間違ってるかも!ファクタリングに適した2つの目的と不向きな活用法

ファクタリング 目的

ファクタリングって一体どのような目的で行うものなの?

上記のような疑問をお持ちではありませんか?

ファクタリングとは、ずばり「資金の調達売掛金の回収」のために用いられます。

資金の調達と売掛金の回収はどちらも企業にとって、大きな課題ですよね。

その課題を解決するための手段の1つがファクタリングになります。

今回はファクタリングの目的について、詳しく解説していきましょう。

1:ファクタリングの2つの目的

ファクタリングの「目的」って何だろう?

ファクタリングについておおまかに知ってはいるけれど、目的がイマイチわからないとお困りではありませんか?

ファクタリングを行う目的は2つあります。

  • 現金の資金繰り
  • 貸し倒れリスク

上記2つの目的について詳しく丁寧に解説していきます。

1-1:現金の資金繰り

1つ目の目的は、現金の資金繰りの改善に利用できる点です。

売掛債権をファクタリング会社へ売却することで、支払い期日よりも前に売掛金を回収することができます。

そのため、売掛金を早期現金化し事業資金などの資金繰りに充てたいとお考えの場合には、ぴったりな手段です。

1-2:売掛債権の貸し倒れリスクの回避

2つ目の目的は、売掛債権の貸し倒れリスクの回避を行える点です。

売掛債権をファクタリング会社へ売却、または保険を掛けることで、売掛金の貸し倒れリスクを回避することができます。

そのため、取引先(売却先)が倒産したとしても貸し倒れする恐れはなくなるのです。

このように、ファクタリングは現金の資金繰りと売掛債権の貸し倒れリスク回避という2つの目的に適した手段と言えるでしょう。

anew

2:ファクタリングに不向きな目的

ファクタリングなら資金繰りができる!今すぐ利用したい!

上記にように、ファクタリングに魅力を感じていますよね。

資金繰りに有効なファクタリングですが、ファクタリングに不向きな目的もあります。

最適な目的で利用するために、不向きな目的も確認しておきましょう。

  • 投資

上記の目的は、ファクタリングの目的として不向きです。

さっそく解説していきましょう。

2-1:注意!投資目的の利用

ファクタリングは「短期的」な資金繰りの改善が可能です。

投資は「長期的」なスパンでの資金繰りが必要です。

そのため、長期的な資金繰りが必要な投資を目的として利用するのは、最適な手段とは言えません。

投資目的でファクタリングを利用しよう!と判断してしまうと、資金繰りが上手くできず却って経営が苦しくなった!
なんてことになる可能性があります。

ファクタリングは、短期的な資金繰り改善の手段です。

投資目的の手段としては向かないことを理解した上で利用しましょう。

anew

3:目的別!おすすめのファクタリングの種類

ファクタリングって色んな種類があるけれど、何を選べばいいの?

上記のように、色んな種類があると悩んでしまいますよね。

多種類のファクタリングがありますが、目的に沿って選ぶのがベストです。

目的に沿ったファクタリングを2種類ご紹介します。

  • 買取型ファクタリング
  • 保証型ファクタリング

さっそく、上記の2種類を詳しく解説していきましょう。

3-1:買取型ファクタリング

買取型ファクタリングは「資金繰りに最適」なファクタリングの種類です。

最短即日で売掛金を早期回収でき、資金繰りに充てることが可能です。

そのため、資金繰りを改善したいという場合には、買取型ファクタリングを利用しましょう。

3-2:保証型ファクタリング

保証型ファクタリングは「貸し倒れリスクの回避に最適」なファクタリングの種類です。

売掛債権に対して、保険を掛けることができます。

万一取引先(売掛先)が倒産したとしても、ファクタリング会社が保証金を支払ってくれるのです。

そのため、貸し倒れリスクの回避をしたいという場合には、保証型ファクタリングを選びましょう。

関連記事:ファクタリングで売掛金が保証される!仕組みと利用すべき2つのケース

anew

4:きちんと選ぼう!2種類の契約方法

ファクタリングには、2種類の契約方法が存在します。

  • 2社間取引
  • 3社間取引

2社間取引と3社間取引の大きな違いとしては、「契約に関わる会社の数」が異なります。

違いをしっかり理解した上で、契約方法を決めましょう。

それでは、解説していきます。

4-1:2社間取引

2社間ファクタリング
2社間取引は、ファクタリングを希望する会社(あなた)とファクタリング会社の2社で取引が完了します。

ファクタリング会社に売掛債権を売却し、買取代金を受け取ります。

取引先(売掛先)から、売掛金が支払われた際にファクタリング会社に支払いを行います。

2社間取引は、取引先(売掛先)に知られることなく取引可能な契約方法です。

良い面がある一方で、ファクタリング会社に支払う手数料は3社間取引と比べ、高くなる傾向があるので注意しましょう。

2社間取引について、詳しく知りたい場合には下記の記事をご覧ください。

関連記事:ファクタリングの2社間取引の特徴5選!利用すべき3つのケース

4-2:3社間取引

3社間ファクタリング

3社間取引は、ファクタリングを希望する会社(あなた)と、ファクタリング会社、取引先(売掛先)の3社の合意を得た上で取引が行われます。

ファクタリング会社に売掛債権の譲渡をすると、取引先(売掛先)への売掛金の回収をファクタリング会社が引き継いでくれます。

売掛金の回収業務もなくなり、2社間取引に比べて手数料も安く済ませることが可能です。

良い面がある一方で、債権譲渡に関する資料作成などの手間が増えてしまいます。

また、取引先(売掛先)に資金繰りに困っている印象を与える可能性もあるので注意しましょう。

3社間取引について、詳しく知りたい場合には下記の記事をご覧ください。

関連記事:3社間ファクタリングとは?契約までの流れとメリット・デメリット

anew

5:種類別!ファクタリング利用時の注意点

ファクタリング利用時の注意点ってあるの?

実際にファクタリングを利用するとなると、不安も出てきますよね。

買取型と保証型それぞれに異なる注意点があります。

事前にしっかりと確認しておきましょう。

5-1:買取型の注意点

買取型の注意点は、契約方法により手数料が大幅に変わる点です。

2社間取引の手数料の相場は、売掛金の約10%〜30%です。

3社間取引の手数料の相場は、売掛金の約1%〜9%となります。

基本的に3社間ファクタリングの方が低くなるのです。

買取型ファクタリングを利用する場合には、複数のファクタリング会社の手数料を比較しながら契約方法を決めましょう。

5-2:保証型の注意点

保証型の注意点は、現金化が遅くなるという点です。保証型はあくまで保険です。

そのため、取引先(売掛先)の倒産が起こって初めて現金を受け取れます。

ファクタリング会社が「売掛金の回収が不可能である!」と判断しない限り、保証金は受け取れません。

保証型の中でも、ファクタリング会社によって判断基準などが異なるので事前に把握しておきましょう。

anew

6:悪徳業者に気をつけて!4つのチェックポイント

悪徳なファクタリング会社も存在するのかな?

上記のような疑問をお持ちではありませんか?

優良ファクタリング会社もありますが、利用者の想いを踏みにじろうとする悪徳業者も存在します。

危険な悪徳業者に引っかからないように、4つのチェックポイントをご紹介します。

  • 面談を拒否される
  • 住所が不明
  • 法外な手数料を提示される
  • 契約書を作ってくれない

1つずつ詳しく解説していきましょう。

6-1:面談を拒否される

1つ目は、面談を拒否される場合です。

優良ファクタリング会社では、ほとんどの場合対面での面談が行われます。

お金が関わる契約であるため、利用者の人柄も審査の過程でしっかり見るためです。

また、悪徳業者は顔バレを恐れています。

そのため、こちらが対面での面談を申し入れても拒否するでしょう。

対面での面談を拒否された時は、利用を中断してください。

6-2:住所が不明

2つ目は、住所が不明な場合です。

通常のファクタリング会社は、ホームページなどに会社の住所を掲載しています。

ホームページ自体が存在しなかったり、会社の住所が記載されていなかったりといった場合には利用しないほうが良いでしょう。何かおかしい!怪しい!と感じたら、その時点で利用を中断してください。

6-3:法外な手数料を提示される

3つ目は、法外な手数料を提示してくる会社です。

資金繰りに困っている経営者の悩みにつけこんで、法外な手数料を提示される場合があります。

手数料はファクタリング会社により異なりますが、相場より法外な手数料を提示された場合には利用を考え直しましょう。

6-4:契約書が作成されない

4つ目は、契約書が作成されない場合です。

悪徳業者の中には、契約書の作成を行わない会社も存在します。

契約時には、合意した契約内容をきちんと文書に残しておくことが重要です。

契約書の作成がなければ、契約内容について確認する術がありません。

その隙をついて、こちらの不利になるような取引内容にされてしまう危険性があります。

契約書を作成して貰えない場合は、利用をすぐに中断しましょう。

anew

7:手厚いサポート!優良ファクタリング会社5選

ファクタリングを利用したいけれど、どの会社がいいのかな?

上記のように、ファクタリング会社選びでお悩みですよね。

目的を叶えるまで、手厚いサポートをしてくれる優良ファクタリング会社5つを紹介します。

  • ① 事業資金エージェント
  • ② アクセルファクター
  • ③ OLTA
  • ④ トップ・マネジメント
  • ⑤ anew

さっそく上記5つのファクタリング会社について、詳しく紹介していきましょう。

7-1:事業資金エージェント

ファクタリング会社

  • アネックス株式会社
  • 東京都港区新橋4-9-1新橋プラザビル5F
  • 03-6432-4469

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

1.5%〜という業界最安水準の手数料で利用できます。

買取金額は、最小20万円から最大2億円までと幅広く対応してくれる優良企業です。また、500万円までの申し込みの場合は来店・面談も不要です。

最短3時間で資金調達可能なので、緊急でどうしても!という時にも利用できるでしょう。

まずは、気軽に相談・問い合わせをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

7-2:アクセルファクター

ファクタリング会社

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、スピードが速いと評判のファクタリング会社です。

「原則即日で対応」をモットーとしており、すぐに現金が必要な場合の緊急時の利用もおすすめです。

手数料は2%〜20%となっており、即日だからといって余分な要求はされません。法人だけではなく個人事業主も利用することが可能で、審査通過率は93%という高水準を保っています。

今すぐ資金調達したい!他の会社で断られてしまった!という場合は、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。

アクセルファクターの公式サイトを見る

7-3:OLTA

ファクタリング会社

  • OLTA株式会社
  •  東京都港区青山1丁目15番41号QCcube南青山1丁目15番41号
  •   03-4405-0980

OLTAは日本初のオンライン完結型のファクタリング会社です。

申し込み・査定・入金の全ての手続きがネット完結で紙の書類提出は不要です。

手数料は2〜9%とリーズナブルな価格となっており、最短24時間以内に入金可能です。

来社の必要がないので、忙しくてもスキマ時間で申し込みもできちゃいます。

インターネットでまずは査定だけしてみたい!という場合には、無料で使えるかんたん査定もホームページに掲載されています。一度お試しされてみては、いかがでしょうか?

OLTAの公式サイトを見る

7-4:トップ・マネジメント

  • 株式会社トップ・マネジメント
  • 東京都千代田区鍛治町1-4-3竹内ビル2
  • 03-3526-2005

トップ・マネジメントは、4,5000件を超える買取実績を持つ信頼性の高いファクタリング会社です。

対面での相談と提案を重視しており、手厚くサポートしてくれます。

最短即日で買取ができ、銀行営業時間外のキャッシュでの受け渡しも可能な優良企業です。

ファクタリングに不安をお持ちであれば、顔の見える安心と信頼のトップマネジメントに相談してみましょう。

トップ・マネジメントの公式サイトを見る

7-5:anew

ファクタリング会社

  •  anew合同会社
  • 東京都千代田区外神田3丁目12番8号
  • 050-3205-1008

anewは、新生銀行とOLTAが提供する新しいファクタリングサービスです。

法人向けのファクタリングサービスとなっており、24時間ネット上で受付が可能です。

全ての手続きがネット上で行えるようになっており、紙の書類提出も面談の必要もありません。
手数料はすべて込みで、業界最低水準の2〜9%で提供されています。

「面談の時間がなかなか取れない!」という場合には、申し込み・手続き・入金すべてネット上で完了するanewを使わない手はないでしょう。

anewの公式サイトを見る
 

anew

まとめ

ファクタリングの目的って一体なんなの?

上記について詳しく解説してきました。

ここでもう一度、お伝えしておきます。

ファクタリングの目的は「資金の調達」「売掛金の回収」です。

ファクタリング利用時には、目的に沿った最適なファクタリングを選択するようにしましょう。

anew