ファクタリングは審査が甘い!7つの特徴と絶対落ちない5つのポイント

ファクタリング 審査甘い

ファクタリングの審査に通らない

上記のように、なかなかファクタリングの審査に通過することができずお悩みではありませんか?

ファクタリングは、銀行融資等に比べれば審査の甘い資金調達方法です。

かといって全てのファクタリング会社が、甘い審査を行っているわけではありません。

今回は審査の甘いファクタリング会社、その特徴について詳しく紹介していきましょう。

審査が甘い!?おすすめファクタリング会社3選

審査の甘いファクタリング会社が知りたい!

ファクタリング会社ごとに審査ハードルは様々です。審査が厳しいファクタリング会社もあれば、甘いファクタリング会社もあります。「審査に通らないと困る!」なんて時には、審査が甘めのファクタリング会社を利用するようにしましょう。

おすすめのファクタリング会社を3つ紹介します。

  • アクセルファクター
  • ② 株式会社NO.1
  • ③ 事業資金エージェント

上記3つの中でも、おすすめはアクセルファクターです。

アクセルファクターの審査通過率は93%と高く、ほとんどの場合で審査に通過することができます。また、アクセルファクターでは利用者の経営状況もしっかりサポートすることが可能です。ファクタリング利用後の資金繰りについても、安心して相談することができます。

アクセルファクター

アクセルファクター

注目ポイント

業界最速スピードでキャッシュフローの改善に役立つ!

  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

株式会社NO.1

株式会社No.1

注目ポイント

建設業特化型ファクタリング

  • 株式会社No.1
  • 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階
  • 03-5956-3670

No.1は、建設業特化型ファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No.1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。

No.1の公式サイトを見る

事業資金エージェント

事業資金エージェント

注目ポイント

手数料1.5%の業界最安水準

  • 株式会社モンキーパッド
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

OLTA

審査が甘い!ファクタリング会社7つの特徴

審査が甘いファクタリング会社ってどんな会社?

優良なファクタリング会社にも、審査が甘いファクタリング会社には特徴があります。

審査が甘いファクタリング会社の7つの特徴を紹介していきましょう。

  • 手数料が高い
  • スピードが早い
  • 審査書類が少ない
  • 決算書・納税証明書が不要
  • 来店が不要
  • 個人事業主も利用できる
  • ⑦ 3社間ファクタリングがある

上記7つの特徴の中でも、一番わかりやすいのは手数料です。

手数料を高くすれば、未回収リスクの高い債権でもファクタリング会社は買取を行うことができます。

上記7つの特徴について、詳しく解説していきましょう。

手数料が高い

1つ目の特徴は、手数料が高いファクタリング会社です。

ファクタリング会社でかかる手数料は、売掛先の経営状況などによって比例してきます。

ファクタリング 審査甘い

上記画像のA社とB社を比較すれば、明らかに未回収リスクが低いのはB社でしょう。

ファクタリング会社は売掛先の経営状況・信用情報などを審査し、未回収リスクが低ければ手数料を下げます。

反対に未回収リスクが高ければ、買取を拒否する可能性が高いのです。

審査の甘いファクタリング会社なら、一般的には審査の通らない売掛債権も数料を高く支払うことで買取してもらうことができます。

スピードが早い

2つ目の特徴はスピードが早いという点です。

審査の厳しいファクタリング会社は、じっくりと時間をかけ2営業日ほどかかります。

審査の甘いファクタリング会社は、入金までのスピ―ドが早い傾向があるのです。

単純に審査内容が少ないため、スピードも早く審査内容も甘くなります。

「即日」と明記しているファクタリング会社は、審査が甘い傾向があるということを覚えておきましょう。

※ 独自のAIスコアリング等を導入している会社(OLTA)は、スピードも早いが審査は厳しいというレアなケースもあります。

審査書類が少ない

3つ目の特徴は審査書類が少ないという点です。

多くのファクタリング会社で必要となる書類は、主に4つあります。

  • 通帳コピー
  • 決算書
  • 売りたい請求書
  • 成因資料

申し込み時に、上記4つの書類よりも提出する数が少なければ審査が甘い可能性があるでしょう。審査書類が少なければ、その分審査の内容も浅くなります。一方で審査書類が極端に少ない場合にも注意が必要です。

極端に審査書類が少ない場合は、もはや審査を行っていない悪徳業者である可能性があります。注意しておきましょう。

決算書・納税証明書が不要

4つ目の特徴は決算書・納税証明書が不要な場合です。

ファクタリングの審査が甘いかどうかは、必要となる書類の内容にも関係があります。

決算書や納税証明書の提出が無いファクタリング会社なら、審査が厳しい可能性は低いと言えるでしょう。

来店が不要

5つ目の特徴は来店が不要という場合です。

審査の厳しいファクタリング会社では、利用者自体が信頼できる経営者であるか面談を行います。面談を行わず、来店する必要のないファクタリング会社は審査が甘いと判断できるでしょう。

経営者の人間性や信用力に関係なく、売掛先の経営状態だけで利用することができるからです。

関連記事:ファクタリングは来店不要で取引可能!注意点とネット完結の業者5選

個人事業主も利用できる

6つ目の特徴は、個人事業主も利用できるファクタリング会社になります。

個人事業主は、社会的責任が法人企業よりかは低いです。

そのため売掛金を支払わない「飛ばし」を行う可能性が高く、取引するにはリスクの高い相手と言えるでしょう。審査の厳しいファクタリング会社では、個人事業主の利用を断っています。

個人事業主も利用できるファクタリング会社は、審査が甘いという一つの基準とすることができるでしょう。

関連記事:フリーナンス(FReeNANCe)!実際どう?使い方と口コミまとめ

3社間ファクタリングがある

7つ目の特徴は、3社間ファクタリングがあるファクタリング会社です。

3社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社・売掛先の3社間で行う取引となります。ファクタリング契約後、売掛先は売掛金の支払いをファクタリング会社に直接行うことになるのです。

ファクタリング会社の未回収リスクが減るため、審査が甘くなり手数料も安くなる傾向があります。

可能であれば、3社間ファクタリングを利用すべきと言えるでしょう。

OLTA

審査に落ちた!?絶対通過させる5つのポイント

審査に落ちる理由は何なの?

上記のように、なかなか審査に通らないとお困りではありませんか。

ファクタリング会社の審査で落ちる理由は、以外と単純です。

確実に審査を通すためにも5つのポイントを把握しておきましょう。

  • 必要書類を提出
  • 成因資料を提出
  • 同時に複数社へ申し込まない
  • 法人相手の売掛債権を提出
  • 30万円以上で申し込み

上記5つのポイントについて、詳しく紹介していきます。

 必要書類を提出

1つ目のポイントは、必要書類を提出するという点です。

基本的なポイントですが、ファクタリング会社で要求された必要書類は素早く提出しましょう。必要書類に不備があれば、その分審査に落ちる可能性があります。確実に必要書類を揃え、確実に提出するようにしましょう。

成因資料を提出

2つ目のポイントは、成因資料を提出することです。

成因資料とは基本契約書」「見積書」「発注書など、売掛債権の実在性をアピールすることができます。成因資料を提出することで、手数料が下がったり、審査通過率が高まる可能性が高くなるのです。

同時に複数社へ申し込まない

3つ目のポイントは、同時に複数社へ申し込まないという点です。

1つの売掛債権は、複数社へ譲渡することはできません。譲渡相手は1社のみとなるため、同時に申し込まない方が良いでしょう。複数社で審査を通過した場合、1社に絞る必要があります。

お断りすれば良い話ですが、乗り換えたい場合などで利用しづらくなるでしょう。

法人相手の売掛債権を提出

4つ目のポイントは、法人相手の売掛債権を提出するという点です。

個人相手の売掛債権は、未回収リスクが高くなるためファクタリング会社では基本的に買取してもらうことができません。

必ず法人相手の売掛債権を用意するようにしましょう。

30万円以上で申し込み

5つ目のポイントは、30万円以上で申し込むという点です。

売掛債権の金額が、高額であろうと少額であろうろ手続き過程は変わりません。

そのためファクタリング会社の多くは30万円以上を買取対象としているのです。

30万円以上で申し込みを行うようにしましょう。

30万円以下の小口で利用したい場合は、小口専門のファクタリング会社をおすすめします。

関連記事:ファクタリングは小口でも利用できる!現金にする2つの解決策と注意点

OLTA

まとめ

審査が甘いファクタリング会社について詳しく紹介してきました。

融資よりも審査が甘いと言われるファクタリングですが、ファクタリング会社によって審査の厳しさは様々です。

確実に審査を通したい場合には、審査が甘めのファクタリング会社をおすすめします。

ぜひ参考にしてみてください。

OLTA