ファクタリングの全てが解る!経営者へ本当におすすめしたい優良店7選

ファクタリング

ファクタリングとは、企業が有する売掛債権の買取を行い、売掛債権の管理・回収を行う金融サービスの総称です。ファクタリングを利用すると、売掛金の早期回収が可能となり資金繰り改善に役立てることができます。

ファクタリングについて詳しく知りたい!とお考えではありませんか?

ファクタリングは、入金待ちの売掛金(請求書)を買取りしてもらうことで、売掛金の早期現金化が可能です。銀行融資を受けることができない、赤字企業負債を抱えている中小企業でも利用することができます。

本記事では、ファクタリングの仕組み・種類や注意点について詳しく紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1:5分で分かる!ファクタリングの仕組みを図解で解説

PC
ファクタリングは、最短即日から利用することのできる資金調達方法です。

銀行融資に比べ審査基準がやさしいため、中小企業・個人事業主でも利用することができます。そんなファクタリングの仕組みは、2つの取引方法によって異なります。

ファクタリングは、上記2つの方法ごとに仕組みが異なるのです。

さっそく2つの取引方法ごとに、仕組みについて詳しく解説していきます。

1-1:2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリングの仕組みについて紹介しましょう。

2社間ファクタリング利用者(あなた)ファクタリング会社の2社間で行う取引になります。

2社間ファクタリング 仕組み

2社間ファクタリングでは、売掛先が直接関わることがありません。

そのため、売掛先にファクタリング利用していると知られる可能性が低いのです。

2社間ファクタリングのメリット・デメリットについては、下記をご覧ください。

メリット

  • 最短即日で資金調達OK
  • 取引先への承諾不要
  • 利用ハードルが低い

デメリット

  • 手数料が高い
  • 売掛先にバレる可能性もある
  • 大手では利用NG

1-2:3社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリングの仕組みについて紹介しましょう。

3社間ファクタリング利用者(あなた)ファクタリング会社売掛先の3社間で行う取引方法です。

3社間ファクタリング 仕組み

3社間ファクタリングは、売掛先に債権譲渡の承諾を得る必要があります。

また、④では売掛金の支払いを売掛先はファクタリング会社へ行う必要があるのです。

売掛先から承諾を得る必要があるため、2社間ファクタリングに比べると利用するハードルが高くなります。

3社間ファクタリングのメリット・デメリットについては、下記をご覧ください。

メリット

  • 手数料が安くなる
  • 売掛金回収の手間がなくなる

デメリット

  • 現金化まで時間がかかる
  • 売掛先の承諾が必要

anew

2:ファクタリング5つの種類

マグカップ
ファクタリングには種類がある?

ファクタリングには、大きく分けて5つの種類があります。

上記5つの種類ごとに特徴・利用する目的が異なってくるのです。

ご自身の事業内容、目的に合わせて利用するファクタリング種類を選ぶ必要があります。

2-1:一括ファクタリング

一括ファクタリングとは、すべての手続きを一括してファクタリング会社へ依頼することのできるファクタリングサービスです。

売掛債権を買取り、買取代金を支払う一般的なファクタリングサービスに加え、一括ファクタリグでは下記4つの業務を委託することができます。

  • 与信調査
  • 請求書の送付
  • 売掛金の回収
  • 売掛金の入金確認
  • 支払い催促

一括ファクタリングは、3社間ファクタリングでの取引が基本です。

一括してファクタリング業務を任せることによって、利用者は本業へ専念することができます。また、売掛金の未回収リスク等も回避することが可能です。

2-2:買取ファクタリング

買取ファクタリングとは、中小企業でも利用しやすいファクタリングサービスです。

  • 未回収リスクの軽減
  • 売掛金の早期現金化
  • 売掛債権のオフバランス化

買取ファクタリングによって、上記メリットを得ることができます。

ファクタリング資金調達の目的で活用したい場合には、買取ファクタリングを利用すべきです。

2-3:保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、売掛金の支払いを保証するファクタリングサービスになります。「保険」と同じようなサービスと考えて問題ないでしょう。

保証ファクタリング資金調達を目的とせず、売掛金の未回収リスクを回避する目的で使用されます。

与信が不安な取引先との取引で、保証ファクタリングを活用すれば売掛金を保証会社が保証してくれるのです。

万が一、売掛先が倒産しても保証枠内であれば、売掛金を保証会社から受け取ることができます。

関連記事:保証ファクタリングは100%保証!?売掛金の未回収リスクを軽減する方法

2-4:医療報酬ファクタリング

医療報酬ファクタリングとは、診療報酬債権の買取を行うファクタリングサービスです。

医療報酬は、基本的に国保・社保に対して請求を行います。国保・社保へ医療報酬を請求した場合、報酬が現金化されるまでに通常2ヵ月~3ヶ月時間がかかるのです。

医療報酬ファクタリングを利用すれば、資金化までのスパンを最短即日まで短縮することができます。

  • 診療報酬債権
  • 介護報酬債権
  • 調剤報酬債権

上記3つの債権は、すべて医療報酬ファクタリングの利用が可能です。

関連記事:診療報酬ファクタリングで資金不足を打破する!仕組みと10の業者

2-5:国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、海外の取引先で発生した売掛金を回収するためのファクタリングサービスになります。

国際ファクタリングは売掛金の回収はもちろん、取引先の与信調査まで行うことが可能です。

そんな国際ファクタリングは、一般的な取引方法とは若干異なります。

上記4つの企業が国際ファクタリングでは関わってくるのです。

関連記事:国際ファクタリングで未回収リスクを0%にする!仕組みと特徴を解説

anew

3:ファクタリング利用前に読むべし!3つの注意点

炎
ファクタリング利用時に注意すべき点はある?

ファクタリングは気軽に利用でき、実用性の高い資金調達方法ですが、利用時には注意点が3つあります。

  • 手数料が高い
  • 100%秘密にはできない
  • 違法業者が存在する

上記3つの注意点は、ファクタリングを利用する前に必ず確認しておきましょう。

さっそく注意点について詳しく紹介していきます。

3-1:手数料が高い

1つ目の注意点は、手数料が高いという点です。

ファクタリングは、柔軟性の高い審査方法と資金調達までのスピードが魅力的な資金調達方法となっています。しかし、ファクタリング利用時に発生する手数料には注意が必要です。

ファクタリングの手数料は、銀行融資と比較すると非常に高く設定されています。

ファクタリングの手数料を、年利計算してみると年利100%以上です。

ファクタリング取引は、「売掛債権の譲渡契約」となっています。利息制限法などの規定がなく、業者が自由に手数料を設定することが可能です。1度きりの利用だとしても、決して安くない手数料となっています。

高頻度の利用はかえって資金繰り悪化の可能性があり、注意が必要です。

関連記事:独断と偏見!?ファクタリング会社が手数料を決める3つの違いと4つの要素

3-2:100%秘密にはできない

2つ目の注意点は、100%秘密にはできないという点です。

2社間ファクタリングを利用すれば、大体の場合は売掛先にファクタリングの利用を知られずに売掛金を早期現金化することができます。

しかし多くのファクタリング会社では、2社間ファクタリング利用時に債権譲渡登記を行うのです。

債権譲渡登記を行った場合、100%秘密にはファクタリング取引を行うことはできません。

債権譲渡の記録が登録されるため、調べれば誰でも譲渡したと分かるのです。売掛先が債権譲渡の記録を確認する可能性は極めて低いですが、ファクタリングの利用が発覚する可能性もあるということを覚えておきましょう。

関連記事:ファクタリングと債権譲渡2つの違い!登記の理由とオススメ業者3選

3-3:違法業者が存在する

3つ目の注意点は、違法業者が存在するという点です。

ファクタリングは、最近になって流行りだした資金調達方法になります。

そのため、法的制限が整っていないのが現状です。ファクタリング事業を行う上で必要なものは「資金」だけになります。

誰でも参入できるファクタリング業者の中には、いわゆる「ヤミ金」のような違法業者が存在します。

利用時には甘い言葉に惑わされず、優良店を利用するようにしましょう。

関連記事:【最新版】ファクタリング会社ランキングTOP10!優良店5つの選び方

anew

4:ファクタリングを検討すべき5つの状況

PC
ファクタリングを利用している会社って、どんな会社?

ファクタリングは、請求書の未納金を早期回収できるサービスです。どんな状況の場合に利用したら良いのか5つの状況を紹介しましょう。

  • 銀行融資を受けられない場合
  • 負債を作りたくない場合
  • 深刻なキャッシュ不足
  • 早急に現金が必要な場合
  • 資金繰りが悪いと思われたくない場合

上記5つのような場合に、ファクタリングは活用することが可能です。

なぜ上記5つの様な状況でファクタリングを検討すべきなのか、理由を紹介していきます。

4-1:銀行融資を受けられない場合

銀行融資を断られたり、担保にできる固定資産等が無い場合には、ファクタリングを利用することで資金調達することが可能です。

創業したての中小企業やベンチャー企業などが、銀行などから融資を受けるのは非常に難しいと言えるでしょう。しかし経営していく中で、資金は必ず必要となります。そんな時、ファクタリングなら審査なしで利用することが可能です。

ファクタリングにも審査はありますが、審査対象は取引先(売掛先)の経営状況が重要視されます。そのため、たとえ自社(あなたの会社)の運営歴が浅かったり融資を受けられない状況でもファクタリングを利用することが可能です。

関連記事:ファクタリングは融資ではない!12個の違いとメリットを最大化する5社

4-2:負債を作りたくない場合

負債を作りたくないという場合にも、ファクタリングは活用することができます。

ファクタリングは借入ではなく、売掛債権の譲渡または売買契約です。

そのためファクタリングを利用しても、貸借対照表に負債として記載されることはありません。

今後、融資を受ける可能性がある場合や、これ以上の負債を増やしたくない場合にもファクタリングは利用することが可能です。

関連記事:ファクタリングの勘定科目は売上債権売却損!4つの段階別仕訳方法

4-3:深刻なキャッシュ不足

あ、運転資金がショートするかも・・・

経営者にとって、運転資金のショートは非常に深刻な問題です。

深刻なキャッシュ不足に直面した場合でも、入金待ちの請求書(売掛債権)があればファクタリングでキャッシュ(現金)を増やすことができます。深刻なキャッシュ不足に直面した段階で、融資を申し込んでも遅いです。

運転資金がショートしそうな状況であれば、直ぐさま利用できるファクタリングを利用する方が賢明と言えるでしょう。

関連記事:請求書買取サービスで資金繰りが改善する!?高く売る4つの秘訣

4-4:早急に現金が必要な場合

明日までに現金を作らなければ!

上記の様な場合にも、ファクタリングは活用することが可能です。ファクタリングは、最短即日で現金を手に入れることができます。

また、今では来店不要で利用できるクラウドファクタリングというサービスもあり、ファクタリング会社に出向く時間を短縮して効率的に活用することが可能です。

4-5:資金繰りが悪いと思われたくない場合

取引先に資金繰りが悪いと思われたくないな・・・

取引先に資金繰りが悪化していると思われたくありませんよね。

ファクタリングの2社間ファクタリングを利用すれば、取引先や周囲にバレずに資金を調達することが可能です。

自社(あなたの会社)とファクタリング会社の2社で取引を行い、内密に現金を調達することができます。

anew

5:ファクタリング利用の流れ!7つの手順で紹介

PC
ファクタリングを利用する際の流れが知りたい!

上記のように、実際の流れについて把握しておきたいとお考えではありませんか。

会社経営の資金調達において、1秒でも遅れれば命取りになることも考えられるでしょう。ファクタリングの流れを把握しておくことで、資金調達までのスピードをアップすることが可能です。事前に確認しておきましょう。

  • 手順1:申込
  • 手順2:必要書類提出
  • 手順3:審査
  • 手順4:面談
  • 手順5:契約実行
  • 手順6:買取金額の入金
  • 手順7:売掛金の回収と送金

上記7つの手順に沿って、詳しく流れについて紹介していきます。

手順1:申込

イラスト アイコン

1つ目の手順は申込です。

  • Webサイト
  • 電話
  • 郵送
  • 来店

ファクタリング会社により異なりますが、主に上記4つの方法から申込を行うことができます。ご自身のスケジュールや都合に合わせて、最適な方法を選びましょう。

手順2:必要書類提出

書類 イラスト
2つ目の手順は、必要書類の提出です。

申込後、ファクタリング会社へ申込のための必要書類を提出します。

主に必要となる書類は5つです。

  • 身分証明書
  • 通帳コピー
  • 直近の決算書
  • 成因資料
  • 納税証明書

何を要求されても素早く提出できるよう、上記5つの書類は用意しておきましょう。

手順3:審査

3つ目の手順は、審査です。

必要書類提出後、ファクタリング会社にて売掛先の調査が行われます。

  • 帝国データバンクのデータベース照会
  • 債権譲渡登記情報
  • 法人登記情報

ファクタリング審査では、主に売掛先の経営状態等がチェックの対象です。

売掛金の踏み倒し・未回収リスクの低い、信頼性の高い売掛先だと審査通過率が高くなります。

手順4:面談

4つ目の手順は、面談です。

多くのファクタリング会社では、面談が必要になります。

面談では、利用者の人柄がチェックの対象です。

  • この人と契約して大丈夫か?

ファクタリング契約を安心して結ぶことのできる人物であるということをアピールしましょう。

手順5:契約実行

5つ目の手順は、契約実行です。

審査通過後、ファクタリング会社と契約を結びます。

契約時には、新たに提出すべき書類が増えるので準備しておきましょう。

法人

  • 会社謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の実印(社判)

個人事業主

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 実印

手順6:買取金額の入金

6つ目の手順は、買取金額の入金です。

指定した口座へ、手数料が差し引かれた買取代金が入金されます。

手順7:売掛金の回収と送金

7つ目の手順は、売掛金の回収と送金です。

2社間ファクタリングの場合は、売掛金の回収を行う必要があります。

売掛金支払い期日に、売掛先から売掛金が支払われたらファクタリング会社へ忘れずに送金しましょう。

※3社間ファクタリングを利用した場合は、売掛先が直接ファクタリング会社へ売掛金を支払うため回収の必要はありません。

anew

6:ここで決まり!優良ファクタリング会社7選

ファクタリング会社って、どこが良いのか分からない…。

上記のように、ファクタリング会社でお悩みですよね。

インターネットで検索すると、ファクタリング会社は数えきれないほど存在します。

今回は、私が自信をもってオススメできる優良店を7つ紹介しましょう。

  • 事業資金エージェント
  • アクセルファクター
  • ウィット
  • anew
  • 株式会社NO.1
  • アクティブサポート
  • ⑦ ビートレーディング

上記7社の中でも、一番のおすすめは事業資金エージェントです。

事業資金エージェントは最短3時間で利用でき、来店不要で利用することができます。

さっそく上記5つのファクタリング会社について詳しく紹介していきます。

6-1:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • 株式会社モンキーパッド
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

6-2:アクセルファクター

アクセルファクター

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

6-3:ウィット

株式会社ウィット

  • 株式会社ウィット
  • 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階
  • 03-6380-2277

ウィットは業界内でも珍しい「小口専門」のファクタリング会社です。

最小30万円から利用することができ、非対面式(来店不要)で即日利用することができます。小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。

ウィットの公式サイトを見る

6-4:anew

anew

  • anew合同会社
  • 東京都千代田区外神田3丁目12番8号
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

anewは、新生銀行とOLTAが届ける新しいファクタリングサービスです。

法人専用のファクタリングサービスとなっており、数百万円~数千万円規模の大口案件に特化しています。24時間ネット上で受付・手続きを行うことができ、いつでも利用することが可能です。

手数料は2%~9%と業界最安水準で提供されており、2社間ファクタリングでも資金調達コストをかけずにファクタリングを利用することができます。中小企業・小規模事業者であれば、anewを利用しない手はないと言えるでしょう。

anewの公式サイトを見る

6-5:株式会社NO.1

株式会社No.1

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

6-6:アクティブサポート

アクティブサポート

      • 株式会社アクティブサポート
      • 東京都豊島区東池袋3-9-12ニットービル9階
      • 0120-595-095

アクティブサポートは、2017年設立と運営歴は浅いものの基盤のしっかりとしたファクタリング会社です。柔軟な対応が特徴的で、希望があれば審査状況に応じて債権譲渡登記不要で利用することができます。

また、最短即日で利用することができ緊急時の資金調達にも活用することができるしょう。さらには通帳コピーと請求書を提出すれば、簡易的な審査を受けることもできます。まずは電話やメールで問い合わせてみましょう。

アクティブサポートの公式サイトを見る

6-7:ビートレーディング

ビートレーディング

      • 株式会社ビートレーディング
      • 東京都港区芝大門1丁目2-18 野依ビル3階
      • 0120-97-9559
      • 手数料2%~

ビートレーディングは、原則として債権譲渡登記の必要が無いファクタリング会社です。

申込から入金まで最短即日(12時間)で行うことができ、金額は無制限で利用することが出来ます。
また、土日祝日を除き30分以内に審査結果を出してくれるのです。

忙しい状況でもスピーディに取引することができ、出張買取・郵送契約にも対応しています。

どのファクタリング会社を利用すれば良いか分からない・・・そんな時は利用者の多いビートレーディングがオススメです。

ビートレーディングの公式サイトを見る

anew

まとめ

最近話題の「ファクタリング」について詳しく紹介してきました。

ファクタリングは、未回収の売掛債権(請求書)を早期現金化することのできる画期的な資金調達方法です。支払い期日を待たずに現金化することができるため、資金繰りの改善にも役立てることができます。

さらに融資では無いため、赤字・負債がある場合でも請求書があれば利用することが可能です。

今回紹介した、アクセルファクターならファクタリング後の資金繰りについてもアドバイスが可能です。うまく活用して、経営を軌道に乗せていきましょう。

anew