【ファクタリング】新規の新設法人におすすめ!メリットと3つの審査基準

factoring-new

新設法人でも、ファクタリングを利用できるの?

上記のように、会社を立ち上げたばかりだが資金調達をしたいとお考えではありませんか?

結論をお伝えすると、ファクタリングは新規開設した新設法人でも利用可能です。

経営状態などに関係なく、売掛金があれば利用できるため新設法人にもおすすめの資金調達方法と言えます。

新設法人や新規開設者(個人事業主)に、ファクタリングがおすすめな理由について詳しく紹介していきましょう。

1:新設法人にファクタリングをおすすめする理由

新設法人にとって、ファクタリングはおすすめの資金調達方法です。

新設法人は、銀行融資や借入れ・カードローンなどの審査に通りにくい特徴があります。

また、銀行融資の審査は3週間から1ヶ月、場合によってはそれ以上の時間がかかってしまうのです。

一方、ファクタリングであれば、審査が通りやすく最短即日での資金調達が可能となります。

  • 創業年数を理由に、融資を断られた
  • 資金調達を今すぐに行いたい

上記にような場合に、ファクタリングはぴったりの方法と言えるでしょう。

どのような流れで資金調達を行うのか、詳しく紹介していきましょう。

anew

2:新設法人におすすめ!ファクタリングの仕組み

素早く資金調達をしたい!でも、ファクタリングの仕組みが分からない。

上記のように、ファクタリングが有効な手段だと分かっていても仕組みが分からなければ不安になりますよね。

今回は、売掛先に知られずに利用できる2社間ファクタリングの仕組みについて解説していきましょう。

ファクタリングについて興味をお持ちであれば、ぜひ参考にしてみてください。

2-1:ファクタリングの仕組みを解説

ファクタリングの仕組みについて、2社間ファクタリングの方法を用いて解説していきます。

二社間 ファクタリング
ファクタリングとは、掛け取引で発生した売掛債権をファクタリング会社に譲渡して早期資金化する方法です。

掛け取引で発生する代金を売掛金、売掛金を支払ってもらう権利のことを売掛債権と呼びます。

売掛債権をファクタリング会社に売却することで、買取代金を受け取れるのです。

支払い期日に売掛先から入金された売掛金を、ファクタリング会社に送金すれば手続きは完了です。

ファクタリングは売掛債権を保有していれば利用可能なため、新設法人でも活用しやすい資金調達方法と言えるでしょう。

anew

3:新規の新設法人必見!ファクタリング5つのメリット


ファクタリングを利用するメリットって、何だろう?

上記のように、メリットを知りたいとお考えですよね。

新設法人がファクタリングを利用するメリットは5つあります。

  • スピーディーな資金調達が可能
  • 信用情報に影響がない
  • 銀行融資よりも審査が甘い
  • 赤字決算でも利用できる
  • 取引先にバレない

上記5つのメリットについて、それぞれ詳しく紹介していきましょう。

3-1:スピーディーな資金調達が可能

ファクタリング最大の魅力は、資金調達までのスピードです。

最短即日で売掛金を現金化することができます。

銀行の融資では、念入りな審査が必要となるため、ファクタリングのようにスピーディーにはいきません。

  • 今すぐ現金が必要!
  • 融資の審査を待っていられない!

上記のように、緊急性が高い場合にも、ファクタリングを活用することが可能です。

3-2:信用情報に影響がない

ファクタリングは、銀行融資やカードローンと異なり信用情報に記録が残りません。

カードローンの場合、しっかり返済したとしても利用した事実だけでマイナスの判断をする銀行も存在するのです。

信用情報に記録が残るということは、これからの経営リスクとなり得ます。

ファクタリングを利用することで、融資や借入の際にも「信用情報で審査落ちしてしまった。」という事態を避けることが可能です。

3-3:銀行融資よりも審査が甘い

ファクタリングの審査は、銀行融資に比べてハードルが低くなります。

ファクタリングと銀行融資の審査には、大きな違いが2点あるのです。

  • 審査基準となる会社
  • 担保・保証人の有無

銀行融資の場合、融資を受ける会社の信用状態が基準になります。

信用の確保のために、担保や保証人が必要なのです。

ファクタリング審査の場合、「売掛先の信用度」が基準になります。

そのため、担保や保証人も必要ありません。

3-4:赤字決算でも利用できる

赤字決算でも、ファクタリングを利用することが可能です。

銀行の場合は、赤字決算だと会社の信用力の低下により融資を受けることができません。

ファクタリングの場合は、売掛先の信用力に最も着目しています。

そのため、ファクタリングを利用する会社の経営状態はあまり重視されない傾向にあるのです

3-5:取引先にバレない

ファクタリングは、取引先に知られずに資金調達を行えます。

新規の法人の場合は、取引において会社の評判も重要となるでしょう。

ファクタリングが知られると「資金繰りが悪い会社」というマイナスイメージをもたれることもあり得ます。

2社間ファクタリングでは、売掛先に対して契約の通知・承認を得る必要はありません。

ファクタリング会社とファクタリングを利用する会社(あなた)の2社で取引が完了するのです。

ただし、3社間ファクタリングの場合には、売掛先への通知・承認が必要なので注意しましょう。

anew

4:知らないと審査落ち!重要な3つの審査基準

ファクタリングの審査は、なぜ新設の法人でも通るの?

上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

ファクタリングでは、重要な3つの審査基準を元に審査が行われています。

  • 売掛先(売掛金)の信用力
  • 売掛金の支払い期日
  • ファクタリング利用企業の信頼度

上記3つの基準を、1つずつ詳しく丁寧に解説していきましょう。

4-1:売掛先の信用力

1つ目は、売掛先の信用力です。

ファクタリング会社は売掛先の信用力を最も重視して、ファクタリング契約を結ぶか検討します。

また、売掛先の信用力により、手数料も変動するのです。

ファクタリングでは、売掛先から支払われる代金(売掛金)を利用しています。

そのため、ファクタリング会社の1番のリスクは売掛先の倒産による買取額の全損失です。

新設の法人だとしても、信用力の高い売掛先であればファクタリングの審査を通ることは出来ます。

4-2:売掛金の支払い期日

2つ目は、売掛金の支払い期日です。

ファクタリングの審査では、ずばり支払い期日までの期間が短い方が審査は通りやすくなります。

支払い期日までの期間が長いと、その間の売掛先倒産のリスクも高くなるからです。

そのため、売掛金未回収のリスクも高くなります。

複数の取引先との間に売掛金を保持している場合は、支払い期日が近い売掛金でのファクタリング利用がおすすめです。

4-3:利用企業の信頼度

3つ目は、ファクタリングを利用する会社の信頼度です。

審査では、ファクタリングを利用する会社(あなた)の信頼度も、もちろん重要となります。

2社間ファクタリングの場合、売掛先は売掛金の支払いをファクタリング利用者へ行うのです。

利用する会社(あなた)が、ファクタリング会社に売掛金を後から送金する形となります。

ファクタリング会社は、ファクタリング利用会社に対して売掛金の持ち逃げ虚偽の申告をしないかなどを懸念しています。

ファクタリングの審査では、自社の信頼度も関係することを把握しておきましょう。

anew

5:要チェック!ファクタリング利用時4つの注意点

ファクタリングを今すぐ利用したいな!

上記のように、資金調達に有効なファクタリングに魅力を感じていますよね。

しかし、利用時に注意してほしい点が4つあります。

  • 会社設立〇年以内という制限
  • 必要書類は100%提出する
  • 二重譲渡は絶対にしない
  • 審査時にウソの申告をしない

利用前に注意点をしっかり把握しておきましょう。

4つの注意点について、1つずつ解説していきます。

5-1:会社設立〇年以内という制限

ファクタリング会社の中には、設立〇年以内の法人は利用不可などの利用制限を設けている会社も存在します。

設立年数に制限を設けているファクタリング会社では、新設法人は利用できないため注意が必要です。

利用前に、ファクタリング会社ごとの契約条件をしっかり把握しておきましょう。

5-2:必要書類は100%提出する

ファクタリングの審査では、書類の提出を求められます。

必要書類に不足や不備があると、審査落ちとなる可能性が高くなるのです。

ファクタリング審査における必要書類は、ファクタリングを利用する会社(あなた)と売掛先の信用力に大きく関わります。

契約書や請求書など、要求された書類は例外なく全て提出するようにしましょう。

5-3:二重譲渡は絶対にしない

ファクタリング契約をする際には、二重譲渡を絶対にしてはいけません。

売掛債権の権利を譲渡していいのは、1つのファクタリング会社のみです。

例えば、Aファクタリング会社と契約締結後に、Bファクタリング会社の方が好条件を提示してきたとし、B社とも契約を行なったとしましょう。

この場合、A社とB社の両方の会社に売掛債権を譲渡したことになります。これが二重譲渡です。

二重譲渡を行なった場合、権利が認められなかった会社に違約金を支払う必要があります。

また、二重譲渡はれっきとした犯罪行為です。悪質だと判断された場合には、刑事告発される可能性もあります。

ファクタリング契約は、複数社の比較ののち1社のみと行いましょう。

関連記事:ファクタリングでよくある8つのトラブル!知っておきたい3つの注意点

5-4:審査時にウソの申告をしない

ファクタリング審査時に、ウソの申告をしてはなりません。

少しでも売掛債権の買取率を上げたいと願うあまり、審査時にウソの申告をしてしまうケースがあるのです。

ファクタリング会社は、ファクタリング利用者(あなた)の申告内容と信用情報期間の情報を照らし合わせ審査を行います。

審査時にウソの申告をしまうと、利用者(あなた)と会社の信用力の低下を招きます。

「ウソの申告をしたせいで、審査落ちしてしまった!」という結果になりかねないのです。

ファクタリング審査時には、事実に基づいた申告を行うようにしましょう。

anew

6:新規の法人でも利用OK!ファクタリング会社5選

新規の法人が利用しやすいファクタリング会社はあるのかな?

上記のように、ファクタリング会社選びでお悩みですよね。

新規の法人も利用できるイチオシのファクタリング会社5社を紹介します。

  • ①事業資金エージェント
  • ②アクセルファクター
  • ③OLTA
  • ④トップ・マネジメント
  • ⑤anew

上記5社の中でも、おすすめは事業資金エージェントです。

事業資金エージェントは、新設法人でも利用できる2社間ファクタリングに特化しています。

さっそく、上記5つのファクタリング会社について、詳しく解説していきましょう。

6-1:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • 株式会社モンキーポッド
  • 東京都港区新橋4-9-1新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、売掛金の入金が3ヶ月以上あれば新規の法人でも利用可能です。

また、業界内で手数料が安いと評判の会社で、1.5%〜という業界最安水準で利用できるのです。

買取金額は、最小20万円から最大2億円までと幅広く対応してくれます。

また、500万円までの申し込みの場合は来店・面談も不要です。

最短3時間で資金調達可能なので、緊急でどうしても!という際にも心強い味方となってくれるでしょう。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

6-2:アクセルファクター

アクセルファクター

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、スピードが速いと評判のファクタリング会社です。

新規の法人でも、売掛債権・請求書が発生していれば、利用可能となります。

原則即日で対応をモットーとしており、すぐに現金が必要な場合の緊急時の利用もおすすめです。

手数料は2%〜20%となっており、即日だからといって多分な要求はされません。

また、ファクタリングの審査通過率は93%という高水準を保っています。

今すぐ資金調達したい!銀行融資を断られた!という場合は、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。

アクセルファクターの公式サイトを見る

6-3:OLTA

OLTA

  • OLTA株式会社
  • 東京都港区青山1丁目15番41号QCcube南青山1丁目15番41号
  • 03-4405-0980

OLTAは、設立から1年経っており前期決算を行なっていれば、新規の法人でも利用可能です。

また、日本初のオンライン完結型のファクタリング会社になります。

申し込み・査定・入金の全ての手続きがネット完結で紙の書類提出は不要です。

手数料は2〜9%とリーズナブルな価格となっており、最短24時間以内に入金可能です。

来社の必要がないので、スキマ時間で申し込みもできちゃいます。

インターネットでまずは査定だけしてみたい!という場合には、無料で使えるかんたん査定もホームページに掲載されています。一度お試しされてみては、いかがでしょうか?

OLTAの公式サイトを見る

6-4:トップ・マネジメント

トップマネジメント

  • 株式会社トップ・マネジメント
  • 東京都千代田区鍛治町1-4-3竹内ビル2F
  • 03-3526-2005

トップ・マネジメントは成因資料のある売掛債権(※)を持っていれば、新規の法人でも利用できます。

また、4,5000件を超える買取実績を持つ信頼性の高いファクタリング会社です。

対面での相談と提案を重視しており、手厚いサポートを行なってくれます。

最短即日で買取ができ、銀行営業時間外のキャッシュでの受け渡しも可能な優良企業です。

ファクタリングに不安をお持ちであれば、顔の見える安心と信頼のトップマネジメントに相談してみましょう。

※成因資料とは、売掛先と交わした契約内容がわかる書類を指します。(発注書・注文書・見積書・納品書・請求書など)

トップ・マネジメントの公式サイトを見る

6-5:anew

anew

  • anew合同会社
  • 東京都千代田区外神田3丁目12番8号
  • 050-3205-1008

anewは、新生銀行とOLTAが提供する新しいファクタリングサービスです。

設立後1年を超えており前期決算を終えていれば、新規の法人でも利用可能となります。

法人向けのファクタリングサービスとなっており、24時間ネット上で受付が可能です。

全ての手続きがネット上で行えるようになっており、紙の書類提出も面談の必要もありません。

手数料はすべて込みで、業界最低水準の2〜9%で提供されています。

「面談の時間がなかなか取れない!」という場合には、申し込み~入金までネット上で完了するanewを使わない手はないでしょう。

anewの公式サイトを見る
 

anew

まとめ

新規の法人のファクタリングについて紹介してきました。

新規の法人にとって、ファクタリングはおすすめの資金調達方法です。

銀行融資よりも審査のハードルが低く、スピーディに資金の調達が可能という特徴があります。

資金繰りでお悩みであれば、ぜひ活用してみてください。

anew