間についてです。

  • ファクタリング:1ヵ月~2ヵ月
  • ビジネスローン:1ヵ月~10年

ファクタリングは、1ヵ月~2ヵ月などの短い期間に原則一括払いで返済する必要があります。

一方で、ビジネスローンは最長10年の長いスパンで返済を行うことが可能です。

返済方法は、一括払い・分割払い・残高スライドなど様々な方法があります。

長期間かけて資金繰りを改善したい場合には、ビジネスローンがおすすめです。

anew

2:ファクタリングの2つのメリット

パソコン
ファクタリングを利用するメリットは何だろう?

ビジネスローンではなく、ファクタリングを利用するメリットは2つあります。

  • 審査が緩い
  • 決算書の見た目が良くなる

上記2つのメリットについて、詳しく紹介していきいましょう。

2-1:審査が緩い

1つ目は審査が緩いという事です。

ビジネスローンは、自社の信用力が不足していると判断されると審査は通りません

しかし、ファクタリングは融資ではなく売掛債権の譲渡です。利用する企業の信用力ではなく、売掛先の信用力が重要となります。そのため、赤字決済・税金滞納中であってもファクタリングを利用することが可能です。

2-2:決算書の見た目が良くなる

2つ目は決算書の見た目が良くなることです。

ファクタリングに使用する売掛金は「資産」となります。しかし、売掛金が多いと売掛先の倒産リスクなどの理由から、現金化するまでは銀行などから良い印象を受けません。

売掛金の金額が多い場合、銀行等から回収不能なものが含まれているのではないか?と印象が悪くなってしまうのです。

ファクタリングを行い、売掛金を現金にすることで、貸借対照表の見た目を良くすることができます。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

関連記事:ファクタリング3つの仕訳方法!オフバランス化で得られるメリット

anew

3:ビジネスローンの2つのメリット

クレジットカード
ファクタリングではなく、ビジネスローンを使用するメリットはあるのかな?

ファクタリングではなく、ビジネスローンをあえて使用した方が良い場合もあります。

ビジネスローンを使用するメリットを2つ紹介しましょう。

  • 低金利
  • 入出金が自在

上記2つのメリットについて、詳しく紹介していきます。

3-1:低金利

1つ目は、金利が低金利な点です。

ファクタリングは借入ではなく、手数料がかかります。以下の表で金利を比較してみましょう。

ファクタリング ビジネスローン
2社間:5~20%
3社間:1~5%
5~15%

ファクタリングは返済期間が1ヵ月~2ヵ月と短いため、大きな差がないように見えますよね。

しかし年利計算してみると、ファクタリングの年利は120%以上です。

利息負担という意味では、ビジネスローンの方が優れています。

3-2:入出金が自在

2つ目は入出金が自在なことです。

ローンカードを使えば、銀行ATM やコンビニATMで枠の範囲内を24時間365日、何度でも借入・返済が可能です。

カードローンと同じ仕組みで使えるので、利便性がとても高いと言えます。

また、枠だけを持つ分にはコストが一切掛からないのです。

借入できる枠だけ持っていて、必要分のみ一時借り入れし、すぐに完済するといった使い方も出来るでしょう。

anew

4:どっちを選ぶ?4つの選択基準

「ファクタリングとビジネスローンどっちを利用すればいいの?」

上記のように、お悩みの場合のために、選択基準を4つ紹介します。

  • ①売却できる売掛債権があるか?
  • ②審査に通るか?
  • ③最短即日融資が必要か?
  • ④すぐに完済できるか?

上記4つの選択基準に沿って、どちらを選ぶべきか検討してみましょう。

4-1:売却できる売掛債権があるか?

1つ目は、売却できる売掛債権があるかないかです。

  • 売掛債権がある→ファクタリング・ビジネスローン
  • 売掛債権がない→ビジネスローン

売掛債権がないとファクタリングは利用できません。

そのため、売掛債権がない場合はビジネスローンのみ選択可能です。

4-2:審査に通るか?

2つ目は、融資の審査に通るかどうかです。

  • 審査が通らない可能性が高い→ファクタリング
  • 審査に不安がない→ファクタリング・ビジネスローン

あなたの会社の財務状況が悪い場合には、審査基準の厳しいビジネスローンを利用することはできません。

下記のような状況の場合、ビジネスローンの審査に通らない可能性が高いため、ファクタリングを選ぶべきでしょう。

  • 赤字決済
  • 税金未納
  • リスケ中
  • 債務整理中

4-3:最短即日融資が必要か?

3つ目は、最短即日融資が必要かどうかです。

  • 即日融資が必須条件→ファクタリング
  • 即日融資が必須条件ではない→ビジネスローン

即日中に資金調達したい!とお考えであれば、迷わずファクタリングを選びましょう。

ファクタリング会社によっては、数時間で資金調達することができます。

時間がある場合には、金利の安いビジネスローンがおすすめです。

4-4:すぐに完済できるか?

4つ目は、すぐに完済できるかどうかです。

  • すぐに完済できるめどがある→ビジネスローン
  • すぐに完済できるかわからない→ファクタリング

すぐに完済できる目途が立っていれば、ビジネスローンを使用しましょう。

ビジネスローンは借入です。決算まで持ち越してしまうと、今後の銀行融資などに悪影響を及ぼす可能性があります。

完済目途が立っている場合には、ビジネスローンを使用するのが最善と言えるでしょう。

anew

まとめ

ファクタリングとビジネスローンの違いについて紹介してきました。

  • ビジネスローン:【借入である】長期的な資金繰り改善を検討
  • ファクタリング:【借入ではない】短期的な資金繰り、急ぎの資金調達

主に上記のような違いがありますが、最後にもう一度お伝えしておきましょう。

ファクタリングは、急ぎの資金調達に向いています。売掛債権がある場合には、負債とならないファクタリングはおすすめと言えるでしょう。一方でビジネスローンは金利が安く、長期的な資金繰り改善に向いています。

ぜひ検討してみてください。

anew