ファクタリングの仕組みが5分でわかる!図解でかんたん解説

ファクタリング 仕組み

ファクタリングの仕組みが知りたい!

ファクタリング(Factoring)は、企業が保有している売掛債権(請求書)をファクタリング会社が買取を行う仕組みです。

ファクタリングを利用することで、売掛金を支払期日前に現金化することができます。

売掛先(取引先)が倒産した際の未回収リスクを無くし、キャッシュフローの改善に役立てることも可能です。現在では、中小企業庁や経済産業省も積極的に推奨していることもあり、中小企業の新しい資金調達方法として注目を集めています。

そんなファクタリングの仕組みについて詳しく解説していきましょう。

参考:売掛債権の利用促進について|中小企業庁

ファクタリングの仕組み!図解でかんたん解説

ファクタリングの仕組みについて紹介していきます。

ファクタリング 仕組み

ファクタリングは、保有している売掛債権(請求書)をファクタリング会社に譲渡することで売掛金を早期現金化することが可能です。ファクタリング会社へは1%~30%の手数料を支払う必要がありますが、資金調達までの時間が短く実用的に使える資金調達方法とされています。

  • 銀行融資を断られた
  • 担保・保証人を用意できない
  • 融資を待っている時間がない
  • 小口の資金が必要
  • 銀行や取引先に知られず資金調達したい

上記の様な場合に、ファクタリングを利用することで最短即日資金調達を行うことが可能です。

関連記事:【最新版】ファクタリング会社ランキングTOP10!優良店5つの選び方

OLTA

2種類ある!2社間と3社間ファクタリングの仕組み

大まかなファクタリングの仕組みについて紹介してきましたが、ファクタリングには2種類の取引方法があります。

上記2種類の取引方法は、同じファクタリングでも異なる取引方法です。

ファクタリングを行う目的に合わせて、利用すべき取引方法を選ぶ必要があります。

2種類の取引方法ごとに「仕組み」とメリット・デメリットを紹介していきましょう。

関連記事:ファクタリング8つのメリットと1円でも高く売る2つのポイント

2社間ファクタリングの仕組み

ファクタリング 仕組み

2社間ファクタリングとは、利用者(債権者)とファクタリング会社の2社間で行う取引方法です。

資金調達まで短時間で契約を結ぶことができ、最短即日で利用することができます。また2社間で行う取引のため、取引先(売掛先)にファクタリングを利用していることが発覚しないというメリットがあるのです。

  • 今日中に現金が必要
  • 取引先や銀行に資金調達したことをバレたくない

上記の様な場合に、活用することのできる取引方法となっています。

ただしメリットがある一方で、手数料が高いというデメリットがあるのです。手数料は10%~30%と高く、銀行融資と比べると資金調達コストが非常に高くなります。単発的に現金がどうしても必要な場合に利用すべき方法と言えるでしょう。

【メリット】

【デメリット】

  • 手数料が高い(10%~30%)

関連記事:資金調達コストが安い方法ランキングTOP5!低く抑える4つの秘訣

3社間ファクタリングの仕組み

ファクタリング 仕組み

3社間ファクタリングは、利用者(債権者)と売掛先(債務者)とファクタリング会社の3社間で行う取引方法です。

売掛先に「売掛債権譲渡の承諾」を得る必要があり、資金調達まで数日かかります

また、ファクタリング契約後、売掛先は売掛金の入金先をファクタリング会社へ変更する必要があるのです。支払い期日に売掛金をファクタリング会社へ直接入金することになるため、ファクタリング会社が背負う未回収リスクを減らすことができます。そのため2社間ファクタリングに比べて、手数料を安く利用することが可能です。

少しでも手数料を抑えたいとお考えであれば、3社間ファクタリングをおすすめします。

【メリット】

  • 手数料が安い(1%~5%)

【デメリット】

  • 取引先(売掛先)にバレる
  • 取引先(売掛先)に手間がかかってしまう
  • 資金調達まで数日かかる

OLTA

ファクタリング!手数料内訳と3つの諸費用

ファクタリング利用時にかかる費用について紹介していきます。

ファクタリング利用時にかかる費用は、主に3つです。

  • 手数料
  • 登記費用
  • 必要書類の発行費用

上記3つの費用について、ファクタリング利用前にチェックしておきましょう。

手数料

1つ目の費用は手数料です。

手数料は、ファクタリング会社が背負う回収リスクによって比例しています。

売掛金を回収できる可能性が高ければ、手数料は下がります。そのため大手企業の売掛債権などであれば、手数料を大幅に抑えることが可能です。(経営状態が安定しており、売掛金を支払えなくなる可能性が低いから)

3社間ファクタリングであれば、売掛債権の1%~5%ほどの手数料がかかります。2社間ファクタリングであれば、未回収リスクが高くなるため10%~30%ほどの手数料がかかると覚えておきましょう。

また、ファクタリング会社に支払う手数料の中には

  • 事務手数料
  • 印紙代
  • 紹介料

などの諸費用も含められています。

関連記事: 独断と偏見!?ファクタリング会社が手数料を決める3つの違いと4つの要素

登記費用

2つ目の費用は、債権譲渡登記の費用です。

2社間ファクタリングでは、債権譲渡登記を行う場合があります。

売掛債権の二重譲渡防止のために使用する可能性がありますが、登記費用が実費負担の場合があるのです。

登記費用は10万円~20万円ほどかかるため、契約前に実費負担であるか確認しておく必要があります。

債権譲渡登記を行わないファクタリング会社を利用するのもおすすめです。

関連記事:ファクタリングと債権譲渡2つの違い!登記の理由とオススメ業者3選

必要書類の発行費用

3つ目の費用は、必要書類の発行費用です。

ファクタリング会社を利用する際、用意しなければいけない書類があります。

ファクタリング会社により必要書類は異なりますが、発行に費用がかかる必要書類は3つあるのです。

  • 登記簿謄本:600円
  • 印鑑証明書:450円
  • 納税証明書:200円~400円

少額の出費ですが、細々した費用もかかることを覚えておきましょう。

OLTA

業界最高水準!おすすめファクタリング会社5選

ファクタリングを利用したいけれど、どんなファクタリング会社があるの?

上記のように、ファクタリング会社を知りたいとお考えではないでしょうか。

ファクタリング会社の中には、ヤミ金融のような悪質業者が存在し注意が必要です。純粋なファクタリングサービスを提供しているファクタリング会社を選ぶ必要性があります。

そこで今回は、ファクタリング会社の中でも安心して利用できる5つの会社を紹介しましょう。

  • OLTA
  • アクセルファクター
  • 株式会社NO.1
  • 事業資金エージェント
  • ウィット

上記5つの中でも、おすすめはOLTAです。

OLTAは2社間ファクタリング専門のファクタリング会社になります。クラウドファクタリングという新しいファクタリングサービスを提供しており、インターネット上で全ての手続きを完結させることが可能です。

さっそく上記5つのファクタリング会社について詳しく紹介していきます。

資金調達のプロに無料相談してみる /
資金調達プロの公式サイトを見る

OLTA

OLTA

注目ポイント

個人でも利用OK!Web完結で即日資金調達ができる!

  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号 QCcube南青山115ビル3階
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

OLTAはWebサイト上で必要書類を提出後、24時間以内に審査が完了します。
審査後は、OLTAへ来店する事なくWeb上で手続きを終えることが可能です。

さらに債権譲渡登記をする必要が無いので、無駄な資金調達コストを抑えることが出来ます。
個人事業主でも、下限上限なく利用する事が可能です。素早く!簡単に手続きを終わらせたい!そんな時にはOLTAをオススメします。

OLTAの公式サイトを見る

アクセルファクター

アクセルファクター

注目ポイント

業界最速スピードでキャッシュフローの改善に役立つ!

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

株式会社NO.1

株式会社No.1

注目ポイント

建設業特化型ファクタリング

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型ファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日資金調達することが可能です。「 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~」という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

事業資金エージェント

事業資金エージェント

注目ポイント

手数料1.5%の業界最安水準

  • 株式会社モンキーパッド
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

ウィット

株式会社ウィット

注目ポイント

最小30万円からOK!

  • 株式会社ウィット
  • 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階
  • 03-6380-2277

ウィットは業界内でも珍しい「小口専門」のファクタリング会社です。

最小30万円から利用することができ、非対面式(来店不要)で即日利用することができます。小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。

ウィットの公式サイトを見る

OLTA

まとめ

ファクタリングの仕組みについて詳しく紹介してきました。

ファクタリングは、売掛債権(請求書)をファクタリング会社に売却することで「売掛金を支払い期日よりも前に現金化」することが可能です。売掛金を早期回収することで、運転資金に充てたりキャッシュフローの改善に役立てることができます。

また、融資とは異なるため借りずに資金調達することが可能です。

関連記事:ファクタリングの全てが解る!経営者へ本当におすすめしたい優良店7選

OLTA