FACTY(ファクティ)でファクタリングはできない!査定サービスの内容

ファクティ

ファクティ(FACTY)ってファクタリング会社なの?

上記のように、ファクティについて詳しく知りたいとお考えでしょう。

ファクティは、ファクタリング会社ではありません。

ファクティは、提携しているファクタリング会社を紹介する「一括査定サービス」を提供しているのです。

利用することで業者選びの手間を省くことができますが、連絡が遅いなどのデメリットもあります。

お急ぎであれば、自分でファクタリング会社に連絡するのが一番手っ取り早いです。

そんなファクティのサービス内容について詳しく紹介していきましょう。

1:ファクティ(FACTY)とは?6つのサービス内容

ファクティ

屋号 ファクティ
会社名 Limited Members Associate株式会社
所在地 東京都港区麻布十番1-3-8
電話番号 非公開
営業時間 平日9:00~18:00

ファクティは、提携しているファクタリング会社を紹介するサービスを提供しています。

お仕事が忙しく時間が作れない場合には、活用してみる価値はあるサービスと言えます。

そんなファクティのサービス内容について、6つに分けて詳しく紹介していきましょう。

  • ①サービス概要
  • ②対象者と地域
  • ③手数料
  • ④買取の条件
  • ⑤下限額と上限額
  • ⑥提携している業者

上記6つの内容に沿って、詳しく紹介していきます。

1-1:サービス概要

ファクティのサービス概要について紹介していきましょう。

ファクティ サービス内容
ファクティでは、提携しているファクタリング会社が約130社あるとしています。(2020年7月28日 自社調べ)

ファクティで出来る無料の仮査定に申し込むと、オンライン上で売掛債権が買取してもらえるかどうかチェックできるのです。

仮査定後に本査定へ申し込むと、提携しているファクタリング会社から査定結果が届きます。

ファクティが状況に合わせてファクタリング会社をピックアップしてくれるので、ご自身でファクタリング会社を比較する手間が省けるのです。また、手数料が直接契約時よりも上乗せされることはありません。

ご自身でファクタリング会社を選ぶのが面倒という場合には、ぴったりなサービスと言えるでしょう。

類似したサービスを東証一部上場企業の株式会社セレスが「資金調達プロ」というサービスを提供しています。

関連記事:【検証】資金調達プロを実際に使うとどうなる?実録と利用メリット

1-2:対象者と地域

ファクティを利用できる対象者と対象地域について紹介します。

  • 対象者:個人事業主/法人
  • 対象地域:全国

ファクティは個人事業主・法人を問わず利用することが可能です。

また、オンライン上で手続きできるため全国から利用できます。

1-3:手数料

ファクティでかかる手数料について紹介します。

ファクティが紹介するファクタリング会社での手数料は「0.5%~20%」です。

※売掛債権の状況、ファクタリング会社によって変動する場合があります。

1-4:買取の条件

ファクティの買取条件について紹介しましょう。

ファクティでは、売掛金(売掛債権)があれば提携しているファクタリング会社を紹介できます。

あなたの会社が債務超過中・赤字決算であっても、利用することが可能です。

1-5:下限額と上限額

ファクティの利用下限額と利用上限額を紹介します。

  • 30万円~3億円

ファクティでは、30万円以下・3億円以上はファクタリング会社に紹介することができないので注意しましょう。

1-6:提携している業者

ファクティと提携しているファクタリング会社を紹介します。

公式サイトによると、130社以上のファクタリング会社を紹介しているのです。

しかし、ファクティが全面的に推している会社が7社あります。この7社が提携しているファクタリング会社と判断しておくと良いでしょう。

  1. アクセルファクター
  2. アクティブサポート
  3. トップマネジメント
  4. 株式会社Acc
  5. 誠和キャピタル株式会社
  6. 株式会社MYC
  7. 株式会社ワイズコーポレーション

上記7つのファクタリング会社から、優先的に案内されることが予測できます。

anew

2:ファクティのメリットと3つのデメリット

ファクタリング会社選びにおいて、ファクティを利用するメリットは?

上記のように、ファクティを利用するメリットについて知りたいとお考えですよね。

結論からお伝えすると、ファクティを利用するメリットは1つデメリットは3つあります。

  • メリット
  • ① 業者選びの手間が省ける
  • デメリット
  • ① 申込の手間がかかる
  • ② 直接申込した方が早い
  • ③ 連絡を取りづらい

メリットがある一方で、デメリットが多い部分も否定できません。

さっそくメリットと3つのデメリットについて詳しく解説していきましょう。

2-1:1つのメリット

ファクティのメリットは、業者選びの手間が省ける点です。

ご自身でファクタリング会社を探すとなると、手間と時間がかかります。

その点、ファクティを使えば「売掛先の大まかな情報」「あなたの会社の情報」これらを入力するだけで業者を選定してもらうことが可能です。ファクタリング会社の中には、ヤミ金のような悪徳業者も存在します。

  • 忙しくて比較する暇がない
  • 悪徳業者を利用してしまいそうで不安

上記のような場合には、ファクティを利用するのも1つの手と言えるでしょう。

2-2:3つのデメリット

ファクティの3つのデメリットを紹介します。

デメリット1:申込の手間がかかる

1つ目のデメリットは、申込の時間がかかるという点です。

ファクティを利用してファクタリングを活用する場合、以下の手順が必要になります。

  1. ファクティで仮査定
  2. ファクティで本査定
  3. 必要書類をファクティに送付
  4. ファクタリング会社で審査
  5. ファクタリング会社で契約締結

ファクティに申込後、ファクティからファクタリング会社へ必要書類が共有されます。

直接ファクタリング会社を利用するよりも、一段階は手間がかかると考えるべきです。

デメリット2:直接申込した方が早い

2つ目のデメリットは、直接申込をした方が早い点になります。

とにかく早く手続きをしたいとお考えであれば、ファクタリング会社へ直接申込した方が早いです。

ファクティ 比較
一段階アクションを挟むことができるため、必然的に手続きスピードも素早く済みます。

デメリット3:連絡を取りづらい

3つ目のデメリットを紹介します。

ファクティの営業時間は平日10:00~18:00までです。営業時間外に申し込みをしても、対応は翌営業日となります。

公式サイト上には明記されていないため、いつが営業時間なのか分かりません。

電話番号の記載もないため、連絡を取りづらいと言えるでしょう。1分1秒を争う資金調達で連絡が取れない点は、デメリットと判断できます。

anew

3:ファクティでの資金調達5ステップ

ファクティの利用方法が知りたい!

上記のように、ファクティを利用した際の手順が知りたいとお考えではありませんか?

今回は、実際に利用した際の手順を基に、利用方法を5ステップで紹介します。

  • ステップ1:仮査定フォームの入力
  • ステップ2:本査定フォームの入力
  • ステップ3:必要書類の提出
  • ステップ4:ファクタリング会社で査定
  • ステップ5:契約締結

上記5つのステップに沿って、詳しい利用方法について画像付きで紹介しましょう。

ステップ1:仮査定フォームの入力

ステップ1は、仮査定フォームの入力です。

仮査定のお申込みは、WEBサイトもしくはFAX(03-6369-4333)にて行うことができます。

今回はWEBサイトからのお申込み方法に沿って、紹介していきましょう。

)仮査定フォームを入力

WEBサイト内にある、仮査定フォームにて売掛金の額と売掛先企業を入力・選択します。

ファクティ やり方
仮査定フォームは「査定を進める!」のボタンを押して完了です。

ステップ2:本査定フォームの入力

仮査定フォーム入力後、そのまま本査定フォームの入力に進みます。

)ファクタリング経験の有無

ファクティ やり方
)事業主の種類を選択

ファクティ やり方
)創業年数の選択

ファクティ やり方
)翌月の売掛金の額を選択

ファクティ やり方
)翌々月の売掛金の額を選択

ファクティ やり方
)年商の選択

ファクティ やり方
)会社情報の入力

ファクティ やり方
ファクティ やり方
)利用規約に同意し「確認する」をクリック

ファクティ やり方
)入力内容に誤りがないか確認し「送信する」クリック

ファクティ やり方
10)本査定のお申込み完了

入力したメールアドレス宛にメールが届きます。チェックしましょう。

ファクティ やり方

ステップ3:必要書類の提出

ステップ3は必要書類の提出です。

ファクティから届くメールに記載されている、3つの書類を提出します。

ファクティ メール

  • 売掛金の請求書
  • 直近3ヶ月分の請求書
  • 通帳コピー

上記3つの書類を写真に撮る、あるいはスキャナでPDF化しメールに添付しましょう。

方法が分からない場合には、FAX(03-6369-4333)での提出も可能です。

ステップ4:ファクタリング会社で査定

必要書類の提出後、ファクティと提携しているファクタリング会社にて査定が開始されます。

売掛金・売掛先の情報が主な審査ポイントです。

査定完了後、査定の結果が届きます。

ステップ5:契約締結

査定内容に承諾すると、ファクタリング会社にて契約を締結します。

その後、ファクタリング会社から買取代金が入金されるのです。

以上がファクティの利用方法になります。ぜひ参考にしてみて下さい。

anew

4:ファクティを利用しない!ファクタリング会社ベスト5

ファクティを利用せず、直接ファクタリング会社へ申込したい!

素早くファクタリングを利用したいとお考えであれば、直接契約が無難です。

わたしが自信を持っておすすめできるファクタリング会社を5つ紹介します。

  • 事業資金エージェント
  • アクセルファクター
  • OLTA
  • トップ・マネジメント
  • anew

ファクタリング会社選びにお悩みであれば、事業資金エージェントがおすすめです。

2社間ファクタリングに特化したファクタリングサービスを提供し、手数料を安く抑えることができます。

さっそく5つのファクタリング会社について紹介していきましょう。

4-1:事業資金エージェント

事業資金エージェント

  • アネックス株式会社
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-6432-4469

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

4-2:アクセルファクター

アクセルファクター

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

4-3:OLTA

OLTA

  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号QCcube南青山ビル3階
  • 03-5843-0488
  • 手数料2%~9%

OLTAは、はやい・かんたん・リーズナブルがコンセプトのファクタリング会社です。

手数料が2%~9%と安いだけでなく、インターネット上で手続きが完結するクラウドファクタリングを提供しています。

独自のAIスコアリング審査によって、最短24時間以内に資金調達することが可能です。面談・来社の必要がないため、忙しいあなたでもスキマ時間に申込することができるでしょう。

とにかくインターネットでかんたんに利用したい!このような場合には、無料で使える「かんたん査定」をお試しください。

OLTAの公式サイトを見る

4-4:トップマネジメント

トップマネジメント

  • 株式会社トップ・マネジメント
  • 東京都千代田区鍛治町1-4-3竹内ビル2階
  • 0120-36-2005
  • 手数料:3.5%~12.5%

トップ・マネジメントは、信頼性が高い顔の見えるファクタリング会社です。

日本で初めて2社間ファクタリングを始めた会社でもあるトップ・マネジメントは、サポート力と信頼性が高い会社と言えるでしょう。商工会議所の会員でもあり、元警察官・元税理士など高レベルのスタッフが多数在籍しています。

「ファクタリングって何だか怖い」このような不安をお持ちであれば、トップ・マネジメントで安全なファクタリングを利用しましょう。ファクタリング以外にも、資金繰りでお困りであれば無料のコンサルティングも活用してみてください。

トップ・マネジメントの公式サイトを見る

4-5:anew

anew

  • anew合同会社
  • 東京都千代田区外神田3丁目12番8号
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

anewは、新生銀行とOLTAが届ける新しいファクタリングサービスです。

法人専用のファクタリングサービスとなっており、数百万円~数千万円規模の大口案件に特化しています。24時間ネット上で受付・手続きを行うことができ、いつでも利用することが可能です。

手数料は2%~9%と業界最安水準で提供されており、2社間ファクタリングでも資金調達コストをかけずにファクタリングを利用することができます。中小企業・小規模事業者であれば、anewを利用しない手はないと言えるでしょう。

anewの公式サイトを見る

anew

まとめ

ファクティについて詳しく紹介してきました。

ファクティは、ファクタリング会社ではありません。

提携しているファクタリング会社を紹介する、一括査定サービスを提供しているのです。

会社選びを任せたい!という場合には、利用価値のあるサービスと言えるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

anew