ファクタリングの取引方法|5分で分かる図解と優良店を紹介

ファクタリング 取引

ファクタリングの取引方法について知りたい!

ファクタリングの取引方法(仕組み)について知りたいと、お考えではありませんか?

ファクタリングは、下記のような状況に活用できる資金調達方法です。

  • 先月の売上さえ入金されれば…
  • 銀行は大事な時に融資をしてくれない…

ファクタリングを使えば、売掛金を早期現金化することができます。

そんなファクタリングの取引方法について、詳しく紹介していきましょう。

資金調達にお困りであれば、中小企業庁も推奨しているファクタリングを検討してみてください。

参考:売掛債権の利用促進について|経済産業省中小企業庁

1:ファクタリング取引方法を図解で解説

ノート
ファクタリングの取引方法について詳しく知りたい!

ファクタリング(Factoring)とは、あなたが保有している売掛金をファクタリング会社が買取るサービスです。

売掛金の支払い期日前に、早期現金化することができます。未来に支払われる予定の売上を、先に回収することが可能です。

そんなファクタリングの取引方法について、図解で解説していきます。

1-1:図解で解説!取引の手順

ファクタリング 取引方法
ファクタリングは、ファクタリング会社へ手数料を支払うことで、売掛金を早期回収することができます。

上記の図を見ながら、取引方法について解説していきましょう。

  • ①御社が取引先に、売掛金を請求(請求書発行)
  • ②ファクタリング会社は、売掛金の買取代金を入金
  • ③取引先は、支払期日通りに売掛金を支払う
  • ④支払われた売掛金をファクタリング会社へ送金

ファクタリング取引の主な流れは、上記の通りです。

これから入る予定の売掛金を、ファクタリング会社から期日前に受け取ることができます。

anew

2:ファクタリング!2種類の取引方法

工具
ファクタリングの主な取引方法について、1章で紹介しました。

実は、ファクタリングには2種類の取引方法があるのです。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

上記どちらの種類でファクタリングを利用するかによって、取引方法や得られるメリットが異なります。

2種類の取引方法ごとに、仕組みと特徴について紹介していきましょう。

2-1:スピードが魅力|2社間ファクタリング

ファクタリング 2社間ファクタリング
1つ目の種類、2社間ファクタリングの取引方法について紹介します。

2社間ファクタリングは、取引先(売掛先)を契約に関与させずに行う取引方法です。

  • ①御社が取引先に、売掛金を請求(請求書発行)
  • ②ファクタリング会社は、売掛金の買取代金を入金
  • ③取引先は、支払期日通りに売掛金を支払う
  • ④支払われた売掛金をファクタリング会社へ送金

ファクタリング会社は、取引先(売掛先)の審査を行います。ただし直接連絡は取らず、側面調査を行うためファクタリングの利用が発覚する心配は必要ないのです。

また、2社間ファクタリングは取引先が契約に関与しないため、最短即日~数日ほどで現金を手に入れることができます。

資金調達までのスピードが大事である場合、2社間ファクタリングを利用すべきと言えるでしょう。

関連記事:ファクタリングの2社間取引の特徴5選!利用すべき3つのケース

2-2:手数料が安い|3社間ファクタリング

ファクタリング 3社間ファクタリング
2つ目の種類、3社間ファクタリングの取引方法について紹介します。

3社間ファクタリングは、取引先(売掛先)が契約に関与する取引方法です。

  • ①御社が取引先に、売掛金を請求(請求書発行)
  • ②取引先へ売掛債権譲渡通知を出し、承諾を得る
  • ③ファクタリング会社は、売掛金の買取代金を入金
  • ③取引先は、支払期日通りに売掛金を「ファクタリング会社」へ支払う

3社間ファクタリングは、取引先から売掛債権譲渡の承諾を得る必要があります。取引先が契約に関わるため、手続きの手間は増えますが手数料を安く抑えることが可能です。

スピードよりも手数料を抑えたいという場合には、3社間ファクタリングをおすすめします。

anew

3:手数料に気を付けて!相場と内訳

ドル札
ファクタリングを利用する際に、必ず付きまとうのが「手数料」です。

ファクタリング会社に支払う手数料は必ず必要となり、避けて通れないポイントとなります。

そんなファクタリングの手数料は、様々な資金調達方法と比べて割高です。

  • 手数料の相場
  • 手数料の内訳

上記の2点について、詳しく紹介していきます。

3-1:手数料の相場

ファクタリングの手数料相場について紹介していきましょう。

  • 2社間ファクタリング:10%~30%
  • 3社間ファクタリング:1%~5%

上記のパーセンテージが、売掛金に対して取られる手数料の相場です。

100万円の売掛金を買取に出した場合、現金化される金額は80万円になります(手数料20%で計算)

上記の相場があるものの、手数料に関する法的規制はなくファクタリング会社次第です。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

関連記事:独断と偏見!?ファクタリング会社が手数料を決める3つの違いと4つの要素

3-2:手数料の内訳

ファクタリングの手数料に含まれている、内訳について紹介していきます。

ファクタリング手数料に含まれる、主な内訳は以下の通りです。

  1. ファクタリング会社の手数料:70,000円
  2. 債権譲渡登記費:80,000円
  3. 印紙代:20,000円
  4. 紹介費:30,000円

上記のように、ファクタリング手数料の中には様々な費用が含まれています。

※ファクタリング会社ごとに異なる場合があるでしょう。

anew

4:【全社共通】ファクタリング6の必要書類

色紙
ファクタリングを利用したいけれど、何が必要になるの?

上記のように、ファクタリング利用時の必要書類についてお悩みになる場合があるでしょう。

必要書類を準備しておくことで、スムーズに取引を進めることができます。

さっそく必要書類について紹介していきましょう。

4-1:6つの必要書類

ファクタリングの必要書類は、全部で6つあります。

  • 請求書
  • 通帳コピー
  • 決算報告書
  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 印鑑

上記6つの書類は、どこのファクタリング会社でも必ず必要となると言えるでしょう。

この他にも、請求書の実在性を示す成因資料(見積書・納品書・基本契約書など)を出す必要がある場合があります。

参考:ファクタリングに必要な書類|アクセルファクター

anew

5:ファクタリングと銀行融資!3つの違い

新聞 英語
ファクタリングと銀行融資の違いが分からない。

上記のように、まだ融資との違いが分からないとお悩みではありませんか?

ファクタリングと融資との違いは、大きく分けて3つあります。

  • 審査の違い
  • かかる時間の違い
  • 手数料の違い

上記3つの違いについて、ファクタリングと融資を比較していきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

5-1:審査の違い

1つ目の違いは、審査の違いです。

融資の場合、審査で注目されるのは借り手の信用力になります。信用情報機関への照会はもちろん、経営状態なども大きく関わってくるでしょう。そのため創業したばかりの会社や赤字企業、税金滞納をしている会社は融資を受けづらいです。

一方でファクタリングの場合、審査で注目されるのは取引先の売掛金支払い能力になります。売掛金の支払いがきちんと行われるのか?に着目するため、ファクタリング利用者の経営状態は重要ではないと言えるでしょう。

ファクタリングなら、創業したてのベンチャー企業・赤字企業・税金の滞納企業でも利用できる可能性が高くなります。

5-2:かかる時間の違い

2つ目の違いは、かかる時間の違いです。

融資の場合、申し込み〜入金まで最短でも1ヶ月ほど時間がかかります。

一方でファクタリングの場合、申し込み〜入金まで最短即日で現金を受け取ることが可能です。

ファクタリングの魅力はスピードになります。即日中に受け取れなくても、数日ほどで現金化することが可能です。

5-3:手数料の違い

3つ目の違いは、手数料の違いです。

融資の場合、借入でかかる手数料は年間1%~2%ほどになります。

一方でファクタリングの場合、手数料は1%~30%ほどかかってしまうのです。

手数料の面で見れば、ファクタリングは資金調達コストのかかる方法と言えます。

参考:金利情報|日本政策金融公庫

anew

6:おすすめファクタリング会社ベスト5

ファクタリングを利用してみたい!

上記のようにお考えであれば、優良なファクタリング会社を利用するようにしましょう。

ファクタリング会社の中には、手数料を過剰に請求する悪質な業者が存在します。

危険な目に合わないためにも、ファクタリング会社選びは慎重に行うべきです。

今回は、わたしがおすすめする優良ファクタリング会社を5つ紹介します。

  • 事業資金エージェント
  • アクセルファクター
  • OLTA
  • トップ・マネジメント
  • anew

上記5つの中でも、おすすめは事業資金エージェントです。

手数料を抑えて利用でき、来店不要で素早く利用することができます。

そんな事業資金エージェントを含め、上記5つのファクタリング会社について詳しく紹介していきましょう。

6-1:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • アネックス株式会社
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-6432-4469

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

6-2:アクセルファクター

アクセルファクター

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

6-3:OLTA

OLTA

  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号QCcube南青山ビル3階
  • 03-5843-0488
  • 手数料2%~9%

OLTAは、はやい・かんたん・リーズナブルがコンセプトのファクタリング会社です。

手数料が2%~9%と安いだけでなく、インターネット上で手続きが完結するクラウドファクタリングを提供しています。

独自のAIスコアリング審査によって、最短24時間以内に資金調達することが可能です。面談・来社の必要がないため、忙しいあなたでもスキマ時間に申込することができるでしょう。

とにかくインターネットでかんたんに利用したい!このような場合には、無料で使える「かんたん査定」をお試しください。

OLTAの公式サイトを見る

6-4:トップマネジメント

トップマネジメント

  • 株式会社トップ・マネジメント
  • 東京都千代田区鍛治町1-4-3竹内ビル2階
  • 0120-36-2005
  • 手数料:3.5%~12.5%

トップ・マネジメントは、信頼性が高い顔の見えるファクタリング会社です。

日本で初めて2社間ファクタリングを始めた会社でもあるトップ・マネジメントは、サポート力と信頼性が高い会社と言えるでしょう。商工会議所の会員でもあり、元警察官・元税理士など高レベルのスタッフが多数在籍しています。

「ファクタリングって何だか怖い」このような不安をお持ちであれば、トップ・マネジメントで安全なファクタリングを利用しましょう。ファクタリング以外にも、資金繰りでお困りであれば無料のコンサルティングも活用してみてください。

トップ・マネジメントの公式サイトを見る

6-5:anew

anew

  • anew合同会社
  • 東京都千代田区外神田3丁目12番8号
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

anewは、新生銀行とOLTAが届ける新しいファクタリングサービスです。

法人専用のファクタリングサービスとなっており、数百万円~数千万円規模の大口案件に特化しています。24時間ネット上で受付・手続きを行うことができ、いつでも利用することが可能です。

手数料は2%~9%と業界最安水準で提供されており、2社間ファクタリングでも資金調達コストをかけずにファクタリングを利用することができます。中小企業・小規模事業者であれば、anewを利用しない手はないと言えるでしょう。

anewの公式サイトを見る

anew

まとめ

ファクタリングの取引方法について照会してきました。

ファクタリングはスピード性もあり、困った時に役立つ資金調達方法です。

その一方で、手数料が高く注意すべきポイントも多いということを覚えておきましょう。

anew