クラウドファンディング投資のメリット/デメリットと2つの運用方法

クラウドファンディング 投資
クラウドファンディングで投資するメリットって何?

上記のように、クラウドファンディングで投資するメリットが知りたいとお考えですか?

クラウドファンディングを用いて投資をするメリットは、4あります。

  • 投資額よりも大きいリターンがもらえる
  • 少額から投資可能
  • 運用が比較的簡単
  • 社会的に貢献できる

「投資」を考える場合、やはり金銭的なメリットが大きいのは嬉しいですよね。

しかし、クラウドファンディングで投資をすると金銭的のみならず、社会的なメリットがあります。

前半では、上記4つのメリットを解説していきましょう。

後半では、クラウドファンディングで投資をする2つのデメリット2つの運用方法、オススメの3つのクラウドファンディングサイトを紹介していきましょう。

関連記事:【クラウドファンディング】今日から投資家デビュー!やり方を解説

1:クラウドファンディングで投資する4つのメリット

メリット
クラウドファンディングで投資すると金銭面のみならず、社会的なメリット等幅広いメリットがあります。

この章では、上記を踏まえた4つのメリットを解説していきましょう。

  • 投資額よりも大きいリターンがもらえる
  • 少額から投資可能
  • 運用が比較的簡単
  • 社会的に貢献できる

それでは、上記4つを紹介していきましょう。

1-1:投資額よりも大きいリターンがもらえる

クラウドファンディング 投資 仕組み
1つ目のメリットは、「投資額よりも大きいリターンがもらえる」ことです。

「金銭的」なリターンを求め、クラウドファンディングの投資についてお考えでしょうか?

クラウドファンディングの投資では、サイトによっては5~8%の利回りを狙うことができます。銀行の預金や通常の借入等に比べて、高い利回りで資産運用できる可能性があるのです。

さらに、投資先がIPOやM&Aなどをした場合、大きなリターンに期待することができます。

将来有望な企業の株をいち早く取得したい!

上記のような場合は、投資先のプロジェクトを見定めて投資されてみてはいかがでしょうか。

1-2:少額から投資可能

2つ目のメリットは、「少額から投資可能」なことです。

初めての投資で、20万円や50万円などの大きい額での投資は抵抗がありますよね。

融資型・投資型クラウドファンディングであれば、おおむね1万円からの投資が可能です

各クラウドファンディングサイトで最低投資金額は異なりますが、少ない資金で将来有望の未上場企業の株主になれるチャンスがあります。

初めは少ない資金で、投資をスタートしてみたい!

上記のようにお考えでしたら、ぜひクラウドファンディングサイト内にあるプロジェクトを見てみてはいかがでしょうか。

1-3:運用が比較的簡単

3つ目のメリットは、「運用が比較的簡単」なことです。

クラウドファンディングの投資って難しいのかな。

FXのように、株価や為替の動向等の経済状況を念入りにチェックする必要がある場合、とても時間と手間がかかります。

しかし、クラウドファンディングで投資をする場合は上記のように、運用に手間がかからないのです。

クラウドファンディングには、主に2種類の投資方法があります。

  • 投資型クラウドファンディング
  • 融資型クラウドファンディング

クラウドファンディングサイトで、プロジェクトを選び支援すれば、運用期間が終わるまで待つのみです。

上記2種類の運用方法を、本記事の3章にて詳しく紹介します。

3章:クラウドファンディングの投資!2つの運用方法

1-4:社会的に貢献ができる

4つ目のメリットは、「社会的に貢献できる」ことです。

クラウドファンディングには、社会的な貢献ができる事業・プロジェクトがあります。

社会貢献性の高いプロジェクトの例として、2つのプロジェクトを紹介していきましょう。

  • 【新型コロナウイルス】ウガンダ農村部に石鹸と手洗いを届けたい

クラウドファンディング 新型コロナ
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、ウガンダ共和国農村部に「石鹸」を使った「手洗い」環境を届ける緊急支援プロジェクトになります。

このプロジェクトの概要を紹介していきましょう。

概要

目的:手洗いをする環境が未整備になっているウガンダの農村部の人々を感染症から救いたい

取組

  • 400世帯へ石鹸を提供
  • 診療所に手洗い装置を設置
  • 住民への衛生指導を実施

リターン

  • お礼のメール
  • HPに名前掲載
  • プロジェクト報告会に招待

参考URL:【新型コロナウイルス】ウガンダ農村部に石鹸と手洗いを届けたい

  • 障がいを抱える人達が楽しく生き生きと働ける場所を作りたい!!

クラウドファンディング 社会貢献
「働く場所がない」「働きたくても働けない」障がいを持っている方に楽しく生き生きと働ける場所を提供するプロジェクトになります。

このプロジェクトの概要を紹介していきましょう。

概要

目的:働きたきたくても働けない障がいを持っている方に働ける場所を提供したい

取組:施設/建物のバリアフリー化

リターン

  • サンクスメール
  • 請負作業の商品+物販商品の3点セット
  • 活動報告書
  • オリジナルTシャツ

参考URL:障がいを抱える人達が楽しく生き生きと働ける場所を作りたい!!

上記2つのプロジェクトのように、経済的な支援のみならず社会的な支援・貢献ができることができます。

有意義な投資がしたい!

上記のようにお考えでしたら、社会貢献性の高いプロジェクトに投資してみてはいかがでしょうか。

anew

2:クラウドファンディングで投資をする2つのデメリット

リスク
クラウドファンディングで投資をするデメリットが知りたい!

上記のように、クラウドファンディングで投資をする際のデメリットが知りたいとお考えですか?

そこでこの章では、クラウドファンディングで投資をする2つのデメリットを紹介していきます。

  • 応募が混み合う
  • 分配金が変動しやすい

さっそく上記2つのデメリットを紹介していきましょう。

2-1:応募が混み合う

1つ目に紹介するデメリットは、「応募が混み合う」ことです。

1章のメリットで紹介したように、高いリターンが望める投資案件や、条件の良い投資案件は募集が多数寄せられ、募集に間に合わない可能性があります。

中には、募集して間も無く締め切りとなってしまい、応募できなかったケースもあるのです。

条件の良い案件の募集は、一刻1秒を争う可能性があるということを念頭に置いておきましょう。

関連記事:【クラウドファンディング×資産運用】2つの方法と運用サイト10社

2-2:分配金が変動しやすい

2つ目に紹介するデメリットは、「分配金が変動しやすい」ことです。

支援したプロジェクト次第では、高いリターンが望める反面、元割れする可能性があります。

未上場企業は、上場企業に比べ、倒産や貸し倒れのリスクがあるのは事実です。

クラウドファンディングでの投資を検討される場合は、プロジェクト内容が明確か、きっちりとした将来のビジョンを持っているかを重視してプロジェクトを選びましょう。

anew

3:クラウドファンディングの投資!2つの運用方法

クラウドファンディング 運用
クラウドファンディングには、主に2種類の投資方法があります。

  • 投資型クラウドファンディング
  • 融資型クラウドファンディング

上記2種類のクラウドファンディングで投資する際の流れを、簡潔に紹介していきましょう。

3-1:投資型クラウドファンディングの運用方法

投資型クラウドファンディングでの運用方法を紹介していきます。

投資型クラウドファンディングでは、3つのステップだけで運用することが可能です。

  1. 案件(プロジェクト)を選ぶ
  2. 指定された口座に入金する
  3. 分配金・配当金を待つ

投資型クラウドファンディングでは、売却などのプロセスがないため、一度投資をすれば、運用期間が終了するのを待つのみとなります。

とにかくすぐに投資を始めてみたい!

上記のような場合に、すぐに始められる投資型クラウドファンディングを検討してみてはいかがでしょうか。

3-2:融資型クラウドファンディングの運用方法

融資型クラウドファンディングでの運用方法を紹介していきます。

融資型クラウドファンディングでは、投資型と同じく3つのステップだけで運用することが可能です。

  1. 案件(プロジェクト)を選ぶ
  2. 指定された口座に入金する
  3. 利子/元金返済を待つ

融資型クラウドファンディングでは、投資型と同様に、相場の値動きや経済状況を常にチェックする必要がありません。

投資について全然知らない…

融資型クラウドファンディングでは、上記のような場合でも、簡単な投資が可能と言えるでしょう。

楽に投資がしたいとお考えでしたら、融資型クラウドファンディングで投資してみてはいかがですか。

anew

4:3つの投資型クラウドファンディングサイトを紹介

クラウドファンディング サイト
投資が可能な、クラウドファンディングサイトが知りたい!

上記のように、投資に特化したクラウドファンディングサイトが知りたいとお考えですか?

そこでこの章では、3つの投資型クラウドファンディングサイトを紹介していきます。

  • セキュリテ
  • 開花 KAIKA
  • FUNDINNO

さっそく上記3つの投資型クラウドファンディングサイトを紹介していきましょう。

4-1:セキュリテ

セキュリテ
1つ目に紹介するのは、「セキュリテ」です。

セキュリテは、社会的な価値を追求する投資家におすすめのサイトとなります。

セキュリテの2つの特徴を紹介していきましょう。

  • 一口数万円の少額から投資できる
  • 経済的な価値と社会的な価値両方を追求している

環境問題や貧困問題に関連したプロジェクトを取り扱っています。

ぜひ社会問題の解決に貢献したい!

上記のようにお考えでしたら、ぜひ一度サイトを見てみてはいかがでしょうか。

セキュリテの公式サイトを見る

4-2:開花 KAIKA

開花 KAIKA
2つ目に紹介するのは、「開花 KAIKA」です。

開花 KAIKAは、西日本の地域活性化に特化しているサイトとなります。

開花 KAIKAの3つの特徴を紹介していきましょう。

  • 西日本の若者・女性をはじめとした地域活性化プロジェクトが豊富
  • 投資型のみならず、購入・寄付型クラウドファンディングも展開
  • 地域密着型のクラウドファンディング

中国・九州地方等の西日本の地域活性化プロジェクトに投資したい!

上記のようにお考えでしたら、ぜひ一度プロジェクトを見てみてはいかがでしょうか。

開花 KAIKAの公式サイトを見る

4-3:FUNDINNO

FUNDINNO
3つ目に紹介するのは、「FUNDINNO」です。

FUNDINNOは、株式会社クラウドキャピタルがリリースした株式投資型のクラウドファンディングサイトとなります。

FUNDINNOの2つの特徴を紹介していきましょう。

  • 高いリターンを求める投資家が多数いる
  • プロの投資家が投資しているプロジェクトが豊富にある

FUNDINNOでは、プロジェクトの審査が厳正に行われています。

そのため、プロジェクトの成功率が比較的高いと言えるでしょう。

元割れリスクが不安…

上記のようにお考えでしたら、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

FUNDINNOの公式サイトを見る

anew

まとめ

クラウドファンディングで投資する4つのメリット2つのデメリット、後半では2つの運用方法3つのクラウドファンディングサイトを紹介してきました。

高いリターンが期待できるメリットがある反面、元割れなどのリスクがあることも念頭に置いておくことが大切です。

クラウドファンディングで投資をする場合は、プロジェクト内容や将来性があるかどうかを重視するよう心がけましょう。

anew