【ファクタリングは土日も24時間】スタッフ対応の会社と入金NGの理由

ファクタリング 土日
土日も営業しているファクタリング会社が知りたい!

上記のように、土日も対応しているファクタリング会社をお探しでしょう。

結論をお伝えすると、土日にスタッフが対応している会社は「えんナビ」の一社のみです。

他のファクタリング会社でも「24時間365日対応」と記載がありますが、実際のところそうではない場合がほとんどとなります。また、えんナビは土日もスタッフ対応をしていますが、入金は翌営業日となるのです。

今回は土日も利用できるファクタリング会社について詳しく紹介していきましょう。

えんナビの公式サイトを見る

1:【一社限定】土日もスタッフ対応のファクタリング会社

ファクタリング 土日対応
どうしても土日にファクタリング会社を利用したい!

土日でも、ファクタリング会社を利用したい状況に陥ることが考えられます。

土日にファクタリング会社へ申込をし、スタッフが対応してくれる会社は1社のみです。

  • えんナビ

えんナビは、ファクタリング会社の中で唯一土日も営業している会社です。

さっそく「えんナビ」について、詳しく紹介していきます。

1-1:えんナビ

えんナビ

  • サイト名:えんナビ
  • 会社名:株式会社インターテック
  • 住所:東京都台東区東上野3丁目5-9本池田第二ビル4階
  • 電話番号:0120-007-567
  • 手数料:5%

えんナビは24時間365日営業をしているファクタリング会社です。

最短即日で資金を調達することができ、2社間ファクタリングに特化している会社になります。

さらに土日祝日でもスタッフが勤務しているので、申込から審査直前までの手続きまでは進めることが可能です。

審査自体は週明けになりますが、土日に申込を完了させておけば月曜日に資金を調達することが出来るでしょう。

時間や曜日を気にせず利用できる便利なファクタリング会社です。土日に利用するなら「えんナビ」をオススメします。

えんナビの公式サイトを見る

anew

2:土日に入金できない1つの理由

目玉焼き
ファクタリングは土日に利用することができない?

ファクタリング会社は、基本的に平日のみ営業を行っています。そのため土日に利用する事は、基本的には不可能です。

なぜ土日に利用することができないのか、詳しい理由はただ1つとなります。

  • 土日は審査が出来ないから

上記の理由について、詳しく紹介していきましょう。

2-1:審査が出来ない

多くのファクタリング会社は、平日9:00~19:00などの時間で営業しています。

稀に「土日祝日対応OK」と表記している会社もありますが、その多くは「申込・問い合わせ」が出来るというだけの内容なのです。ファクタリングを利用するためには「審査」が必要になります。

ファクタリング会社で土日祝日に問い合わせ・申込が出来ても、審査部門が動いていないのです。そうすると結果的に資金を調達できるのは、「平日」となります。

ファクタリング会社へ土日に申込をしても、現金を調達できるのは平日だということを覚えておきましょう。

anew

3:1秒でも早く資金調達する3つの方法

電話をする男性
土日はファクタリング会社から入金をしてもらうことができません。

では「1秒でも早く、営業日に入金をしてほしい!」と感じますよね。

営業日に素早く入金をしてもらうために、3つの方法を活用してみてください。

  • ①必要書類を準備しておく
  • ②月末月初の繁忙期は避ける
  • ③土日中に申込だけしておく

上記3つの方法を活用すれば、土日あけの営業日に素早く入金してもらうことが可能です。

さっそく詳しく紹介していきましょう。

3-1:必要書類を準備しておく

1つ目の方法は、必要書類を準備しておくという点です。

ファクタリング会社から要求される、必要書類を準備しておけば審査のスピードも格段にアップさせることができます。

1秒でも早く審査を終わらせ、入金してほしい場合には必要書類を準備しておきましょう。

  • 売掛先への請求書
  • 登記簿謄本
  • 決算書
  • 印鑑証明書
  • 通帳コピー
  • 代表者の身分証明書
  • 成因資料

上記7つの必要書類は、ファクタリング利用時に必要となる書類です。

いつでも提出できるよう、前もって準備しておくことをオススメします。

関連記事:ファクタリング審査のすべてを公開!4つのポイントと5つの審査基準

3-2:月末月初の繁忙期は避ける

2つ目の方法は、月末月初の繁忙期は避けるという点です。

ファクタリング会社の関係者によると、月末月初は申込が殺到します。

申込の数が増える繁忙期であれば、その分ファクタリング会社の対応も遅れてしまうでしょう。

月末月初に差し掛かる前に申込をし、繁忙期は避けると素早く利用することができます。

3-3:土日中に申込だけしておく

3つ目の方法は、土日中に申込だけしておく方法です。

ほとんどのファクタリング会社も申込だけは、土日も対応しています。

土日明け直ぐに入金をしてほしい場合には、土日中に申込だけでも完了させておきましょう。

申込の順番が早ければ早い程、入金までの待ち時間を短縮させることができます。

anew

4:ファクタリング以外!土日に資金調達する3つの裏ワザ

どうしても、土日に資金調達したい!

ファクタリングは、土日に入金をしてもらうことができません。

土日に営業している「えんナビ」であっても、翌営業日まで入金を待つ必要があるのです。

「そんなに待ってられない!」という場合のために、土日も利用できる資金調達方法を3つ紹介しましょう。

  • ノンバンク系ビジネスローン
  • 家族・知人からの借入
  • エンジェル投資家

上記3つは利用しやすさ順に紹介しています。

さっそく上記3つの資金調達方法について、詳しく紹介していきましょう。

4-1:ノンバンク系ビジネスローン

ビジネスローン
1つ目の方法は、ノンバンク系のビジネスローンを使う方法です。

ノンバンク系とは、貸金などの与信業務に特化した銀行以外の金融機関のことを指します。

有名なノンバンク系ビジネスローンの会社を3つ紹介しましょう。

  • アコム
  • プロミス
  • ビジネクスト

「聞いたことある!」と感じたのではありませんか?

これらのノンバンク系ビジネスローンを利用すれば、土日祝日はもちろん24時間利用する事が可能です。また、最短30分で審査が完了するため、スピードも問題ないと言えるでしょう。

もしもの時は、このようなノンバンク系ビジネスローンを活用する手もあります。

4-2:家族・知人からの借入

会議
2つ目の方法は、家族・知人からの借入です。

家族や知人であれば、土日でも借入を行うことができます。

会社の経営状態に関わらず、人としての信用力で借入の可否が決定すると言えるでしょう。

ただし返済が滞ったりした場合、今後の人間関係に影響が出る可能性が大きいためオススメとは言えません。

よく考えてから、家族や知人に相談するようにしましょう。

4-3:エンジェル投資家

投資 英語
3つ目の方法は、エンジェル投資家からの投資です。

エンジェル投資家とは、ベンチャーキャピタルとのような企業ではなく「個人」で投資を行う人物のことを指します。企業の経営状態に関わらず「企業理念」や「魅力的な事業案」に賛同してもらえた場合、投資を受けることが可能です。

エンジェル投資家であれば、土日も関係なしに投資を行うことができます。

ただし即日中にエンジェル投資家が現れ、投資を行ってくれる可能性は非常に低いです。

anew

5:土日に申込可能なファクタリング会社5選

土日も「申込」だけはファクタリング会社で行うことが可能です。

週末明け「少しでも早くファクタリングを利用したい」という場合であれば、土日に申込を済ませておきましょう。

土日でも申込が出来る5つのおすすめファクタリング会社を紹介します。

  • 事業資金エージェント
  • アクセルファクター
  • ウィット
  • anew
  • 株式会社NO.1

上記5つの中でも、もっとも手軽なのは事業資金エージェントです。

インターネットから申込することができ、最短3時間で利用することができます。

さっそく上記5つのファクタリング会社について紹介していきます。

5-1:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • 株式会社モンキーパッド
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

5-2:アクセルファクター

アクセルファクター

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

5-3:ウィット

株式会社ウィット

  • 株式会社ウィット
  • 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階
  • 03-6380-2277

ウィットは業界内でも珍しい「小口専門」のファクタリング会社です。

最小30万円から利用することができ、非対面式(来店不要)で即日利用することができます。小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。

ウィットの公式サイトを見る

5-4:anew

anew

  • anew合同会社
  • 東京都千代田区外神田3丁目12番8号
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

anewは、新生銀行とOLTAが届ける新しいファクタリングサービスです。

法人専用のファクタリングサービスとなっており、数百万円~数千万円規模の大口案件に特化しています。24時間ネット上で受付・手続きを行うことができ、いつでも利用することが可能です。

手数料は2%~9%と業界最安水準で提供されており、2社間ファクタリングでも資金調達コストをかけずにファクタリングを利用することができます。中小企業・小規模事業者であれば、anewを利用しない手はないと言えるでしょう。

anewの公式サイトを見る

5-5:株式会社NO.1

株式会社No.1

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

anew

6:土日利用OK|給料ファクタリングに要注意

給料ファクタリングは土日もやってるのかな?

上記のように、給料ファクタリングの営業日について知りたい場合もあるでしょう。

給料ファクタリング会社の中には、土日もスタッフ対応~入金までを行っている会社があります。

  • プロント
  • プリペイメント
  • ACE(エース)

上記3つの給料ファクタリング会社は、土日も審査を行っているのです。

しかし、給料ファクタリングは貸金業に該当します。

貸金業に該当する給料ファクタリングを、未登録でおこなっている場合は法律違反です。法外な手数料を搾取され、資金繰りの悪化が懸念されます。絶対に利用しないでください。詳しくは、下記の記事をご覧ください。

関連記事:【ファクタリング】金融庁、ついに出た貸金業の見解を解りやすく解説

anew

まとめ

ファクタリングは土日に資金調達できるのか?

上記について、詳しく解説してきました。結論を最後にもう一度お伝えしておきましょう。

ファクタリングを使って土日に申込や問合せをすることは、会社によっては可能です。

しかし、結果的に現金を得ることが出来るのは「平日のみになります。多くのファクタリング会社は平日のみ審査することができ、土日に審査を行うことが出来ないのです。

ぜひ参考にしてみてください。

anew