有限会社WHATEVER!実際どう?使い方と口コミまとめ

有限会社WHATEVER
有限会社WHATEVERはどんなファクタリング会社なの?

上記のように、有限会社WHATEVERについて知りたいとお考えですか。

有限会社WHATEVERは、24時間対応しているのでいつでも問い合わせることができるファクタリング会社です。

日中に問い合わせる時間がない…

上記のような場合に、ベストなファクタリング会社と言えるでしょう。

今回は、有限会社WHATEVERについて詳しく紹介していきます。

有限会社WHATEVERの公式サイトを見る

1:有限会社WHATEVERの基本情報

会社概要

会社名 有限会社WHATEVER
所在地 東京都新宿区四谷2-2 第22相信ビル202
TEL 03-6380-6399
設立 2004年7月
取引銀行 三菱東京UFJ銀行

有限会社WHATEVERは、通常ファクタリングだけでなく「在庫買取サービス」や「医療・介護報酬ファクタリングサービス」も提供しています。

どのような会社なのか把握するために、6つの基本情報を見ていきましょう。

  1. サービス
  2. 対象者
  3. スピード
  4. 手数料
  5. 必要書類
  6. 利用可能金額

上記6つの会社概要について、詳しく紹介していきます。

1-1:サービス

有限会社WHATEVERのサービスについて紹介していきましょう。

有限会社WHATEVERでは、2つのファクタリングサービスを提供しています。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

上記2つのファクタリングサービスから、事業者にあった取引を選ぶことが可能です。

通常ファクタリングだけでなく、「診療・介護報酬ファクタリング」「在庫買取サービス」も提供しています。

有限会社WHATEVERでは、不動産向けのサービスも展開しているので、幅広い利用が可能と言えるでしょう。

1-2:対象者

有限会社WHATEVERのファクタリングサービスを利用できる対象者を紹介していきます。

  • 法人
  • 個人事業主

有限会社WHATEVERは、法人だけでなく個人事業主も利用可能です。

開業予定の事業者や、開業して間もない事業者におすすめの資金調達先と言えるでしょう。

1-3:スピード

有限会社WHATEVERは、最短即日で資金化できます。

さらにメール・FAXの受付は、24時間対応なので日中に問い合わせる時間がない事業者でも利用可能です。

「急遽資金が必要になってしまった…」

上記のような場合は、ぜひ有限会社WHATEVERの利用を検討してみてください。

1-4:手数料

有限会社WHATEVERでかかる手数料について紹介していきましょう。

有限会社WHATEVERでは、手数料が「1%~」利用可能です。

業界内でも非常に安い手数料で利用することができます。

しかし公式サイトでは、2社間・3社間取引にかかる手数料については明記していないので注意が必要です。

「手数料をできるだけ抑えたい…」

上記のようにお考えであれば、3社間ファクタリングの利用をおすすめします。

1-5:必要書類

有限会社WHATEVERの利用時に必要な書類について紹介していきましょう。

利用時に必要な書類は、原則4つあります。

  • 履歴事項全部証明書
  • 決算書(2期分)
  • 通帳(6ヶ月分)
  • 契約書

事前に上記4つの必要書類を用意しておくと、スピーディーな取引が可能です。

1-6:利用可能金額

有限会社WHATEVERの利用可能金額について紹介していきましょう。

有限会社WHATEVERでは、「30~3,000万円まで(売掛先1社に対し)」利用可能です。尚、買取上限総額は1億円までとなっています。

有限会社WHATEVERは、大型資金調達には向いていないファクタリング会社です。

しかし最小30万円から利用できるのは、有限会社WHATEVERの強みと言えるのではないでしょうか。

有限会社WHATEVERの公式サイトを見る

anew

2:有限会社WHATEVERの3つのメリット

メリット
有限会社WHATEVERにはどんなメリットがあるのかな。

上記のように、有限会社WHATEVERのメリットについて知りたいとお考えですか。

有限会社WHATEVERのメリットは、3つあります。

  • 手数料が安い
  • 少額取引OK
  • 24時間対応

さっそく上記3つのメリットについて解説していきましょう。

2-1:手数料が安い

1つ目のメリットは、「手数料が安い」点です。

有限会社WHATEVERでは、手数料1%~利用することができます。

業界内でもここまで手数料が安く設定されているのは、非常に珍しいです。

ファクタリングにかかる手数料の相場(2020年6月/自社調べ)を見てみましょう。

  • 2社間ファクタリング:10~20%
  • 3社間ファクタリング:1~5%

上記の手数料相場と比較すると、かなり低く設定されていることがわかります。

しかし公式サイトでは、手数料の上限額が記載されていないので注意が必要です。契約によっては手数料が高くなる可能性があると言うことを覚えておきましょう。

2-2:少額取引OK

2つ目のメリットは、「少額取引OK」な点です。

有限会社WHATEVERでは、30万円から利用することができます。

ファクタリング会社の中には、少額すぎて取り扱っていないケースや、断られてしまうケースもあるのです。

「他社に断られてしまった…」

上記のような場合は、一度有限会社WHATEVERに相談してみてはいかがでしょうか。

2-3:24時間対応

3つ目のメリットは、「24時間対応」していることです。

有限会社WHATEVERは、メール・FAXは24時間対応しています。

それにより夜間でも資金調達できるので、「緊急時の資金調達」に最適と言えるでしょう。

有限会社WHATEVERの公式サイトを見る

anew

3:有限会社WHATEVERの利用手順

利用方法
有限会社WHATEVERの使い方が知りたい。

上記のように、有限会社WHATEVERの利用方法が知りたいとお考えですか。

この章では、有限会社WHATEVERの4つの利用手順について解説していきます。

  1. 問い合わせ
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. 契約

上記4つの手順について詳しく解説していきましょう。

3-1:問い合わせ

1つ目のステップは、「問い合わせ」です。

有限会社WHATEVERの問い合わせ方法は、3通りあります。

  • 電話(0120-900-201)
  • FAX(03-6380-0299)
  • HP内のメールフォーム

メールフォーム

① 公式HP画面右上部「お問い合わせフォーム」をクリック

利用手順
② フォーム内の必須項目を入力する

利用手順
③ 内容を確認し、「送信」をクリック

利用手順

電話受付は、平日9:30~18:00までとなっています。

3-2:仮審査

2つ目のステップは、「仮審査」です。

問い合わせ後、仮審査を行います。

仮審査では、有限会社WHATEVERの担当者によりヒアリングが実施される流れです。

3-3:本審査

3つ目のステップは、「本審査」です。

本審査では、必要書類を基に行うので問い合わせて確認をし、事前に用意しておきましょう。

3-4:契約

4つ目のステップは、「契約」です。

審査通過後、ファクタリング契約を締結します。

契約後に入金の連絡が来たら、指定口座を確認しましょう。

有限会社WHATEVERの公式サイトを見る

anew

4:有限会社WHATEVERって実際どう?口コミまとめ

口コミ
有限会社WHATEVERって実際どうなの?

上記のように、実際の口コミや評判が知りたいとお考えですか。

ファクタリング会社を選ぶ際は、口コミ・評判など「ぶっちゃけた感想」が気になりますよね。

そこでこの章では、有限会社WHATEVERの5つの口コミを紹介していきましょう。

有限会社WHATEVERの利用でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみてください。

4-1:有限会社WHATEVERの5つの口コミ

有限会社WHATEVERの5つの口コミを紹介していきましょう。

運搬業

資金繰りが悪化し、ファクタリングの相談をしました。ファクタリングの利用が初めてで仕組みがわからなかったので正直不安でした。しかしスタッフが詳しく説明してくれ、取引先にもバレない2社間での取引で資金化に成功しました。一時的な利用だったのでもう利用するかはわかりませんが、緊急時はまたお願いしたいです。

個人事業者

ファクタリング会社について調べていたが、個人事業者が利用できるところが少なく困っていました。有限会社WHATEVERは、個人でも使えるとのことでしたが、コストがかかるため断念しました。

保育関係

条件はあまり良くなかったが、緊急時だったのでファクタリングを利用しました。普通に資金化でき良かったのですが、もう少し手数料が抑えられるところで、資金調達したかったって言うのが本音です。

小売業

自社の在庫買取をお願いしたく、有限会社WHATEVERに相談しました。業種的に抱えている在庫がダメだったのか、買取不可との連絡がありました。柔軟に対応してくれるものと思っていたので、がっかりです。

加工業

資金繰りが悪化してしまい、融資先を探していました。同業者からファクタリングを教えてもらい、有限会社WHATEVERを知りました。条件は良くなかったが、割り切って利用しました。

有限会社WHATEVERの公式サイトを見る

anew

まとめ

有限会社WHATEVERのファクタリングサービスについて紹介してきました。

有限会社WHATEVERの強みは、24時間対応や即日資金化できる「スピード感のある取引が可能」である点です。

緊急時の資金調達をするなら、ベストなファクタリング会社と言えるのではないでしょうか。

有限会社WHATEVERの公式サイトを見る

anew