最速の資金調達方法がついに決定!早い順ベスト6と3つの注意点

資金調達 早い
明日にでも資金調達できる、早い方法はないのかな。

上記のように、最短即日でできる早い資金調達をお探しですか?

経営上、急に事業資金が必要になるケースがありますよね。

そこで今回は、6つの早い資金調達法を紹介していきます。

  • ファクタリング
  • 個人キャッシング
  • ビジネスローン
  • 手形割引
  • 不動産担保ローン
  • 家族/知人から借入

後半では、迅速な資金調達をする上での3つの注意点資金調達の早い5つのファクタリング会社を紹介していきましょう。

1:最短即日!早い資金調達法6選

資金調達
今すぐに事業資金を調達したい。

即日で資金調達ができる方法は6つあります。

  • ファクタリング
  • 個人キャッシング
  • ビジネスローン
  • 手形割引
  • 不動産担保ローン
  • 家族/知人から借入

上記6つのスピードが早い資金調達法を簡潔に紹介していきましょう。

1-1:ファクタリング

1つ目に紹介するのは、「ファクタリング」です。

ファクタリングを簡潔に説明すると、売掛金の未回収を防ぎ最短即日で現金を調達するサービスになります。

信用力の高い取引先と売掛債権(請求書)をファクタリング会社に譲渡することで、支払期日より前に売掛金を回収することが可能です。

ファクタリングの大まかな要点を紹介していきましょう。

要点

  • 最短即日で資金調達ができる
  • 金利が発生しない
  • 誰にも知られずに資金調達ができる
  • 無担保・無保証人OK
  • 赤字でも利用可能
  • 個人事業主も利用可能
  • 「二社間」「三社間」では、資金調達にかかる時間・手数料等が異なる
  • 会社によって、サービスが異なる

「二社間」「三社間」によってメリット・デメリットが大きく異なるので、利用する際は事前にファクタリングの仕組みや流れを覚えておきましょう。

関連記事:ファクタリングの全てが解る!経営者へ本当におすすめしたい優良店7選

1-2:個人キャッシング

2つ目に紹介するのは、「個人キャッシング」です。

個人キャッシングとは、経営者がクレジットカードのキャッシング枠を使い資金を調達する方法になります。

普段利用しているクレジットカードのキャッシング枠が残っていれば、新規で申請をする必要がない利用しやすい資金調達法です。

個人キャッシングの大まかな要点を紹介していきましょう。

要点

  • 最短1時間でキャッシング可能
  • 新規での申請が不要
  • 金利がやや高い

資金調達にかかる手間が圧倒的に少なく、最短1時間でキャッシングが可能であるため「今すぐに資金が欲しい」場合は活用してみてはいかがでしょうか。

1-3:ビジネスローン

3つ目に紹介するのは、「ビジネスローン」です。

ビジネスローンは、銀行や消費者金融が提供している融資になります。

「融資」となりますが、銀行融資に比べると審査のハードルが低いので最短即日で資金調達が可能です。

ビジネスローンの大まかな要点を紹介していきましょう。

要点

  • 無担保・無保証人OK
  • 法人向けの資金調達法
  • 審査が厳しくないため、高確率で資金調達が可能
  • 金利が高い
  • 一回限りの資金調達に向いている

銀行融資の審査に落ちてしまった場合でも、利用できるケースが多くあります。

しかし、金利が約10〜15%と高めに設定されているので、資金調達コストが高いことを覚えておきましょう。

関連記事:資金調達にかかる手数料相場!税理士に支払う費用と悪質コンサル

1-4:手形割引

4つ目に紹介するのは、「手形割引」です。

手形割引とは、支払期日を約束する有価証券になります。

取引で約束手形を利用すれば、約束手形を売却することで期日よりも前に代金を回収することが可能です。

手形割引業者を利用する場合、最短即日で資金を調達することが可能となります。

手形割引の大まかな要点を紹介していきましょう。

要点

  • 最短即日で資金調達可能
  • 有利子を減らすことができる
  • 審査が厳しい傾向にある

手形割引の流れがファクタリングと似ていますが、内容は全く違うものになるので注意が必要です。

手形割引業者ではなく、銀行で手形割引をすると約3日かかるので覚えておきましょう。

関連記事:ファクタリングと手形割引3つの違い!選ぶポイントを状況別に伝授

1-5:不動産担保ローン

5つ目に紹介するのは、「不動産ローン」です。

不動産ローンは、不動産を担保とした融資となります。

プロパー融資等他の融資と比べると、審査のハードルが低い融資です。

不動産担保ローンの大まかな要点を紹介していきましょう。

要点

  • 他の融資と比べ審査のハードルが低い
  • 金利が低い
  • 審査がスムーズなので、最短即日で資金調達が可能

不動産担保ローンは、「土地」や「建物」など不動産を持っていないと利用ができません。

即日で利用できない可能性もあるので、今すぐに資金が欲しい場合の使用はおすすめと言えないでしょう。

関連記事:ファクタリングと手形割引の仕組みの違い!決算書に与える影響

1-6:家族/知人からの借入

6つ目に紹介するのは、「家族/知人からの借入」です。

この資金調達法は、友人や家族など個人の信頼関係の上で借入をするので審査等の難しい手続きがありません。

家族/知人からの借入の大まかな要点を紹介していきましょう。

要点

  • 金利がない
  • 即日で資金調達ができる
  • 手続きがない
  • 場合によってはトラブルに発展する

信頼関係のある間柄であれば、即日で資金調達をすることが可能です。

ただし、返済が遅れたりすると大切な人との関係が壊れてします可能性もあるので注意が必要となります。

個人差はもちろんありますが、即日で資金調達することは可能と言えるでしょう。

関連記事:【2019年12月版】資金調達15種類まとめ!方法別メリットとデメリット

anew

2:迅速な資金調達をする上での3つの注意点

悪質
早い資金調達があるのはいいけど、リスクはないのかな。

上記のように、早く資金調達できるメリットの「裏側に隠されたリスク」が知りたいとお考えですか?

迅速な資金調達をする上での注意点は3つあります。

  • 詐欺や犯罪のリスクがある
  • 資金調達コストが高くなる
  • 赤字企業は注意

さっそく上記3つの注意点を解説していきましょう。

2-1:詐欺やヤミ金のリスクがある

1つ目の注意点は、「詐欺やヤミ金のリスクがある」ことです。

主にファクタリングや手形割引では、受取手形を使った詐欺やファクタリング事業を装ったヤミ金業者があります。

手形割引でいうと、大量に商品を購入し代金を支払う前に故意に会社を倒産させるようなケースがあるのです。

利用者は償還請求権により返済義務が生まれ、余計な返済から逃れられません。

上記の手形割引の詐欺リスクを抑えるために、ファクタリングの利用は有効的と言えますが「売掛債権を担保に高金利で金を貸す」悪質なファクタリング会社に注意することが大切です。

関連記事:【注意喚起】ファクタリングにはヤミ金が存在!見極める8つのポイント

2-2:資金調達コストが高くなる

2つ目の注意点は、「資金調達コストが高くなる」ことです。

ファクタリングやビジネスローン、個人キャッシングのように即日で資金調達できるメリットの裏には「手数料や金利が高いリスク」があります。

コストのかかる大型の資金調達となれば、資金繰りが悪化する可能性があるのです。

迅速な資金調達をする際は、あくまで単発的で一時的な活用を心がけましょう。

2-3:赤字企業は注意

3つ目の注意点は、「赤字企業は注意」が必要なことです。

今まで紹介してきた即日資金調達法は、銀行よりも審査のハードルが低いものとなっています。

しかし、明らかに返済できないような企業だと融資を行わない取引先もあり、審査落ちする可能性があるのです。

経営状況が悪い場合は、審査のないファクタリングや手形割引の検討をおすすめします。

関連記事:資金調達を即日する方法8選!確実に当日入金させる5つのポイント

anew

3:最短2時間!早いファクタリング会社5選

ファクタリング会社
ファクタリング会社の中で早い資金調達できるのはどこなのかな。

上記のように、即日で資金調達できるファクタリング会社が知りたいとお考えですか?

そこで、この章では即日で資金調達できる5つのファクタリング会社を紹介していきます。

  • anew
  • 事業資金エージェント
  • アクセルファクター
  • 株式会社NO.1
  • ウィット

それでは、上記5つのファクタリング会社を紹介していきましょう。

3-1:anew

anew
1番目の早いファクタリング会社は、「anew」です。

anewでは、最短即日で資金調達することができます。

anewの5つの特徴を紹介していきましょう、

  • 24時間ネット上で受付・手続きが可能
  • 数百万〜数千万円規模の大口案件に特化
  • 手数料が2〜9%と業界最安水準
  • 最短即日で現金化
  • ネットで完結する

この会社は、すべての手続きがネットで完結するのが特徴です。

24時間ネット上で、受付・手続き可能ですので、昼夜問わず今すぐに資金調達したい事業者はぜひ活用しましょう。

anewの公式サイトを見る

3-2:事業資金エージェント

事業資金エージェント
2番目の早いファクタリング会社は、「事業資金エージェント」です。

事業資金エージェントでは、最短3時間で資金調達することができます。

事業資金エージェントの5つの特徴を紹介していきましょう。

  • 最短3時間で資金調達可能
  • 500万円まで来店・面談不要
  • 最小20万円から利用可能
  • 最大2億円の大口案件が可能
  • 手数料が1.5%から利用可能

この会社は、業界内でも手数料が安いのが特徴です。

最大2億円の大口案件にも対応していて、1,000万円まで即日対応ができるので、企業の大型資金調達を検討する際は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

3-3:アクセルファクター

アクセルファクター
3番目の早いファクタリング会社は、「アクセルファクター」です。

アクセルファクターでは、最短即日で資金調達をすることができます。

アクセルファクターの5つの特徴を紹介していきましょう。

  • 最短即日で資金調達可能
  • 個人事業主も利用可能
  • 審査通過率93%
  • 30万円〜3,000万円と幅広く利用できる
  • 手数料が2〜20%

この会社は、買取額が30〜3,000万円と幅広く、業界内でもスピードが速いと評判です。

さらに審査通過率が93%となっているので、確実に即日資金調達がしたい場合は、ぜひ活用してみてください。

アクセルファクターの公式サイトを見る

3-4:株式会社NO.1

株式会社NO.1
3番目の早いファクタリング会社は、「株式会社NO.1」です。

株式会社NO.1では、最短即日で資金調達することができます。

株式会社NO.1の5つの特徴を紹介していきましょう。

  • 手数料が業界最低水準
  • 建設業特化型ファクタリング
  • 経営支援コンサルティングも利用できる
  • 他社からの乗り換えに特化
  • 初めてでも安心のサポート体制

この会社は、開映支援コンサルティングなど多方面でのサポートが評判です。

初めてでも安心して利用できるように、丁寧な説明や資金繰り等の経営アドバイスを受けることができます。

初めてファクタリングを利用する際は、ぜひ活用しましょう。

No.1の公式サイトを見る

3-5:ウィット

株式会社ウィット
5つ目の早いファクタリング会社は、「ウィット」です。

ウィットでは、最短2時間で資金調達することができます。

ウィットの5つの特徴を紹介していきましょう。

  • 非対面で成約可能
  • 500万円以下の小口案件に特化
  • 最短2時間で資金調達可能
  • 手数料5%から利用可能
  • 個人事業主も利用可能

この会社は、500万円以下の小口ファクタリングに特化しているのが特徴です。

手数料は5%から利用でき、非対面で成約できるので「今日中に資金が欲しい!」という場合は、ぜひ活用しましょう。

ウィットの公式サイトを見る

anew

まとめ

即日資金調達可能な6つの方法迅速な資金調達の3つの注意点早いファクタリング会社ランキング5選を紹介してきました。

即日で資金調達をする場合は、必要書類を事前に揃えておく事が必須です。

明日にでも事業資金が欲しい場合は、紹介した6つの資金調達をおすすめします。

しかし、迅速な資金調達の裏にはリスクがあるので、長期的な活用はやめましょう。

anew