トランザクションファイナンス!実際どう?仕組みと口コミまとめ

トランザクションファイナンス
トランザクションファイナンスってどんなファクタリング会社なのかな。

上記のように、トランザクションファイナンスについて詳しく知りたいとお考えではありませんか?

トランザクションファイナンスは、電子記録債権を活用したファクタリング取引が特徴です。

電子記録債権を用いたファクタリング取引なので、他社と比べてスピード感に秀でたファクタリング会社と言えるでしょう。

今回は、トランザクションファイナンスについて詳しく紹介していきます。

トランザクションファイナンスの公式サイトを見る

1:トランザクションファイナンスの基本情報

会社概要

会社名 Tranzax株式会社
所在地 東京都港区虎ノ門1-12-9 スズエ・アンド・スズキビル6F
代表者 大塚 博之
設立 2009年7月7日
資本金 1,744百万円
TEL 03-5510-8077

トランザクションファイナンスは、Tranzax株式会社によって運営されています。

どのような会社なのか理解するために、トランザクションファイナンスの5つの基本情報を見ていきましょう。

  1. サービス
  2. 対象者
  3. スピード
  4. 手数料
  5. 必要書類

上記5つの基本情報について詳しく解説していきます。

1-1:サービス

トランザクションファイナンスのサービスについて紹介していきましょう。

トランザクションファイナンスでは、2つのファクタリングサービスがあります。

  • POファイナンス
  • PayForward

POファイナンスは、中小企業・個人事業主への資金を供給するトランザクションファイナンス独自のサービスです。

受注企業は、受注情報を担保に資金調達することができます。通常のファクタリングと比較すると、請求書発行より前に取引することができるので、資金化までのスピードが速いです。

PayForwardは、2社間でできる電子記録債権のファクタリング取引となります。

2社間で取引することができるので、取引先(売掛先)に知られたくない場合は、ぜひ利用してみてください。

1-2:対象者

トランザクションファイナンスのファクタリングを利用できる対象者を紹介していきましょう。

  • 法人
  • 個人事業主

トランザクションファイナンスは、法人だけでなく個人事業主も利用することができます。

中小企業と個人事業主へ成長資金を供給しているとの記載があるので、零細企業の見方と言えるでしょう。

1-3:スピード

トランザクションファイナンスでは、資金化にかかるスピードについて記載されていないため、現在(20年7月6日)問い合わせて確認中です。

資金化までにかかるスピードについての情報がわかり次第、更新いたします。

トランザクションファイナンスは、通常ファクタリングと異なり利用者が主体となって取引できるので、資金化までの時間を大幅に短縮することが可能です。

1-4:手数料

トランザクションファイナンスでかかる手数料について紹介していきましょう。

トランザクションファイナンスでかかる手数料については、記載されておらず、事前に問い合わせ確認することが必要です。

現在問い合わせ確認しているため、情報がわかり次第更新いたします。

トランザクションファイナンスの利用を検討しているのであれば、手数料について問い合わせ確認を取りましょう。

1-5:必要書類

トランザクションファイナンスの利用時に必要な書類について紹介します。

公式サイトでは、利用時に必要な書類についての記載がないため、現在確認中です。

必要書類についての情報がわかり次第、更新いたします。

トランザクションファイナンスの公式サイトを見る

anew

2:トランザクションファイナンスの3つのメリット

メリット
トランザクションファイナンスにはどんなメリットがあるのかな。

上記のように、トランザクションファイナンスのメリットが知りたいとお考えですか?

トランザクションファイナンスには、3つのメリットがあります。

  • 資金化までの時間を短縮できる
  • 取引先へ交渉や説明をしてくれる
  • 信頼性が高い

上記3つのメリットを詳しく解説していきましょう。

2-1:資金化までの時間を短縮できる

1つ目のメリットは「資金化までの時間を短縮できる」点です。

トランザクションファイナンスでは、電子記録債権を用いてファクタリング取引を行います。通常ファクタリングと比べ、資金化にかかる時間を短縮することが可能です。

受注企業が主体となって取引することができ、受注情報があれば資金化できるので、スピード感のあるファクタリング取引がしたい場合は、おすすめと言えるでしょう。

2-2:取引先へ交渉や説明をしてくれる

2つ目のメリットは「取引先へ交渉や説明をしてくれる」点です。

3社間ファクタリングの場合は、取引先へ債権譲渡する旨を伝え承諾を得る必要があります。

通知することにより、取引先との信頼関係に傷が入ってしまう恐れがあるのです。

「取引先との信頼関係に影響を与えたくない!」

上記のようにお考えであれば、一度トランザクションファイナンスに相談してみてください。

2-3:信頼性が高い

3つ目のメリットは「信頼性が高い」点です。

トランザクションファイナンスの運営元、Tranzax株式会社の資本金は15億円以上であり、企業としての地盤がしっかりしていることがわかります。

「悪質業者からの詐欺等の被害を防ぎたい…」

上記のようにお考えであれば、トランザクションファイナンスをぜひ利用してみてください。

トランザクションファイナンスの公式サイトを見る

anew

3:トランザクションファイナンスの仕組み

トランザクションファイナンスの仕組みが知りたい!

上記のように、トランザクションファイナンスの仕組みが知りたいとお考えですか。

この章では、トランザクションの2つのファクタリングサービスの仕組みについて紹介していきましょう。

  • POファイナンスの仕組み
  • PayForwardの仕組み

さっそく上記2つのファクタリングサービスの仕組みについて詳しく解説していきます。

3-1:POファイナンスの仕組み

POファイナンス
まずはじめに「POファイナンスの仕組み」について解説していきましょう。

POファイナンスは、Tranzax株式会社独自の取引方法です。

電子記録債権を用いることで、通常のファクタリングサービスでは難しかった「受注時」の債権担保融資(ABL)を可能にすることができます。

受注時点で資金調達ができることにより、運転資金を補うことができ、設備投資・従業員の給与・取引先の確保と多目的な利用が可能です。

3-2:PayForwardの仕組み

PayForward
次に「PayForwardの仕組み」について解説していきましょう。

PayForwardは、利用者が発注先に対し有する売掛金を早期資金化するサービスです。

通常のファクタリングとは異なり、納入企業が主体となって取引できるので、資金化までの時間を大幅に短縮できます。

PayForwardは、2社間での取引となるので取引先に資金調達していることを隠し通すことが可能です。

「大型資金調達がしたい…」

「銀行の融資枠を温存しておきたい…」

上記のようにお考えであれば、利用者の希望に沿った柔軟な取引ができるPayForwardを利用してみてください。

トランザクションファイナンスの公式サイトを見る

anew

4:トランザクションファイナンスって実際どう?口コミまとめ

口コミ
トランザクションファイナンスって実際どうなの?

上記のように、トランザクションファイナンスの評判について知りたいとお考えですか。

トランザクションファイナンスの利用を検討する上で、口コミ等の「リアルな実態」が気になりますよね。

この章では、トランザクションファイナンスの3つの口コミを紹介していきましょう。

トランザクションファイナンスの利用をお考えであれば、ぜひ参考にしてみてください。

4-1:トランザクションファイナンスの3つの口コミ

トランザクションファイナンスの3つの口コミについて紹介していきましょう。

卸売業

資金繰りが悪化してしまい、銀行からの融資を断られてしまったため、ファクタリングの利用を決意しました。通常のファクタリング会社とは異なり、迅速に資金調達したいとお考えの場合はおすすめとは言えません。長期的なスパンで資金繰りを改善していきたい方は、相談することをおすすめします。

建築業

資金調達に限らず、電子記録債権や資金繰りの相談等でお世話になりました。銀行とのコネクションがあり、融資の相談もすることができます。スタッフの対応が良く、わかりやすく説明してくれたので感謝しています。急ぎの資金調達でなければおすすめです。

木工店

早急に資金調達する必要があったので、ファクタリング会社を探していました。ファクタリング会社と思いきや、通常の会社とは違ったらしく、利用することが難しいとのことでした。電子記録債権などわからない用語がありましたが、わかりやすく丁寧に説明してくれたので、ありがたかったです。結局他社を利用しましたが、対応が良かったので機会があれば利用させていただきます。

トランザクションファイナンスの公式サイトを見る

anew

まとめ

トランザクションファイナンスのファクタリングサービスについて紹介してきました。

トランザクションファイナンスは、一般的なファクタリングサービスとは異なるため注意が必要です。

トランザクションファイナンスは、電子記録債権を用いたファクタリング取引を提供しています。

そのため電子記録債権がない場合は、基本的に利用することができないため覚えておきましょう。

「長期的な目で資金繰りを改善したい…」

上記のようにお考えであれば、トランザクションファイナンスを利用してみてはいかがでしょうか。

トランザクションファイナンスの公式サイトを見る

anew