ファクタリングのステップワン!実際どう?メリットとデメリット

ステップワン
ステップワンってどんな会社なの?

上記のように、ステップワンについて詳しく知りたいとお考えですか?

ステップワンは、24時間利用することができるファクタリング会社です。

最短即日で資金調達可能であったり、手数料が低く設定されていたりと公式サイトには魅力的なサービスが豊富に記載されています。

しかしWEB上の情報が少なく、不明な点が多いファクタリング会社でもあるのです。

今回はそんなステップワンについて、詳しく紹介していきます。

※合同会社ステップワンの所在地はバーチャルオフィスとなっています。優良会社ではない可能性があるので、注意が必要です。

ステップワンの公式サイトを見る

1:ステップワンの6つの会社概要

会社概要

会社名 合同会社 ステップワン
所在地 東京都豊島区南大塚2-11-10
電話番号 03-6869-3461
代表者 記載なし
E-mail info@factoring-stepone.com
FAX 03-6869-3461
営業時間 9:00~18:00(土日祝/定休)

ステップワンはファクタリング業以外にも、経営に関するコンサルティング事業も展開しています。

どのようなファクタリング会社なのか把握するために、6つの概要を見ていきましょう。

  1. サービス
  2. 対象者
  3. スピード
  4. 手数料
  5. 必要書類
  6. 利用可能金額

上記6つの会社概要について、詳しく紹介していきます。

1-1:サービス

ステップワンのサービスについて紹介していきましょう。

ステップワンでは、2社間でのファクタリングサービスのみ利用可能です。

ステップワンはファクタリング業以外にも、3つの事業を展開しています。

  • 担保不動産の調査及び評価業務
  • 経営に関するコンサルティング業務
  • 経営上の各種リスクの調査・分析委託 等

「資金繰り」の問題についても相談できることは、事業者にとっても心強いのではないのでしょうか。

尚、上記3つの事業についての詳細は記載されていませんので注意しましょう。

1-2:対象者

ステップワンのファクタリングサービスが利用できる対象者を紹介していきます。

  • 法人
  • 個人事業主

ステップワンでは、法人のみならず個人事業主でも利用が可能です。

また日本全国を対象地域としているので、多くの事業者が利用できるようなサービスとなっています。

1-3:スピード

ステップワンは、申込から最短即日で資金化できるので、迅速な資金調達が可能です。

電話・インターネット申し込みの場合は「最短30分で即日振り込みを行うことができる」と記載されています。

しかし実際の口コミ・評判等が確認できないため、実態は不明です。

1-4:手数料

ステップワンでかかる手数料について紹介していきましょう。

ステップワンでは、手数料が「5~8%」と低く設定されています。

ステップワンでは、2社間でのファクタリング取引となるので比較的安い手数料となっているのです。

2社間ファクタリングにかかる手数料の相場を見てみましょう。

  • 2社間ファクタリング:10~20%(自社調べ)

上記2社間の手数料相場と比べると、安いことがわかります。

1-5:必要書類

ステップワンの利用時に必要な書類について紹介していきましょう。

ファクタリング利用時に必要な書類は、法人と個人事業者によって異なります。

法人の場合

  • 代表者の身分証明
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明
  • 決算書
  • 入金通帳

個人事業主の場合

  • 身分証明書
  • 印鑑証明
  • 確定申告書
  • 入金通帳

最短即日で資金調達がしたい場合は、上記の必要書類を事前に用意しておきましょう。

1-6:利用可能金額

ステップワンの利用可能金額について紹介していきましょう。

ステップワンでは、「20万~5億円」での利用が可能です。

利用可能金額の幅が非常に広いファクタリング会社と言えるでしょう。

anew

2:ステップワンの4つのメリット

メリット
ステップワンにはメリットがあるのかな。

上記のように、ステップワンのメリットについて知りたいとお考えですか。

ステップワンのメリットは、4つあります。

  • 手数料が安い
  • 非対面で資金化できる
  • 買取金額の幅が広い
  • 24時間申込できる

上記4つのメリットについて、詳しく解説していきましょう。

2-1:手数料が安い

1つ目のメリットは、「手数料が安い」ことです。

ステップワンの手数料は、5~8%と比較的安く設定されています。

上限が8%と明記されているのは、安心できる1つの要素と言えるのではないでしょうか。

2-2:非対面で資金化できる

2つ目のメリットは、「非対面で資金化できる」ことです。

ステップワンのファクタリング契約では来店不要であり、書類郵送またはFAXで完了することができます。

公式サイトを見る限り、全国対応に加えて来店不要と記載されているので利用しやすい会社と言えるのではないでしょうか。

2-3:買取金額の幅が広い

3つ目のメリットは、「買取金額の幅が広い」ことです。

ステップワンでは最小20万円から利用でき、最大で5億円まで利用することができます。

買取金額の幅が広いので、用途も広く利用しやすいと言えるのではないでしょうか。

しかしWEB上では取引等の実績を確認することができないため、注意が必要です。

2-4:24時間申込ができる

4つ目のメリットは、「24時間申込ができる」ことです。

24時間申込OKなことは、日中に申込する時間がない事業者にとっては嬉しいですよね。

都合のつくタイミングで申込みできることは、非常に利用しやすい点と言えるのではないでしょうか。

しかしWEB上では実際の利用者の感想等が確認できず、実態が不明なため注意が必要です。

anew

3:ステップワンの2つのデメリット

デメリット
ステップワンのデメリットが知りたい。

上記のように、メリットの裏に潜むデメリットが知りたいとお考えですか。

ステップワンのデメリットは、2つあります。

  • 会社概要が不透明
  • 2社間ファクタリングのみ

それでは、上記2つのデメリットについて解説していきましょう。

3-1:会社概要が不透明

1つ目のデメリットは、「会社概要が不透明」なことです。

ステップワンは「設立年月・代表者」の記載がなく、情報量が少ないファクタリング会社と言えます。

「初めてのファクタリングで不安がある」

上記のように初めてのファクタリングの場合には、あまりおすすめとは言えないでしょう。

※合同会社ステップワンの所在地はバーチャルオフィスとなっています。優良会社ではない可能性があるので、注意が必要です。

3-2:2社間ファクタリングのみ

2つ目のデメリットは、「2社間ファクタリングのみ」という点です。

ステップワンには2社間でのファクタリングサービスしかなく、3社間取引がありません。

2社間ファクタリングでは迅速な資金調達ができますが、その反面、「手数料」が非常に高いのです。

3社間ファクタリングにかかる手数料の相場を見てみましょう。

  • 3社間ファクタリング:1~5%(自社調べ)

「資金調達コストをできるだけ抑えたい」

上記のようにお考えであれば、3社間取引をしているファクタリング会社の利用をおすすめします。

関連記事:ファクタリング会社おすすめランキングTOP25【2020年5月最新版】

anew

4:ステップワンの利用方法

利用方法
ステップワンの利用方法が知りたいとお考えですか?

この章では、ステップワンの利用方法について解説していきましょう。

ステップワンは、4つのステップで利用することができます。

  1. 問い合わせ
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. 入金

さっそく上記4つのステップについて解説していきましょう。

4-1:問い合わせ

1つ目は、「問い合わせ」です。

問い合わせ方法は、3つあります。

  • 電話(03-6869-3461)
  • メール(info@facoring-stepone.com)
  • HP内の申込/問い合わせフォーム

申込/問い合わせフォーム

① 公式サイトを開く

利用手順
② HPの下部までスクロールする

利用手順
③ フォーム入力後、確認して送信する

利用手順

申込・問い合わせは24時間対応ですので、いつでも可能です。

4-2:必要書類の提出

2つ目は、「必要書類の提出」です。

事前に用意した必要書類を、郵送またはFAXにて提出します。

また必要書類と共に、契約書を提出するので覚えておきましょう。

4-3:審査

3つ目は、「審査」です。

必要書類の提出後、ステップワンから審査結果の連絡がきます。

審査通過率の記載なし

4-4:入金

4つ目は、「入金」です。

審査通過後、最短即日で入金されます。

入金方法は、指定口座に振り込まれるので、入金の連絡が入り次第確認しましょう。

anew

まとめ

ステップワンのファクタリングサービスについて紹介してきました。

ステップワンの強みは、利用可能金額の幅が広いことです。

しかし会社概要が不透明ですので、詐欺等のリスクを抑えたい場合は利用しないよう心がけましょう。

※合同会社ステップワンの所在地はバーチャルオフィスとなっています。優良会社ではない可能性があるので、注意が必要です。

anew